yamacoのぼちぼちなブログ

F1もインディも!のつもりですが、琢磨選手のガンバリに、最近はインディ寄りに傾きつつある私…
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

SAVE JAPAN
〜今、僕たちにできる事〜
モータースポーツ大好きな人!
そうでなくても、今回の地震で何かをしたいと思ってる人。
ご協力お願いします!!

SAVE JAPAN バナー

脇阪寿一選手が自ら発起人となり立ち上げた、地震被害に対する義援金募集サイトです。
小林可夢偉選手をはじめ、多くのモーターレーシングに関わる人々、ファンの方まで多数の方々が協力されています。

事の始まりから、ツイッターでつぶさに見てきました。
寿一選手の心意気、行動力、人脈のなせる業に、感動しました。
もちろん、サイトの意義が一番です。


LINKS
Blog People エリア
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
SEARCH
メールフォーム to yamaco
<< KAT-TUNのミュージックギフトカードが当たるキャンペーン! | main | SUPER AGURI F1が表参道で初イベント! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
スーパーライブ 「ポルノグラフィティ in 因島 愛が呼ぶほうへ」  スペシャルエディション!
去年の11/22,23に行われた、ポルノグラフィティの故郷、因島での小、中、高校生招待ライブの模様が、今日の午後8時から、BSハイビジョンで再放送されました。
前回1/9の深夜、BS2で放送されたものに、更に未公開映像を盛り込み、スペシャルエディションにパワーアップ!されていました。

実はこの記事は、前回の放送直後に書き始めたけど、だんだん記憶が薄れ、公開出来なかったものに加筆、修正しました。
今回きちんと見て、書き直そうと思っていたのですが、家族の事情で後半しか見ていないので、最初の部分が前のままでなのですが…

因島市が尾道市に吸収合併される事がきっかけになった今回のライブ。
「スタッフの皆が、因島はいい所って言ってる」ホント、その通りだと思う。
八朔(はっさく)の発祥の地とは、今回初めて知りました…

昭仁君の出身小学校訪問。
卒業時の写真が残ってて、12歳の昭仁君発見。変わったような、そうじゃない様な…
ちなみにその写真は、元写真屋の昭仁君のお父様が撮られたんやって!びっくり
後輩達に、「愛が呼ぶほうへ」の歌唱指導。
ピアノ伴奏さんが、いったん止まる。本人達が目の前じゃ、そりゃ、緊張するわなぁ汗
「ちょっとテンポが速いわ」と言いつつ、「まあええか」とそのまま一緒に歌ってるのが、なんか、ほのぼのな感じでいいです。

そして、小学生Ver.のライブ本編へ。
オープニング曲は「稲妻サンダー99」!でも誰も演奏してない、「ジャパ〜ン!」と叫んでない…ラッキー
元々、1分少々のインスト曲、登場するまでのBGMでした!

そして、デビュー曲「アポロ」、続いて「Mugen」。
MCで、「わしらは普段、もうちょっと大人相手にやっとるんで、どうなるか分からん!」と、昭仁君。初シチュエーション、どうなるか?
-------------------------------------------------------------------------------
↑ここまでが前回書いた部分で、今回、諸事情により見られなかった…
見られた方、何か違っている部分があったら、教えて下さいね。
-------------------------------------------------------------------------------
さてさて、ここからは2回見たことになるんで、頑張らないと。

バンドの演奏に合わせて、昭仁君の合図で一緒に「Fu!Fu!」と掛け声をかける。
ラバッパーならわかるはず、そう「Century Lovers」!
その掛け声の説明が、「レイザーラモンHG」って…それは「フォー!」やからチョイ違うたらーっ
小学生には、その方が分かりやすいか?

「ラスト3回!2回!ラスト!」と来て、イントロが鳴るわ〜、と期待してたら。。。
あら?「ミュージックアワー」が始まっちゃったわよおや?
「Fu!Fu!」を言おうと構えてたのに、なんだかスカされた感じだわ!
(前回の放送でも、同じ事を感じた私!)
でも、「Century Lovers」の歌詞じゃ、子供には強すぎるか?
「PURPLES」の年越ライブの時の、昭仁君のエロチックなダンスされてもマズイしね。。。
「ミュージックアワー」の方がサビに振付があって盛り上がるし、ノリがいい。

編集でフェードアウトの後(もうちっと聴きたかったけど)、晴一君のMC。
内容がはっきりと思い出せないけど、因島に生まれ育った事を、誇りに思って欲しい、と、小学生にも分かるように言葉を選んで、メッセージを送っていた。

そして皆で歌う「愛が呼ぶほうへ」
練習した甲斐あって、子供達、大きな声が出てる。
昭仁君が客席へマイクを差し出す、笑顔でギターを弾いている晴一君。
2人の目に、何かうっすらと浮かんでいるような気が、した。

「ありがとう、最高!」一旦終わるも、すかさずアンコールの声、声、声。
晴一君と昭仁君、2人で何か話し合って、サポートメンバーも楽器の元へ。
「アンコール来るとは思ってなかったんで…元気のいい曲と、静かな感じの曲と、どっちがイイ?」
子供達に聞く昭仁君。どちらも声が上がるけど、元気のいい曲が多いようで、そっちに決定。
「後の1,2年生、大丈夫かぁ?」「は〜い!」
アンコールは前回、放送されてへんかったような気が…さあ、何をする?

始まった曲は「ジレンマ」!
歌詞は大人の歌やけど、意味なんかわかんなくったって、この際、ノリノリやったらエエやん!
アンコールはやっぱ盛り上がるわ、けどベースの早弾きの前で終わっちゃった…
編集やからしゃあないとは言え、消化不良だわよ!ぶー

小学生Ver.終了後、ポルノの歌詞で、因島の地名が使われている曲が紹介される。
「Jazz Up」では「土生(はぶ)港」「Aokage」では「青影トンネル」「狼」では「折古の浜」
前回は場所の紹介だけやったけど、今回は2人が、そこにまつわるエピソードなどを話している部分が追加されてましたね。
「因島の地名を歌詞に使うのは初めはどうか?と思っていたけど、今では自信につながってる」
2人のルーツは、因島にあるもんやもんね。

高校生Ver.を前に、2人が卒業した高校へ。
今は統廃合され使われていなくって、もうじき取り壊されるんやって。ちょっと寂しい〜?
入学当初〜卒業までの色々な思い出が、曲の間に挿入される。
音楽の方は、必死に取り組んでたようやけど。
「寝とった」とか「サボっとった」とか…勉強は「いまひとつ」?

高校生Ver.の最初の曲は「ジョバイロ」
このライブの時は、発売したての新曲ゆえ、放送もフルコーラス。
NAOTOさんのバイオリンがなければ、この曲は成り立たへん。NAOTOさん、最高です!グッド

この後やったのか、記憶が定かではないのやけど、
「小学生相手のライブ、どうなるか分からんので、今までで一番緊張した!」と昭仁君が告白。
「さっき頑張りすぎて、声がガラガラで聞きづらいじゃろうが、頑張りますんで、ヨロシク!」みたいな事を言っていた。
2日で3本、しかも生まれ故郷のライブなら、力入ってしもて当然やわ!ニコニコ
ガラガラでも必死に歌う姿が、またよろし、頑張れ〜!

間に高校の映像を挟んだ後に、「アゲハ蝶」のサビの部分へ。
「ララララ〜ラ〜ラ〜」客席とユニゾンの後、昭仁君がサビのメロディを乗せる。
そして、「チャッチャツ、チャチャチャ」の手拍子拍手
ライブでもお馴染みのこの光景、エエわ、ライブに行きたくなってきたわ〜〜モゴモゴ

ドラムのリズムが「マシンガントーク」っぽい、そのまま突入?と思いきや。
昭仁君が「もりお〜!」って言った刹那!「メリッサ」の最初のベースライン!
ちょっと騙されかかった私ですたらーっ
アニメ「鋼の錬金術師」の初代OPテーマだったこの曲(今はラルクがメインでやってるけど…)、きっと子供達も知ってるよね。ノリノリで終了。

続いて地元の高校生バンド「はっさくボーイズ」と共に、「サボテン」を歌う。
リハーサルでは本人達に指導を受けてた彼ら、うらやましいで〜〜
ドラムの子が、異様に緊張してて、突っ込まれてたっけ。
本番の演奏、少し走り気味になってしまってた…本来は、そんなに速い曲やないんやけどね。
緊張ゆえ、仕方ないけど。(私も元ブラスバンドなんで、気持ちは良〜くわかるでムニョムニョ

そしてライブは最終章へ。
晴一君が、大先輩の女優、東ちづるさんと、元メンバーのTamaのメッセージを読み上げる。
ちづる姉さん(by晴一君)
「昔は因島出身って事は恥かしかったけど、今は誇りです。」
Tama(去年12月に、ソロ初のアルバム発表、おめでとう!)
「因島が尾道市に吸収合併される事には驚いているが、自分の心の中には因島がある」

「この二人の言葉に付け足す事はないけど」晴一君が切り出した。
「因島に生まれ育った事を誇りに思い、これからも夢を追い続ける、僕らは決してやめる事はしない、という気持ちを歌にした」
ハイ、その曲は私の大好きな曲!これが聴きたいが為にずっと見てたようなもの!
更に「やめない!ずっと続けていく!」って言ってくれたのが嬉しかった。

「Let's go to the answer」!
アルバム「THUMPx」の最後の曲、世にあまり知られてる曲ではないけれど、子供達にそのメッセージは伝わったやろうか?「因島」と英語の「into」が掛っている歌詞には、
「ずっとずっと、夢を持ち続けろ、あきらめるな!」という想いがこもっていたんやね。
ますます好きになったで、この曲。(去年9/1の記事にも、好きな理由があります)

番組の最後は、高校生達と歌う「愛が呼ぶほうへ」
声が出にくそうでガラガラの昭仁君、それでも皆と一緒に歌う。
晴一君が最後ジャンプして、曲を締めくくった。2人とも、大満足の、笑顔、笑顔楽しい
「誇りを持て!胸を張って生きろ!」昭仁君の絶叫!
きっと子供達に、何かが伝わった事でしょう…

--------------------------------------------------------------------------------------
ものすごく長くなってしまったなぁ…
ここまで読んで下さった方、ありがとうございますm(__)m

めっちゃ良かった!ビデオ取られへんかったのが悔しい!!
って思ってしまった、すっごく良いライブやったです!!


尾道市と合併し因島市の名は消えてしまうけど、昭仁君、晴一君そして、ちづるさん、Tamaの、
「因島を大切に思う気持ち、そして因島に生まれ育った事を誇りに思う気持ち」
が、痛いほどに伝わってきて、胸が熱くなりました。
2人のルーツも、たくさん知る事が出来たしね…
聴きたかった曲も、フルコーラスで聴けて、ライブ終了の発表の際、TVで放送されると知ってから、ずっと待たされた甲斐がありました。
今回、晴一君がカメラで撮っていた映像が良く映っていましたが、その写真はいつか、どこかで公開されるのかな?(まずはFC会報?)気になりますねぇ。

因島にも行ってみたくなった…海、空、大地、そして雰囲気みんなステキ。
私の「死ぬまでに行きたい所リスト」に加わりました!
(F1モナコGPより実現の可能性が高い?国内やし…)

うっ!ライブに行ってない禁断症状がうずうずと…今年こそ、再びライブに参戦したいですぅ〜。
| yamaco | ポルノグラフィティ | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://yamaco-bochi2.jugem.jp/trackback/101
ハネウマライダー
今日は朝から耳鼻科に行ってきました。。。 幸い花粉症ではなかった!!((良かった・・・ 今から友達の家にビデオ鑑賞行ってまいります!! 何見るのかな・・・恋愛系って私ダメなんだよねぇって恋愛が苦手なだけなのかも・・・ 昨日友達に「理想下げな!!
| ★Laugh & peace★ | 2006/03/04 7:15 PM |