yamacoのぼちぼちなブログ

F1もインディも!のつもりですが、琢磨選手のガンバリに、最近はインディ寄りに傾きつつある私…
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

SAVE JAPAN
〜今、僕たちにできる事〜
モータースポーツ大好きな人!
そうでなくても、今回の地震で何かをしたいと思ってる人。
ご協力お願いします!!

SAVE JAPAN バナー

脇阪寿一選手が自ら発起人となり立ち上げた、地震被害に対する義援金募集サイトです。
小林可夢偉選手をはじめ、多くのモーターレーシングに関わる人々、ファンの方まで多数の方々が協力されています。

事の始まりから、ツイッターでつぶさに見てきました。
寿一選手の心意気、行動力、人脈のなせる業に、感動しました。
もちろん、サイトの意義が一番です。


LINKS
Blog People エリア
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
SEARCH
メールフォーム to yamaco
<< 「ブログのもと」読破感想記 | main | SAF1グッズを手に入れるチャンス! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
「GO FOR IT!4」読書感想文
いよいよ明日、「SUPER AGURI F1」が走り出します。
そして「SAF1のエース、佐藤琢磨」も同時に発表されると思います。
(2ndには、井出有治が決定?だそうで)

その前に私個人的にやっておきたいこと、それは「GO FOR IT!4」の感想のアップ!
年末に購入し、正月の間に読み終えて、記事は出来てはいたのですが、なんとなく「今更かな〜」と出すタイミングを失ってばかりやったので…
新しい歴史が始まる前に、踏ん切りをつける意味も込めて、今ここに公開!

佐藤琢磨2005F1ダイアリー―GO FOR IT!〈4〉
佐藤琢磨2005F1ダイアリー―GO FOR IT!〈4〉佐藤琢磨自身の執筆による05年版レースレポート。
辛い事ばっかりだった、琢磨君の05年シーズン。
だけど、レースに賭ける琢磨君は、下を向いてばかりいた訳じゃなかったんですね。いつでもポジティブな琢磨君に、逆に元気付けられたような気が…
(但し、「3」より厚さが薄く、本文の写真がカラーでないのは、05年を象徴しているみたいで、切ないなぁ…ポロリ

この本の中で明かされている事で私が一番の驚いたのは、イタリアGP〜日本GPの間のエンジニアさんが、ジョックさんではなくカイロンさんだった事!びっくり
琢磨&ジョックさんが当然、と思っていた私にしては、そんな時期があったとは、とても信じ難かったのです。
BARサイドからの要望で交代したみたいやけど…それでも、最後まで不運スパイラルは結局断ち切れなかった。

戦闘力不足を悟った開幕戦。
高熱で欠場を余儀なくされたマレーシア。
(ベッド上からエールを送るも、2台とも開始早々にリタイア、
「げっ、何か違うものでも送ってしまった?」たらーっ
と言うくだりは、メールマガジンにもあったっけなぁ、と振り返る私)
そしてサンマリノでポイントを挙げるも、車両重量違反でリザルト剥奪、その後2戦を出場停止。
ヨーロッパGPで復帰するも、トップチームは遥か先に逃げていた。

そしてアメリカGPで、F1史上前代未聞のミシュラン勢の決勝一斉棄権…
フォーメーションラップ前、棄権することが決まっていながらも、
「指示を無視してグリッドに着いたら…クビになるかな?」
とジョックさんに問い直した琢磨君の言葉が、ドライバーとしてレースが出来ない辛さを物語っていると思った。しょんぼり

踏んだり蹴ったりの前半戦、ハンガリーGPでようやく1ポイントを挙げられ、ほっと一安心。
後半戦は「この調子で行ける!」と思っていたでしょうに…

トルコGPでの妨害電波事件(!)を皮切りに、その後もアクシデントが無いレースは一つもなく。
カイロンさん交代でも、悪い流れは変わらなかった。
W給油ミス怒りマークで、セカンドロースタートをふいにしてしまったイタリアGP、
ミハエルと絡まり、皇帝の怒りのゲンコツグー&次戦ペナルティのベルギーGP、
マシンの破損で、眼球フラフラ撃沈になりながらも最後まで走り切ったブラジルGP、
(でも、その頑張りは鈴鹿に繋がった!)
雨の予選を決めたものの、最初にコースオフで順位を落とし、あせったからか感覚の違いなのか、トゥルーリと刺し違えて結果抹消になった日本GP…

ジョックさんだったら、どうだったかなぁ…
(別にカイロンさんが悪い、という訳じゃないけど)

最終戦中国GPでは、再びジョックさんと組んでBARラストラン。
けど、フライングスタートでペナルティ、その後ポイント圏内の8位まで追い上げるも、ギアボックスが事切れて有終の美は飾れなかった…このシーズンを象徴するようなリタイア。
BARのスタッフ達に「結果が出せず申し訳ない、今までありがとう」と、無線で礼を言う姿が、とても切なかった。ポロリ


残念な05年シーズンであったけど、これを糧に06年は、SAF1でバリバリ走ってくれる琢磨君に期待しています。
琢磨君自身も言っていることですが、やっぱり彼の持ち味は、
前へと攻める姿勢!なのですから。

それにしても、自分に自信がなければ、ここまでの事は書けないなぁ、と思います。
レース中の描写の鋭さはすごいし、細かい部分の説明も上手いもの。
今年の「5」は、ワクワクする内容で埋め尽くされたらいいな。ニコニコ
(SAF1の発足と、息子さんの誕生から始まるのかな…勝手な想像やけど)


P.S
2005年の結果をまとめた最後の「Results」の写真、人差し指に「Results」で良かったのかも?
だって、これがもし親指だったら、絶対、
大木こだま師匠の「チッチキチー!」に見えるやん…グッド とずっと思ってた私。
いやはや、失礼致しました〜<(_ _)>
| yamaco | 佐藤琢磨 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
akaneko (2006/02/15 3:43 PM)
こんにちは!
GO FOR IT!(4)にはいつも前向きな姿勢が表れていましたよね。今年も前へ前へ突き進んでほしいですよね!!

最後の写真・・・
私は思わずE.T.を想像してしまいました(爆)









url: http://yamaco-bochi2.jugem.jp/trackback/121