yamacoのぼちぼちなブログ

F1もインディも!のつもりですが、琢磨選手のガンバリに、最近はインディ寄りに傾きつつある私…
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

SAVE JAPAN
〜今、僕たちにできる事〜
モータースポーツ大好きな人!
そうでなくても、今回の地震で何かをしたいと思ってる人。
ご協力お願いします!!

SAVE JAPAN バナー

脇阪寿一選手が自ら発起人となり立ち上げた、地震被害に対する義援金募集サイトです。
小林可夢偉選手をはじめ、多くのモーターレーシングに関わる人々、ファンの方まで多数の方々が協力されています。

事の始まりから、ツイッターでつぶさに見てきました。
寿一選手の心意気、行動力、人脈のなせる業に、感動しました。
もちろん、サイトの意義が一番です。


LINKS
Blog People エリア
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
SEARCH
メールフォーム to yamaco
<< 鈴鹿じゃなくなっちゃうんや…どうなるん? | main | KAT-TUN 3部門でNo.1!そして今日は >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
マレーシアGPその後記
「F1速報・マレーシアGP号」「AUTO SPORT 3/30号」から、気になった事をいくつか。

エンジン交換のナゾ
フェラーリのウイング疑惑
スーパーアグリF1、早くも改名を迫られる
「タクマを支える人々」復活!


■エンジン交換のナゾ
灼熱のマレーシアで続出したエンジン交換。
マレーシアの予選の時に書いた、
「ジャックは、前エンジン火噴いたのに、なんで大丈夫なん?(謎)」
がようやく理解できました。

前のレース中にリタイアしたマシンは、どんな理由にせよ、エンジンを交換してもお咎め無しなんだそうで。
バーレーンGP決勝後にエンジン壊れたクルサードと、不調の為に交換したマッサ、土曜日に交換したケロたんの3台は、今回の予選前交換で10位降格。
予選後の交換は無条件で最後尾に回らなければならないので、念のため2度目の交換をしたマッサと、予選第2ピリオドでエンジン壊れたラルフが最後尾になった。(なのでマレーシアの予選の記事、修正してます。)

あーややこしい!ワケが分かんない。
去年の開幕戦、BARの2台がエンジン交換を狙ってわざとリタイアした事が原因でなんか変わったんやなかったっけ。
でも結局、覚悟さえあれば何度でもエンジン交換が可能にならへん?このルールじゃ…そりゃ、DCも怒るのも無理ないわな汗

■フェラーリのウイング疑惑
私は、メカニカルや空力の事は良くわからへんけど、去年のBARと同じなん?
今回のフェラーリは、フロントもリヤもしなって変形するらしいですね。
フロントは、マレーシアで車載カメラの映像で確認されたそうなので、次戦オーストラリアから禁止なんやって!
どうも、マクラーレンにも同じような疑惑があるらしい…
F1の技術開発って、本当ビックリさせられる事ばっかりやわ。

■スーパーアグリF1、いきなり改名(こちらはF1速報より)
「SUPER AGURI FOMULA 1
この「FOMULA 1(フォーミュラ・ワン)」はFOM(フォーミュラワン・マネジメント)が商標権を持っていて、権利侵害に当たるとか?
「FOMULA 1(フォーミュラ・ワン)」をチーム名に使う場合には、「チーム(Team)」をつけなきゃいけないんやって。
なるほど、ルノー、マクラーレン、ホンダ、ザウバーの正式名称にはみな「チーム(Team)」ってついてるわ。

チームがこの事を把握した時にはもうロゴとかも完成してたみたいで。
準備期間の短さを改めて実感してしまったお話。
次戦オーストラリアで「スーパーアグリF1チーム」としての新しいロゴが使用されるそうです。

これまでの分がもったいないなぁ…もともと資金少なくて苦労してるのに。
改めて作り直すのも大変やから、「Team」を書き足したり、シール貼ったりする方法が手っ取り早そう?

■「タクマを支える人々」復活!(こちらもF1速報)
コレは私が個人的に嬉しかったことなんですケド。
この「マレーシアGP号」の「琢磨の日々」の片隅に、小さなコラムではあるけれど「タクマを支える人々」が今回からスタートしてます。

去年の「2005年・テスト情報号」で、新連載と銘打ちながら、このたった1回きりでその後がなかった企画が、「琢磨を支える人」でした。
(一応確認済みなんで間違いないと思う…)

当時のフィジオセラピスト、アキム・ホフシュトダーさんが紹介されてて
(今はどうなのかな?)、
次はジョック・クレアさん
(BAR時代の琢磨君担当エンジニアさん、今はバリチェロ担当)とか、
アンドリュー・ギルバート・スコットさん(マネージャーさん)
とかに続くんやろ〜な、と楽しみにしていたのですが…

ちなみに今回は、偶然とは言え親子2代で琢磨君を支える事となった、ニール・アブソロムさん(SAF1・カーナンバー22担当エンジニアさん)のご紹介。
お父様のヒューイさんは、琢磨君がF・ボグゾール、英F3ナショナルクラスで所属していたダイヤモンド・レーシングのオーナーさんという間柄。
→詳しくは、琢磨君著「GO FOR IT」(二玄社刊)を読みませう!

F速の何かのアンケート(多分総集編?)の時に「復活させて欲しいな〜」とお願いしていたのですが、再び連載が始まって、嬉しく思ってますし、これからが楽しみです。
去年の今頃と状況はかなり違うけど、新チームで琢磨君と共に戦っていく仲間をどんどん紹介して言って欲しいですね!
| yamaco | F1ニュース&トピックス | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://yamaco-bochi2.jugem.jp/trackback/162