yamacoのぼちぼちなブログ

F1もインディも!のつもりですが、琢磨選手のガンバリに、最近はインディ寄りに傾きつつある私…
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

SAVE JAPAN
〜今、僕たちにできる事〜
モータースポーツ大好きな人!
そうでなくても、今回の地震で何かをしたいと思ってる人。
ご協力お願いします!!

SAVE JAPAN バナー

脇阪寿一選手が自ら発起人となり立ち上げた、地震被害に対する義援金募集サイトです。
小林可夢偉選手をはじめ、多くのモーターレーシングに関わる人々、ファンの方まで多数の方々が協力されています。

事の始まりから、ツイッターでつぶさに見てきました。
寿一選手の心意気、行動力、人脈のなせる業に、感動しました。
もちろん、サイトの意義が一番です。


LINKS
Blog People エリア
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
SEARCH
メールフォーム to yamaco
<< INDY JAPANは、エリオ・カストロネベスが優勝! | main | サンマリノGP 順位予想! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
F1 サンマリノGP 2日目〜ミハエル、セナ越え66回目PP!
インディJAPANも終わり、これからはF1モードでいきまっしょい!
と言いながら、「すぽると!」見てる途中にうっかり寝ちゃった私ですzzz
なので、動くF1マシン達を今回まだ見てないんですよ…
てな訳で、今になってしまいました。

フリー走行3回目&予選が行われた2日目。
前日から好調だった、ミハエル・シューマッハが、ポールを獲得。
セナのPP記録を塗り替える、66回目のNo.1グリッドに着く事になりました!
ティフォシ達の前で「皇帝は健在だ!」としっかりアピールする結果に。

 → フリー走行3  公式予選 結果(F1Racing.jp 2006より)

今回はライブタイミングを見ていましたので、思ったことを少し。
■フリー走行3
PCは立ち上げていたものの、子供の用事で外に出ていたので、インディ終了間際にチラッと見ただけですが。
ロズベルグがクラッシュして、「STOP」の表示になった辺りから。

パッと見て思ったこと、それは
「おおっ!SAF1が、2台とも1分30秒の壁を越えてるわ〜」
昨日、井出君は1分30秒台にあと少しやったから、1秒以上縮めてるやん!
  ベストラップ:
  琢磨君:1分28秒267(+4.480秒、20位、18周)
  井出君:1分29秒330(+5.543秒、21位、20周)

上位4台はミハエル・アロンソ・フィジコ・マッサのフェラーリルノー
今回はここが2強で、マクラーレン、トヨタ、ホンダの順になりそう?
ちなみに10位のリウッツイまでが1分24秒台の大接戦!

■公式予選
☆第1ピリオド
MF1のアルバースがスピンしてなかなか出て来なくて、
「スーパーアグリ、このままやったら最後尾は免れるかも?」
と思って見てたんですが。
修復が叶って、彼は再び走り始めてしまいました…
そして、琢磨君のタイムの上のタイムを出して、
「やっぱりアカンか…」と思っていた時!

琢磨君の名前が、アルバースより上になったんです!
多分、ほんの0.2秒差やったと記憶しているんですが。
「このまま行けたら、実力でMF1の前のグリッドになる歴史的瞬間が、ついに来るかも?」
ワクワクしながら見ていたんですが、やはりアルバースが最後に逆転してしまいました…
でもその差は、わずか0.5秒!同じ1分27秒台の中での差。
ミッドランドは、手に届く所に来ている?
SAF1予選結果
  琢磨君:21番手 1分27秒609(6周)
  井出君:22番手 1分29秒282(8周)
あの〜、コメンタリーさん!!
井出君がスピンしたって、わざわざ書かなくってもエエって…
全世界的に印象が悪くなるからさぁ…汗

ここでの脱落は、SAF1の他、ミッドランドの2台、スピード(トロ・ロッソ)そして、
レッドブルのクリエン!
トロ・ロッソのリウッツイが第2ピリオドへ進んだわけで。
子分が親分を、蹴落とした結果に…たらーっ

☆第2ピリオド
BMWザウバーとトヨタが元気に飛び出していった。
しばらくして、トヨタが1-2体制に、しかもヤルノがトップになった!
久々に見たなぁ〜、ちょっとだけ嬉しい。
(SAF1がいなくなったら、さっさとJAPANパワーに鞍替えする私です(^^ゞ)

残り時間が2分を過ぎた頃、11位にフィジケラの名が!
しかもピットから出てこないみたいだ、このままだと脱落やで〜。
コメンタリーに、
「Bスペックの強力改良型エンジンを、アロンソより先に今回積んでるで〜!」
と書かれていたのに、それはアカンのか?
と思っていたら、コース状態がに!

その原因はハイドフェルドのスピン!
もう1分ない時点で、時計止まっても意味あらへんね…終了ですか。

ノックアウトは、順位上から
フィジケラ、ジャック、ニコ、DC、ニック、リウッツイの6名。
フィジコの脱落は、私にとってはチョイ困った事やわ…

☆第3ピリオド
PP賭けての10台の真剣勝負開始!
マッサ、ミハエルが1-2と、ティフォシ達の声援が聞こえてきそうな予選の進み方やなぁ〜。
このまま終わったら大騒ぎになりそうやわ…と眺めていたら。

バトン、アロンソ、ラルフなどがタイムを更新してくるが、ミハエルに届かず。
タイムアップの時点で、ミハエル、バトン、マッサの順だったが、ここで
久々にバリチェロが、3位に飛び込んできた!やないですか!

と言う事で、最終的に、
ミハエル、バトン、ケロたん、マッサ、アロンソ、ラルフ、モントーヤ、キミ、ヤルノ、ウェーバー
のグリッドとなりました。

ミハエル・シューマッハ、ついにセナを越えた!
66回目のポールポジション獲得!

それもフェラーリの地元、そしてセナが逝ったイモラで…
なんだか不思議な縁があるのでしょうか?
彼は、まだ引退する気はない、と思わせる走りでした。

他に色々考える事はありますが、予想記事でその辺は書きます。
| yamaco | F1グランプリ | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://yamaco-bochi2.jugem.jp/trackback/180
サンマリノGP M.シューマッハーがPP獲得+決勝順位予想!
F1サンマリノGPはフェラーリのミハエル・シューマッハーが1分22秒795でポールポジションを獲得し、アイルトン・セナのポール記録を更新した。予選2位はジェンソン・バトン(ホンダ)、ルーベンス・バリチェロ(ホンダ)が3番手からスタートする。スーパーアグリの佐藤琢
| PUBLIC PRESSURE / FORMULA ONE | 2006/04/23 3:58 PM |