yamacoのぼちぼちなブログ

F1もインディも!のつもりですが、琢磨選手のガンバリに、最近はインディ寄りに傾きつつある私…
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

SAVE JAPAN
〜今、僕たちにできる事〜
モータースポーツ大好きな人!
そうでなくても、今回の地震で何かをしたいと思ってる人。
ご協力お願いします!!

SAVE JAPAN バナー

脇阪寿一選手が自ら発起人となり立ち上げた、地震被害に対する義援金募集サイトです。
小林可夢偉選手をはじめ、多くのモーターレーシングに関わる人々、ファンの方まで多数の方々が協力されています。

事の始まりから、ツイッターでつぶさに見てきました。
寿一選手の心意気、行動力、人脈のなせる業に、感動しました。
もちろん、サイトの意義が一番です。


LINKS
Blog People エリア
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
SEARCH
メールフォーム to yamaco
<< 琢磨CAP、早や来たで(*^^)v | main | ええ決勝戦でした! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
私を鈴鹿へ連れてって〜!!
我が息子が毎月買ってる「月刊コロコロコミック」(小学館)
最新の9月号
を見ていた息子が、
「お母さん、コロコロにF1載ってる!」と大興奮!
「何なに?」とのぞき込んで見ると…

そこには、カーNo.8のトヨタ、トゥルーリのマシンがドドンと!
しか〜も、フランスGP、W杯イタリア優勝仕様ヘルメットのヤルノ君!がでっかく載ってるハート大小

「ほぇ〜、何の企画や?」深々読んでみると…もしかしてこれは!
親子で最後?の鈴鹿に行けるチャンス到来?
私にも、ついに運が巡ってきたんでしょうか?
さてさてその中身は…(詳しくは、コロコロコミック9月号90〜91ページご参照を!)
コロコロで「走りモノ追っかけ軍団」なるものを設立。
「走りモノ」=「レース」と言う事だそうで。
その第1弾として、「F1日本GP特派記者大募集!」するんやて!
応募資格は、小学1年〜6年までの男女で、親子ペア2組(4名)の狭き門ではありますが。

予選・決勝日の観戦に加え、トヨタF1チームの協力を得て、トヨタのピットに入れるチャンスも!
ただし、ピットに入れるのは記者となる子供のみだそうで…注意書きに書かれてた汗
私が、ヤルノ君に会える訳やないのね、ショボンしょんぼり
まあ、それはさておき。

観戦費用と宿泊費、交通費は負担して頂けるようで、それ以外は自己負担、保護者同伴、レポートの執筆が条件のようです。

当然、ただ応募するだけで良いのではなく。
応募要綱には、基本的な項目の他に、保護者の了承印も必要やし。
そして何よりポイントとなるのが、
「F1やレース、クルマに対するキミの熱い思い!」なんやそうです。

予選・決勝は今年も地元の秋祭りで行かれへん[:がく〜:]、と思っていたけど、こりゃええチャンスかも?
万が一でも、運良く引っかかってくれたら…(きっと大変な確率やけどあせあせ
全国誌の記者体験なんか、めったに出来るもんやないから、大手を振ってパー鈴鹿へ行けるで!
秋祭りも野球も、堂々と休ませられるやん!イヒヒ

ウチの息子に、「やってみ〜へん?」とけしかけてみたら、結構乗り気になってくれて。
(娘にも言ってみたが、ジャニ系の彼女にはアカンかった…ノーノー
彼は3年生の時、国語の「ガイドブックを作る」という授業で、そのテーマに「F1」を選んだヤツで、出来上がったモノを見せてもらいましたが…

セナの事故、ミハエルの強さ、琢磨君の初表彰台に始まり。
子供なりのF1の見方(=「深夜放送なので親にビデオ取りしてもらえ」と書いてあったのには笑ろうたけどたらーっ)など、超々詳しく書いてあって、感心した記憶があります!
当時、担任の先生(男性)が、笑いながらも、とても誉めて下さいました。

なので、情熱は誰にも負けないと思えるケド…
あとは文章力と、彼が基本的にはミハエルのファンである、と言う事が問題かな?
弟ラルフのファンになってもらおか?母は鈴鹿の為なら協力は惜しみませんで!グッド

私の妄想は勝手にどんどん広がっていますが、ワラにもすがる気持ち、と言うか。
「息子よ、私を鈴鹿へ連れてって〜!!」って感じです。

応募の締切は、9月14日消印有効!
まずは夏休みの宿題を終わらせるのが先やけど。(こっちの方が大変やん泣き顔
それが終わったら、ガンバルで!!ちっ
| yamaco | F1的な日記 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
akaneko (2006/08/18 10:27 PM)
こんばんは。
息子さんに頑張ってもらって、是非鈴鹿行きのチケットを掴んでくださいね!
コロコロコミック、懐かしいですね〜。弟が小学生だった頃(10年くらい前)、一緒に(勝手に)読んでました。
こんな企画を立てるなんてコロコロも豪華になりましたねぇ・・・(遠い目)
ハルイチ (2006/08/22 11:23 PM)
千載一遇のチャンス到来ですね!
全国紙の記者に選ばれれば、文句なしに大手を振って鈴鹿に行けるってもんです。
しかも費用の多くを負担してもらえるとなれば、文句を言う人なんて誰もいないでしょう。
こりゃ息子さんに頑張ってもらわねばなりません!
しかも、この記事を読ませてもらった限り、息子さんは編集者の目に留まるものを書く才能は、かなり満たしているのではないでしょうか?
楽しみですねぇ。
あとは締め切りまでにいかにトヨタ好きに染めさせられかがカギ?
yamaco (2006/08/23 9:05 PM)
コメントありがとうございます!
毎度の如くお返事が遅くなって、すんまそんm(__)m

にゃんちゅうさんのお返事(4つ下の記事)にも書いたのですが、当の息子は、今週末の野球の新人戦に必死で、こっちの方まで気が回らないんですよ…
まだ、あと一つ夏休みの宿題残してるし。

私が考えると思い込んでいるみたいです(^^ゞ
少しは手伝うけど、全部はせ〜へんつもりです。
2学期に入ってからになりそうですが…

>akanekoちゃん
鈴鹿1000km、お疲れ様でした〜!うらやましいです。
またゆっくりと、そちらにお邪魔しますね。

コロコロ@小学館さまは、日本GPでトヨタにスポンサーとしてつくのでしょうかね?
企画して、協力を得られるのだから…

その昔、まだマクラーレンが赤白だった頃に、「週刊少年ジャンプ」がロゴをつけていた事を思い出してしまいました。
本誌にも、セナの漫画なんかも載っていた記憶があります。

>ハルイチさん
そうなんですよ、堂々と行けると思えるんですけど。
ただ息子は今年、野球ばっかしてて、あまりF1真剣に見てないんですよね…
毎回のレースの経過とかは、F速などでチェックしてるんですが。

赤色が好きなんですが、思いっきりフェラーリの影響ですし、F1見始めた時から、彼にとってはミハエルがF1ではNo.1なんで…
ですから、今年の皇帝様復活を、本当に大喜びしてるんですよ。
優勝した、と教えると「よっしゃぁ!」ですから。

同じ赤でも、今からトヨタに転向は厳しいかも?
母から、「ヤルノ君がエエよ〜、ラルフに会いたくない?」と洗脳せねばなりませんね。









url: http://yamaco-bochi2.jugem.jp/trackback/265