yamacoのぼちぼちなブログ

F1もインディも!のつもりですが、琢磨選手のガンバリに、最近はインディ寄りに傾きつつある私…
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

SAVE JAPAN
〜今、僕たちにできる事〜
モータースポーツ大好きな人!
そうでなくても、今回の地震で何かをしたいと思ってる人。
ご協力お願いします!!

SAVE JAPAN バナー

脇阪寿一選手が自ら発起人となり立ち上げた、地震被害に対する義援金募集サイトです。
小林可夢偉選手をはじめ、多くのモーターレーシングに関わる人々、ファンの方まで多数の方々が協力されています。

事の始まりから、ツイッターでつぶさに見てきました。
寿一選手の心意気、行動力、人脈のなせる業に、感動しました。
もちろん、サイトの意義が一番です。


LINKS
Blog People エリア
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
SEARCH
メールフォーム to yamaco
<< ぼやきます… | main | 「コロコロコミックF1特派記者」のその後 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
去年と同じ気分かも?
今日は昨日より、少しだけ晴れやかな気分です。
去年のTCM大阪の日と同じく、ガマンして良かった、と思えたんで…

今年も午前中はバタバタ。

予定されてたスポーツ大会の開会式が、雨で中止に。
中止決定の瞬間、娘のガールスカウトと息子の野球から同時に連絡が!
家の電話(ガール)と携帯(野球)がいっぺんに鳴るもんやから、体一つでは対応出来へんやん!
時間差で受けたら、情報が大混乱してしまいました(汗)

そのせいで、昨日から1泊研修でお疲れのガールスカウトの皆様の朝食を、30分も遅らせてしまったんです!
朝食の買い出し担当やったもんで…
昨日、雨の時はゆっくりでOK、と聞いてたのに予定が変わったらしくて。
ガールの関係者各位、本当にご迷惑かけて、すみませんでしたm(_ _)m

その後、娘は卓球の試合に移動し…
初の公式戦は勝てませんでしたが、2セットを取り、少しずつ進歩してるのを嬉しく思いました!

卓球の閉会式が終わったのは11時半。
「あーあ、こんなに早く終わるんやったら、TCM行けたやんな…」
と悔しがっても後の祭り。
昨日のSAF1と違って、予約をキャンセルしたのでチケットがな〜い!
もう本当に、後悔って先に立ちませんね…

なので、お昼は娘と2人、ファミレスでパスタとケーキセットをヤケ食いしました!
ちなみに昨晩の夕食も、家族でラーメンの外食で…
1日でヤケ食い、見事にヤケ太りな私でございます(^^ゞ

ヤケ食いの後、午後からは息子の野球チームの応援に。

雨が降って寒いわ、お互いにチャンス作るのに点入らへんわ、
微妙なクロスプレーで相手の監督の抗議が長いわ
(少年野球なのに約20分も…ウチが不利にならへんで良かったけど)
ドキドキ、ヒヤヒヤの展開に。
7回最終回ウラ、我がチームがなんとか1点取り、0―1xで辛くも勝てました!

すごく疲れた試合やったけど、勝てて良かった〜!
ここで負けたら、来週のシーズン閉幕式を待たずに6年生が引退になってしまうから。
来週最後まで、彼らが試合出来て本当に良かったです。
出来れば優勝してもらって、先輩達が有終の美を飾ってくれたら最高です!

去年のTCM大阪の日は、こんな感じでした…
 「そして、11月13日が」(05/11/13の記事)
去年は下のリーグで、ウチの息子も試合に出ていてヒヤヒヤ、そして勝てました。
今年は上のリーグなんで、わが子は補欠ですが…ランナーコーチボックスとベンチから、レギュラー君たちを応援する為、必死に声を出して、チームは勝ってくれました。

「勝ってくれて、TCMあきらめた甲斐があったわ〜、来週にも繋がったしぃ」
「娘も頑張ってくれて、良かったわぁ〜」
と、去年と同じ事を感じた1日でした!

でも、どっちのイベントにも行こうと思えば行けたこの2日間は、少しもったいなかった気もしますね…
一人っ子の嫁やし、2児の母やから、辛いといえば辛いっス。
来年は100%無理やから、2年後のイベント参加に向け、エネルギーとお金を充填しとこうと思っています!
| yamaco | 子供の日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://yamaco-bochi2.jugem.jp/trackback/328