yamacoのぼちぼちなブログ

F1もインディも!のつもりですが、琢磨選手のガンバリに、最近はインディ寄りに傾きつつある私…
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

SAVE JAPAN
〜今、僕たちにできる事〜
モータースポーツ大好きな人!
そうでなくても、今回の地震で何かをしたいと思ってる人。
ご協力お願いします!!

SAVE JAPAN バナー

脇阪寿一選手が自ら発起人となり立ち上げた、地震被害に対する義援金募集サイトです。
小林可夢偉選手をはじめ、多くのモーターレーシングに関わる人々、ファンの方まで多数の方々が協力されています。

事の始まりから、ツイッターでつぶさに見てきました。
寿一選手の心意気、行動力、人脈のなせる業に、感動しました。
もちろん、サイトの意義が一番です。


LINKS
Blog People エリア
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
SEARCH
メールフォーム to yamaco
<< 今日は大安なんで、 | main | バトン、BARに残留確定?のウワサ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
新藤晴一くん、お誕生日おめでとう!
「新藤晴一」って誰?と聞かれたら、答えてあげるがラバッパー!(ポケモン?)
ポルノグラフィティのギター弾きさんです。(基本的に画面向かって右側)

その晴一くんが、今日31歳の誕生日を迎えられました拍手
ハッピーバースディ!晴一!おめでとうございます。
現在「SWITCH」ツアー中ですが(私は今回、都合により行けないんよ〜、辛い)、
体に気をつけて頑張ってください。
そして、ますますのご活躍をお祈りしています。

新藤晴一は、ポルノのギタリストであり、作詞家であり、作曲家であり、イラストレーターでもある。
私なりの彼の魅力とは、

・ギタリスト
たった一度だけ参戦したライブサーキット「74ers」で見た、「惑星キミ」(アルバム「WORLDILLIA」2曲目)での早弾き!
ホントCD通りに手を抜かず、完璧に演奏し、めっちゃ感動した。
その様子は、DVD「"74ers" LIVE IN OSAKA-JO HALL 2003」にて、見られます。
(初ポルノライブが、DVD化されてる私って、ラッキー!)

・作詞家
晴一氏の、言葉をつむぐセンスには、「ハッ」とさせられる事多し。
「サウタージ」の女性主役の歌詞、
「Mugen」の『無限』と『夢幻』の意味の掛け合わせ、
「LACK」のAメロ部分の韻ふみなど、
シングル曲だけ取り上げても、テクニックとセンスは凄い!
言い切りの形(〜だ。)の中に突然現れる、丁寧な言葉(〜でしょう。)の手法も彼の特徴かな。
色っぽい歌詞はよりエロティックに、メッセージソングはより語りかけるように、おちゃらける時は目いっぱいお茶目に。
彼の言葉の引き出しの多さには、圧倒されっぱなし、です。

・作曲家
2人になってから、晴一の曲がどんどん出てくるようになった。
彼の作る曲って、たまに懐かしい感じがするときがあったりする。
ak.homma氏(本間昭光氏)の曲とは違う、彼独特の世界があったりします。
私が好きなのは、
「蝙蝠(こうもり)」(シングル「渦」c/w)、
「プッシュプレイ」(シングル「ネオメロドラマティック」c/wはライブ版、
          アルバム「THUMPx」11曲目)

・イラストレーター
シングル「メリッサ」のジャケットのイラストは彼の書下ろしです。
Macの扱いも、相当なもんらしいです。
ライブのスクリーンに流す映像も、自分で作っちゃたりしたそうです。 

5thライブサーキット「74ers」では、プロデューサーをしてみたり、自分の草野球チームを持ってたり、他のアーティストさんに詩を提供したりと、多種多芸な晴一くん。

長々と書いてきましたが、そのマルチぶりが私にとっては魅力です。
芸術性にますます磨きがかかる事を、楽しみにしています。

一つだけ、希望が…
「黄昏ロマンス」の頃の髪型が好きだったので、また伸ばしてほしいなぁ。
あの髪型だと、
「晴一くん、メガネかけたら、ペ・ヨンジュン?」みたいだったので…
(私は、ヨン様ファンではありませんが。)
| yamaco | ポルノグラフィティ | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://yamaco-bochi2.jugem.jp/trackback/41