yamacoのぼちぼちなブログ

F1もインディも!のつもりですが、琢磨選手のガンバリに、最近はインディ寄りに傾きつつある私…
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

SAVE JAPAN
〜今、僕たちにできる事〜
モータースポーツ大好きな人!
そうでなくても、今回の地震で何かをしたいと思ってる人。
ご協力お願いします!!

SAVE JAPAN バナー

脇阪寿一選手が自ら発起人となり立ち上げた、地震被害に対する義援金募集サイトです。
小林可夢偉選手をはじめ、多くのモーターレーシングに関わる人々、ファンの方まで多数の方々が協力されています。

事の始まりから、ツイッターでつぶさに見てきました。
寿一選手の心意気、行動力、人脈のなせる業に、感動しました。
もちろん、サイトの意義が一番です。


LINKS
Blog People エリア
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
SEARCH
メールフォーム to yamaco
<< 久しぶりに更新しました | main | ぼちぼちながら、3周年 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
07年 F1ブラジルGP〜ライコネン、大逆転の初チャンプ!
まさか、まっさか!(しょ〜もないダジャレで、すみませんm(_ _)m)
こんな結末が待っているとは、私、正直思ってもいませんでした!

一番可能性が低く、厳しい条件からの大逆転!
03年と05年はミハエルの後で一歩届かなかったけど…
3度目の正直で、念願のワールドチャンピオン獲得!!

キミ、初チャンプ獲得、ホンマにおめでとう!!

→各セッション 結果&詳細(by Yahoo!Formula1
  ☆フリー走行  1回目  2回目  3回目  ☆公式予選  ☆決勝
予選終了までの話題は…
★フリー走行でのウエットタイヤ使用違反でハミルトン、バトン、琢磨に罰金
1セットに制限されているのにそれ以上使ってしまったんですね。
当初はグリッド降格も囁かれてましたが、結局は罰金刑に。
「タイトル争いが絡んでるから罰金なんかい?」と勘ぐってしまいます…

★中嶋一貴、レースデビュー!
ブルツの引退(長い間お疲れ様でした!)を受け、緊急参戦が決定。
フリー走行2回目ではロズベルグとわずかの差で8位につけたが、予選は振るわず19位。
父悟氏もブラジルGPデビュー、ついに日本人も2世ドライバーの時代へ。
一貴君の参戦で、琢磨君、左近君と3人の日本人ドライバーがF1を走ることに!
--------------------------------------------------------------------------------
さて、いよいよ天王山の決勝がスタート!チャンプの行方はいかに?
マッサはGoodスタート、ハミルトンをけん制する。
その間に3位のライコネンが浮上し、ハミルトンを逆転。
1コーナーではアロンソがルイスを交わし、アロンソ3位、ルイスが4位に。

その先、3コーナーでは!
アロンソとハミルトンは、ほとんど接触しそうなサイドbyサイドとなり。
そして…ハミルトンがオーバーラン!一気に8位にランクダウン!

さらに数周後、ハミルトンが突如スローダウン!
スピードが上がらない、ギアのトラブルっぽい?
しばらくして回復したようですが、更に順位を下げ18位…
一番タイトルに近かったハミルトンなのに、序盤の2つのミスで、苦しい状況に転落。
超挽回しないと、タイトルを取り返せないぞ〜

「え〜、まさか!」の展開に、開いた口がふさがらない私。
今の順位だと…私の予想(もくろみ?)通り、アロンソがチャンピオンに。
アロンソに前に行ってもらいたいけど、フェラーリ2台の方が全然速い。
ライコネンとの差はどんどん広がるばかり…

間のドタバタは若干中略して…一貴君とかは、後で触れますね(^^)
快走のマッサ、やっぱりKY(空気読めない)なまま突っ走って、母国2連勝するんかな?
と、私は思い始めたんですが、2回目のピットで、さすがフェラーリ!っていう展開に。
マッサは2回目のピットイン直前に、わずかにミスをしてしまい、キミに詰め寄られる。
マッサが先に入るのは1回目の時点で分かっているので、ライコネンはピットで逆転すべく猛プッシュをかけまくる!
そして、ライコネンの最後のピットイン…出口でマッサの鼻先を押さえてトップに!

その瞬間、鳥肌が立ちました〜ランキング3位のライコネンが、チャンプに王手とは!
アロンソのチャンピオン獲得が消えたのは少し残念…ではありますが。
自分のF速予想なんか、もうどうでもエエわ!って感じ。
予想を遥かに超える、意外な展開に圧倒されつつも、「何とか最後まで走りきって!」
マッサを従えフェラーリ1-2で、見事にゴール!新王者誕生の瞬間!!

後方のマクラーレンの2人のチャンピオン候補は…
アロンソ:2回目のピットでクビサに3位先行を許すが、彼のピットインの間に改めて3位を奪い返すも、フェラーリに追いつけるペースは無かった。
ハミルトン:抜きまくって自力で8位まで復帰。前のトゥルーリがピットインして(私的には残念!)7位浮上、もここまでが精一杯。あと2つ(5位)届かなかった。

解説の方が「ライコネン、今日はシャンパン飲んじゃって下さい!」って。
誰よりも多く6勝を上げ、そしてわずか1ポイントだけども、一番得点を得てチャンピオンになったのですから、今宵は誰も文句言わないでしょうし言わせないよね、乾杯!!

マクラーレンの2人は共に109ポイント、1点差で届かなかった訳ですが。
色々とあった結果の同点とは、今年のこのチームを象徴しているようですね。
アロンソの3連覇、ハミルトンのルーキーイヤーチャンプが成らなかったのは残念ですが、スパイ疑惑でポイント剥奪が無ければ、コンストラクターズはここなのですから。
素晴らしいマシンを作って、シーズン盛り上げた事は改めて凄い事だと思います。

-----------------------------------------------------------------------------------
日本勢も、ざっとおさらいをしときましょう。

8位:トゥルーリ
ピットのタイミングでハミルトンに7位を譲ったのは、少々(私は、かなり!)残念やったけど…でも、最終戦でアメリカGP以来のポイントゲット!
しんどかった今年ですが、良い形で締めくくれて次に繋がると思います。
来年も頼むで〜☆

10位:中嶋一貴
初F1レースでこの結果は父には及ばすとも(悟氏は7位完走)、十分立派ですよね!
F1初のピットで、タイヤをロックさせてしまい、クルーを跳ね飛ばして病院送りは痛かった…ですが、先輩の琢磨君を鮮やかに抜き去ったり、5番目のベストラップを記録したりと「あっぱれ☆」でした。

来季はF1?それともGP2でタイトル取って、F1はその次?
いずれにせよ楽しみな、日本初2世ドライバーです。

11位:ラルフ・シューマッハ
トヨタ最後のレースでしたが、上昇しきれないままに終わってしまった感じです…
良くも悪くも3年の間、トヨタで頑張って走ってくれて本当にお疲れ様でしたm(_ _)m
来季はどこに…大丈夫かな?

12位:佐藤琢磨
中国に続きロケットスタートを決め、1周目で18→13位に浮上!
でもペースが上がらず徐々に抜かれ、一貴君にもマシン差があるとは言え、軽く交わされたのはちとショックでした…
カナダの6位入賞以降低迷してましたが、最終戦で後半最高位の結果出しました。
昨年同様、「終わり良ければ全て良し!」と思いたいですね♪

14位:デビッドソン
SAF1はW完走。順位はともかく、良くやったと思います。
アンソニーは今回も接触で痛い目に合ってしまったですね。
彼は今年、本当に良くぶつけられたなぁ…
イタリアでベッテル、中国ではバリチェロ、このブラジルではスーティル。
極めつけはカナダ、ビーバーとですもんねぇ〜(>_<)
予選では琢磨君を上回る事も多く、入賞は無かったけど良く頑張ってくれました!
1年間ホントにお疲れ様♪

残念ながらリタイア組、まずバトン、バリチェロのホンダ勢。
不調の今季を象徴する様に、2台ともエンジントラブルで…
特にバリチェロは母国GPで張り切ってたのでしょうが、
ジャンプスタート→ペナルティ→最後は派手に白煙吹き上げて、リタイア。

よりによって、数日後に10年間のエンジン開発凍結が発表されるタイミングでのこのトラブル&ブローって…この先ホンダエンジンは大丈夫なんやろか?とマジ心配です。

最後は山本左近。
レースラインの左近の眼前に、コースオフから戻ったフィジケラが入って来て…
ルノーのリアに乗り上げんばかりの勢いで、衝突してしまいました。
互いにマシンが大破し、修復不可能で両者とも最初のリタイアに。
確かにレースアクシデントではありますが、不運すぎる、最終戦なのに、残念。
-------------------------------------------------------------------------------------

決勝終了後、BMWとウイリアムズに燃料の温度が規定値よりも低かった、と言う違反事項が発覚しました。(そんな規定があったのを、今回初めて知りました(^^ゞ)
証明する事が難しい、との事でペナルティは科されず、ハミルトンの7位→4位はならず。
ライコネンの初王者戴冠がひとまず確定しました!
これに対してマクラーレンがいちゃもんをつけましたが…往生際が悪いなぁ。
ルイス本人も望んでないし、実際結果は変わらへん、見苦しいって!

今年の最終戦は、そんなサーキット外での色々なドタバタも含めて、
片山右京氏が「マンガみたいな展開」と評したチャンピオン争い、
苦しかったJAPANパワーの現状と、中嶋一貴という新たなニッポンの風を感じた、
07年を象徴する最高の一戦となった、と私は思いました!

ミハエルがいなくなってF1はどうなる?って心配は杞憂でしたね。
改めてF1は面白い、と感じさせられた2007年でした。
来年が待ち遠しい〜けど、ラインナップはどうなるんでしょう?
| yamaco | F1グランプリ | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://yamaco-bochi2.jugem.jp/trackback/438
F1 '07 ブラジルGP 決勝 〜象徴〜
なかなかのペースできていたけれど、予選ではなんとか11位を確保する事ができたルーベンス!! インテルラゴスでノーポイントだと自身初のシーズンノーポイントという事で、正に崖っぷちのレースになるルーベンスですが、母国ブラジルで気合が入っている様です。 しか
| poorbassistの日記的独り言 | 2007/11/16 12:50 AM |