yamacoのぼちぼちなブログ

F1もインディも!のつもりですが、琢磨選手のガンバリに、最近はインディ寄りに傾きつつある私…
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

SAVE JAPAN
〜今、僕たちにできる事〜
モータースポーツ大好きな人!
そうでなくても、今回の地震で何かをしたいと思ってる人。
ご協力お願いします!!

SAVE JAPAN バナー

脇阪寿一選手が自ら発起人となり立ち上げた、地震被害に対する義援金募集サイトです。
小林可夢偉選手をはじめ、多くのモーターレーシングに関わる人々、ファンの方まで多数の方々が協力されています。

事の始まりから、ツイッターでつぶさに見てきました。
寿一選手の心意気、行動力、人脈のなせる業に、感動しました。
もちろん、サイトの意義が一番です。


LINKS
Blog People エリア
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
SEARCH
メールフォーム to yamaco
<< 2007年F1シーズントピックス
私的ランキング4〜7位
| main | 07年のF速予想 大反省会 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
2007年F1シーズントピックス
私的ランキング、トップ3
いよいよ3位から1位です。
日本人F1ファン、琢磨ファンズバリそのものですが(^^ゞ
でも…若干皆さんと違うかも?
3位:最終戦までもつれたチャンプ争い、ライコネンV!
日本GP終了時点では、ハミルトンにほぼ決まり!と思っていたし、ルーキーチャンピオンに期待してました。
ちょうどこの頃、アロンソのインタビュー記事で、マクラーレン内で彼が2年連続王者としての尊敬と扱いを受けていない、と言う告白を読んだ私。
(あくまでもアロンソ視線ですが…彼の対応も、お世辞にも上手ではなかったけど)
スパイ騒動、チーム内での泥仕合で、もう十分嫌気がさしてましたが、この記事で「ハミルトンには申し訳ないが、アロンソがチャンプになってチームを見返す」と言うシナリオになったらなぁ、と思い始めた私です。
それでF速予想では、中国、ブラジルと彼を1位にすえたんです。
アロンソの意地に期待していたんでしょうね。

ハミルトンが中国でリタイアし、最終戦、ライコネンまでチャンスが巡ってきました。
でもよっぽどの事がないと、キミのチャンピオンはあり得ないだろう、と思ってました。
ところが、その「よっぽど」が起きた時はもうビックリで!
ハミルトンがドロップアウトした時は「うそやろ〜」と思い、
最後の最後でマッサのアシストを得てトップになった時は、「予想なんかど〜でもエエ、このままキミに走りきって欲しい!」と真剣に祈ってました。

振り返ってみれば、ライコネンは17戦中6戦で一番多く勝ったんですから。
開幕戦勝利の後、不安な時期を乗り越えて、後半は一番安定してましたし、当然やし納得のチャンピオンでしょう。
ゴタゴタの末、イメージを下げたマクラーレンの2人は偶然にも、4勝ずつの109点。
入賞順位の関係でハミルトンが上、私の思惑のようには参りませんでしたが、
「結果だけは、見事に公平?」となりました。

ミハエル引退後つまらなくなるかも?と思っていた07年でしたが…最後の最後まで3つ巴の王者決定戦を見届けられたのは、F1ファンとしては嬉しい限りです!


さていよいよ、2位と1位ですよ〜♪まとめて行きますね(*^^)v
2位:琢磨、アロンソをオーバーテイクし、カナダGP6位!
1位:ルノーと渡り合って得たチーム初ポイント、スペインGP8位!!

「とちらを1位にするか?」と聞かれたら…
琢磨ファンなら、おそらくカナダGP6位を選ばれると思います。
私もマジで悩みましたけど、決め手は「涙の度合い」です。

アロンソを抜いた瞬間、それはそれはすごく興奮しました。
カーナンバー22が、昨年の王者、カーナンバー1を真っ向勝負でオーバーテイク!!
F1ファンならば、誰もが驚き、拍手喝采する瞬間だったと思います。
事実、「レッドブリテン」の「ベスト・パッシング・ムーブ賞」ですからね〜(^^)

色々な状況が重なった上で、琢磨君のナイス判断でのタイヤ交換あり、彼らしいチャレンジングな攻めのレースでしたよね。
でも私、その瞬間は…涙も出ましたが、雄叫び&ガッツポーズの方が大きかったんです。


逆に初ポイントのスペインGPの時は…
フィジケラ3回目のピットアウト、ピット出口〜1コーナーまでのサイドbyサイト。
「踏ん張れ、頑張れ〜」と念を送り、琢磨君がルノーより先んじた時は!
「やった〜、やったよぉ〜」ととめどなく涙があふれて、止まりませんでした。
そしてフィニッシュまで、いや、琢磨君がチームに戻ってきての大喜びの時まで、ず〜っと泣きっぱなしだったんです。
「つらい時期が長かったけど、目標だったポイントが獲得できて、本当に良かった!
感動を与えて頂いたし、応援し続けて来て最高に嬉しいよぉ!」
心からそう思った初ポイントでしたね。
涙の量の差ですが、私にとっては「参戦22戦目での初ポイント!」が2007年で1番の出来事でした。

ちなみに。
GP Updateで昨年末にやっていた、「2007年もあとわずか。今シーズンで最も印象に残った出来事は? 」の投票でも、「スーパーアグリ初ポイント獲得」に入れました。
(77番目の投票でした!)
今も私の携帯の待受画面は、スペインGP8位入時賞の「サムアップ琢磨」!
08年のファンクラブの年賀状が、背景が同じで、その前の瞬間「ガッツポーズ琢磨」やったのは、私とても嬉しかったです。

-------------------------------------------------------------------------------
本当は2007年中にアップしたかったのですが、なかなか上手く書けず。
新年早々、1週間遅れてしまいました。
私の勝手なランキングで誠に申し訳無いですし、文章長いしムチャクチャですけど…
お付き合い頂いた方がありましたら、ありがとうございますm(__)m
さらにもう1つ、「2007年F速予想 反省編」もその内に…のつもりでいます。


先日、FIAより2008年のエントリーリストが発表されましたね!
SAF1のドライバーラインアップに、琢磨君とアンソニーが記されてて、驚きました。
チームサイドは「未決定」とコメント出してますが…
このまま決まってくれたら、1番良いし嬉しいんですけどね!
あとは大口のスポンサーさんが付いて下されば、なおGoodかなぁ…
| yamaco | F1ニュース&トピックス | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://yamaco-bochi2.jugem.jp/trackback/454