yamacoのぼちぼちなブログ

F1もインディも!のつもりですが、琢磨選手のガンバリに、最近はインディ寄りに傾きつつある私…
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

SAVE JAPAN
〜今、僕たちにできる事〜
モータースポーツ大好きな人!
そうでなくても、今回の地震で何かをしたいと思ってる人。
ご協力お願いします!!

SAVE JAPAN バナー

脇阪寿一選手が自ら発起人となり立ち上げた、地震被害に対する義援金募集サイトです。
小林可夢偉選手をはじめ、多くのモーターレーシングに関わる人々、ファンの方まで多数の方々が協力されています。

事の始まりから、ツイッターでつぶさに見てきました。
寿一選手の心意気、行動力、人脈のなせる業に、感動しました。
もちろん、サイトの意義が一番です。


LINKS
Blog People エリア
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
SEARCH
メールフォーム to yamaco
<< 新車発表振り返り その2 | main | SAF1、3年目の憂鬱… >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
F1オフシーズンテストpart2
すっかりサボっている間に…
バレンシア(1/22〜1/24)とバルセロナ(2/1〜2/3)、バーレーン(2/4〜2/6・2/9〜2/11)のテストが終了してしまいました。(大汗っ)

SAF1がずっとテストを欠席していたので、かなり心配でしたが。
12日からのヘレステストには琢磨君が参加してくれて、一安心。
とは言え、発表会延期とは…また違った意味で、心配な訳で。
下の記事にも書きましたが、SAF1は別に書きたいので…上記3回のテストで、気になった事を。
☆バレンシアテスト 1/22〜24
トップタイム →22日=マッサ 23日=コバライネン 24日=ライコネン
正式には、ルノーとウイリアムズが新車初走行の21日(アロンソがトップタイム)も含まれるようです。
上記3チームが新車と言うことで注目を集めましたが、トップはフェラーリとマクラーレンで分け合いました。

そんな中、日本人としては…最終日に中嶋一貴が4番手に食い込んだ事
そして、23日と24日にホンダから小暮卓史が参加した事
が特筆すべきでしょう。
一貴君は23日には旧車FW29で5番手、最終日は新車で4番手。
22日はニコが新車で3位でしたが、残り2日は彼より上ですからね。
否が応でも期待が高まっちゃいます。

一方Fポン最速の小暮選手は…タイムシートの一番下。
F1は本格的には初走行で、しかもマシンがあのRA107では、ツライであろう事は想像に難くないです。
レギュラーの2人にはかなわなくとも、最終日には2日前にブルツが出したタイムに肉薄(0.3秒落ち)してきました。
この先も、チャンスが与えられてどんどん走る事が出来たなら…と思います。

☆バルセロナテスト 2/1〜2/3
トップタイム →1日=ハミルトン 2日=ベッテル 3日=ウェーバー
初日に「中嶋一貴が大クラッシュ」の一報には、ヒヤッとしました。
彼は自力で脱出、幸い怪我もなく良かったのですが…
フロントウイングの装着に関して不具合があり、1日目はそれ以降、ロズベルグも走行中止。
2日目は何とか走ったものの原因は解明できず、3日目はテストを取りやめたとのこと。
前回のテストははいい結果を出してただけに、開幕一ヶ月前の時期に「原因不明」はかなり不安、一刻も早い解明をして、次のテストに望まれん事を願います。

2日目にはトロ・ロッソが1-2を達成!
旧車とはいえ、昨年後半の伸び率は凄かったチームなので侮れません。
3日目には親分のレッドブル、ウェーバーがトップタイムですし。
このまま行けば…仰天な開幕を迎えるかもしれませんね。
初日にはフィジケラがフォースインディアで意地の4番手!
など「まだまだやるやない!」と思わせる話題もありました。

そんな中、新車投入のホンダが連日下の方ってのは、う〜ん(”>_<)っ
「昨年の車とは違う」と言ってはいるものの、ベースはそんなに変わらないのか?
参加できないスーパーアグリも心配やけど、本家さんも…がんばらへんと。

☆バーレーンテスト
フェラーリ&トヨタ2チームのみの参加。
その1;2/4〜2/6
3日連続、ライコネンがトップタイムで、2位がもう1台のフェラーリ、バドエル&マッサ。
トヨタは、グロックとトゥルーリ、可夢偉がシャッフルで走るも連日3-4位。
その2;2/9〜2/11
前回に続きフェラーリが3連続トップ、ライコネン2日間&最終日マッサ。
今回、可夢偉君は参加せず。
最終日にようやくグロッグがフェラーリの間に割って入って2位を獲得。

トヨタTF108、シェイクダウン時は良さそうだったのに。
開幕1ヶ月前なのに、まだフェラーリとのギャップが大きいなぁ、と感じざるを得ないです。
最初は「表彰台狙える!」と意気込んてたトゥルーリが、「表彰台は遠い」って言い出すんですから(>_<)
トヨタ、ホンダ、SAF1共に、JAPANパワーは今年もちょっと不安やなぁ。
でもまだわからん、これから頑張ればエエんです!

ライコネンは鬼に金棒、今年もフェラーリは速そうですね。
今年も赤銀の対決となるのか、それとも…まだまだテストがあるので、ちゃんと見極めないとあきませんね。
| yamaco | F1ニュース&トピックス | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://yamaco-bochi2.jugem.jp/trackback/465