yamacoのぼちぼちなブログ

F1もインディも!のつもりですが、琢磨選手のガンバリに、最近はインディ寄りに傾きつつある私…
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

SAVE JAPAN
〜今、僕たちにできる事〜
モータースポーツ大好きな人!
そうでなくても、今回の地震で何かをしたいと思ってる人。
ご協力お願いします!!

SAVE JAPAN バナー

脇阪寿一選手が自ら発起人となり立ち上げた、地震被害に対する義援金募集サイトです。
小林可夢偉選手をはじめ、多くのモーターレーシングに関わる人々、ファンの方まで多数の方々が協力されています。

事の始まりから、ツイッターでつぶさに見てきました。
寿一選手の心意気、行動力、人脈のなせる業に、感動しました。
もちろん、サイトの意義が一番です。


LINKS
Blog People エリア
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
SEARCH
メールフォーム to yamaco
<< SAF1、3年目の憂鬱…その2 | main | SAF1、開幕戦メルボルンのグリッドに立てる! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
SAF1、3年目の憂鬱…その3
まさか「その3」にまでなろうとは、そんなつもりはなかったのに。
『スーパーアグリF1チームは、25日からの開幕前最終バルセロナテストもキャンセル』
理由を「資金的に苦しく、開幕戦の準備に集中するため」と亜久里代表は仰ってます。
さらに…

21日に行われたホンダのモータースポーツ活動の体制発表会では、亜久里代表のコメントだけでSAF1や琢磨君の名前がありませんでした。
翌日には、亜久里代表が緊急帰国して、ホンダと今後の交渉を始めた、と伝えられました。

若干乗り遅れの感は否めませんが、一体どうなるんやろ?SAF1。
「憂鬱」どころか「危機」なのでは…本当に大丈夫なん?
私、「F1速報・シーズン展望号」で、前回のバルセロナにSAF1のトランスポーターが現地に来ていた事を初めて知ったんですが…(先週は、息子の卒部式の事で精一杯だったもので)
今回も機材等々はそこにあるのに、しかも開幕前の最後のテストなのに。
するつもりで来てるのに出来へんなんて…一体何が?

それにしても前回のテストのキャンセル以降、明るい話題が全く伝わってきません(T_T)
「アグリ場SNS」や「琢磨君公式HP」のトピックスによりますと…
・「こちらスーパーアグリF1広報室2008」(CS・フジテレビ739)の初回放送3/5が休止
・体制発表会以降、ホンダのHP(HRF1ではない)からSAF1・琢磨君関連のリンクが消えた
 (全てではないみたい…チーム紹介の所からは生きてるし、モータースポーツ内の
  琢磨君個人ページはは大丈夫)
「休む、消える」とかって、あまりいい響きの言葉ではないですよねぇ…
フジもホンダも諦めたのか?なんて心配で心配で。

先のホンダの発表会では、亜久里代表とホンダの和田チェアマンから、「今季の活動に向けて準備である」旨のコメントが流れましたが…
SAF1とホンダとの間で、資金面とカスタマーカー問題の両面で調整が難航している?という気がします。

今の両者の関係、資金面で私は、
〜娘(SAF1)が彼氏(スポンサーさん)を「この人と一緒になりたいの」と、
  お父さん(ホンダ)に紹介するものの、お父さんは彼氏を認めてくれない〜
と言う風に思えてしまって…あくまでも私個人的な捉え方ですけど。

HRF1は自身のチームの成績が低迷しているのは、SAF1への支援が大きすぎるから…
と言ってはいるものの、いざSAF1が資金及びスポンサーを、となるとダメ出し。
そうするとSAF1には支援が付かず…の堂々巡りになってるような気が。
片やSAF1も色々と自由に交渉できれば一番なんでしょうが、それだけの力がない。
ホンダの援助あってこその過去2年間ですから、継続性を考えるとすぐには脱皮できないでしょうし。

両者の結びつきが深い分、互いに縛りつけられてしまっているのかもしれないですね。
父が娘の自立をおおらかに見守って、少しだけ自由にさせるか、
最後までしっかり面倒を見るのか、と言う所でしょうか?

それとも、互いに別々の道を歩み始める、と言う選択肢もあるかもしれません。
その結びつきの色を薄めたら、自由にはなれるでしょう。
SAF1の元ドライバーの山本左近選手がいい例で、自由が故にルノーに加入できたんじゃないかと。(もちろん、彼のマネジメントが上手く回ってるんですがね)
今より、選択肢が増えそうな気がしますが…難しいかなぁ?

自分の考えを、上手く表現できないのがもどかしいですが。
両サイド共に、はっきりとした発表や見解が出ないので、何とも判断できない。
亜久里代表は頑張ってらっしゃると思うし、ホンダの切り捨ては無いと思いたい。

ホンダやFIAに対しての呼びかけを皆さんされていますが…
私自身、息子の卒部で乗り遅れてしまった事もあり、今回何も出来なかった事は残念でなりません。
| yamaco | スーパーアグリF1チーム(SAF1) | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://yamaco-bochi2.jugem.jp/trackback/470