yamacoのぼちぼちなブログ

F1もインディも!のつもりですが、琢磨選手のガンバリに、最近はインディ寄りに傾きつつある私…
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

SAVE JAPAN
〜今、僕たちにできる事〜
モータースポーツ大好きな人!
そうでなくても、今回の地震で何かをしたいと思ってる人。
ご協力お願いします!!

SAVE JAPAN バナー

脇阪寿一選手が自ら発起人となり立ち上げた、地震被害に対する義援金募集サイトです。
小林可夢偉選手をはじめ、多くのモーターレーシングに関わる人々、ファンの方まで多数の方々が協力されています。

事の始まりから、ツイッターでつぶさに見てきました。
寿一選手の心意気、行動力、人脈のなせる業に、感動しました。
もちろん、サイトの意義が一番です。


LINKS
Blog People エリア
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
SEARCH
メールフォーム to yamaco
<< 08年 F1第16戦 日本GP 2日目 | main | 08年 F1第17戦 中国GP 1・2日目 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
08年 F1第16戦 日本GP 決勝 改訂版
いや〜予想だにしていませんでした、アロンソの2連勝!
  →決勝結果&経過 (by Yahoo!Formula1)

決勝直後に簡単に感想を書き連ねておりましたが、本日10/18、改めて記事を編集をし直しました。
レース後に6位チェッカーのブルデーにもマッサへの接触で25秒加算ペナルティ、で10位に降格の裁定があったようです。
結果、7着〜10着のベッテル、マッサ、ウェーバー、ハイドフェルドが1位ずつ繰り上がり、マッサが2ポイント獲得、となりました。
ハミルトンとマッサの差は、これで5ポイントに接近!
コンストラクターズは無得点のマクラーレンを、8点獲得のフェラーリが再び逆転。

超長い記事となってしまってます、覚悟の上、「続きを読む」へどうぞ。
ペナルティ3点から、まずはハミルトン。
オープニングラップの1コーナー、最初私は良く分かってませんでした。
ライコネンのスタートがすごく良く、ハミルトンがイン側に寄って1コーナー勝負なのね、と思ったら…ハミルトンから、ものすごいタイヤスモークが!
そしたら、ライコネンが「どこ行くん〜」追いついてきたマッサも道連れ状態。
原因がハミルトンのオーバーランだと気付いたのが、だいぶ後のりプレイ映像。

彼のレイトブレーキが中団の大混乱をきたし、クルサードのクラッシュと一貴君の接触→フロントウイングすっ飛ばしを誘った、という判断での罰なんでしょう。
もしもDCと一貴君が無事であったなら、レースアクシデントとされてたかもしれません。
更に10年前だと、多分ペナは出てなかったんじゃないか、とも思います。

今回は、彼のこれまでの悪印象の積み重ねの末のペナルティでしょう。
一旦「自分勝手で強引、危険」とレッテルがついてしまうと、ちょっとしたコトでも「ほら、また…」と悪く言われてしまうんですからね。
レース前に「危険な事はしない」と言ってたらしいですが、結局「やっちまった」から、言ってる事とやってる事が違えばダメなんやない?
「自分は誰にもぶつけてないのに…マッサにプラス1点はずるい」と不満そうですが、まずわが身を正す所からやらないと、マイナスイメージは消えないのでは?

続いて、2周目のマッサに対するペナルティ。
故意ではなくとも、コースを外れて戻ってきて、その際にハミルトンに当たってスピンさせちゃったんですから…マッサが得をした、となっても仕方ない。
ベルギーGPのハミルトンの立場だと思えば、これはどうしようもないですね。

そして最後、一番不可解なんですが…ピットアウトのブルデーに対しての罰。
レースも進めば、ピットアウトの1コーナーで接近する可能性も充分考えられるのですから、互いに注意が足りなかったんだと思うんですけどね。
無線での注意も促せるでしょうし…ホンマは両成敗やないの?
スチュワートの得点操作?と勘ぐる声もありますが、マッサがクルクルしてしまったから、ブルデーにペナになったんでしょうね。
自己最高位が取り上げられるなんて、可哀想すぎる…


と、チャンピオン争いの2人におしおき(?)が出た事に端を発してのグチばかりで申し訳ないんですけど。
某全国紙Y紙に、つまり普段はF1を少ししか報道してくれないメディアに、
〜「身勝手なハミルトン」「ポカが多いマッサ」と、評判の良くない2人がチャンピオン争いしてるのが残念〜
なーんて書かれてしまうのは、ちと情けない、と思ってしまう私でした。

それにしても、マッサの追い上げは凄まじかったです。
ソフトタイヤで苦しむマシンが多い中、ただ一人1分18秒台連発で爆走。
ウェーバーに対するイン側での追い越しは「なんでわざわざ狭い方へ行く〜?」
接触→大アクシデントに至らなくて良かったですが、ハミルトンの二の舞の可能性も、と思うと、強引かついただけない、とは感じました。
トップからバーッと行くとか、後方に落ちて必死で追いかけてくる時は、ホントに速いんですけどねぇ…ポイント圏前後での走りが、少し恐くね?

一通りグチったので、とりあえずスッキリしました。
優勝、入賞した方々に触れていきましょう。

アロンソ、2連勝です、マジ凄い!
4位スタートと赤&銀の4台の中に混じってたのに、上手く混乱を避けられたのが超ラッキー!一番イン側だったらしいです、その辺を探り当てるのが、元王者の勘なのか?
第1スティントこそクビサに先頭を取られましたが、喰らいついて離されなかった。
その速さを生かし、1回目のピットで鮮やかに逆転。
その後は貫禄の走りで、ゴールまで一直線!

ゴール直後の無線でのはしゃぎよう、嬉しさがこっちまで伝わってきました。
(歌い出さないか心配でしたが…音痴なので(汗っ))
パルクフェルメにマシンを止めて、「勝利の舞を今度こそ」と期待しましたが。
さすがにもうやらないんですね、残念。
(前々回06年の時は「鶴」だった…何してくれるのか超期待したんですけど。)
今年の中程までは苦労しましたが、これは完全復活、努力が報われて…彼の真価を見せられた気がします。

表彰式の前、間と、クビサとメッチャ仲良く話してましたね。
もし2人が組んだら…今いる中では最強コンビかもしれない、と思いました。
ちょっと見てみたい気がしますが、どうでしょう?

そのクビサが2位、私は彼が優勝するんちゃうん、とオープニングラップで思いました。
でも、アロンソの方がすごく速かったですね。
週末を通して速かったのはアロンソとルノーでした、良く考えれば。
クビサはフリー3トップ(ウエット)、なのにQ1(ドライ)通過は14位とギリギリで、コンディションによってBMWは合う、合わんが見え隠れ。
それでも、ライコネンの追撃を振り切ったのはお見事です。

3位ライコネン、スタートは「キター!」ものすごく良かったです。
1コーナーでハミルトンに押し出されなければ、ついでにコバライネンに当たられなければ、久々の勝利の可能性だったかも?
クビサを抜き切れなかったのは、マシンのダメージのせい?
それとも、まだ本来の速さが戻ってきてない?
けど、今回は予選〜決勝が久々に上手く繋がったGPになったと思います。

4位はピケJr、今回の本命はルノーだっだのですね。
ピットのタイミングを上手く使っての、ナイスなポイントゲットでした。
ソフトタイヤの使い方にまだ青さが…あそこでライコネンを抜けたら、間違いなくこのレースのもう一人のヒーローになれてたんやないかな?

5位、ヤルノさん。
頑張ってたけど…もう2つ届かなかった、残念。
軽いタンクでは良かったんだけど、燃料積むとちと辛かった…
ライコネンには敵わなかったのが、マシンの差なんやろね。
右京さんの解説だと、ヤルノ情報がいっぱい入ってくるので、私には嬉しいです。
ひいきに映るかもですが、右京とヤルノは友達だからいいよね〜♪
今年も公募ヘルメット、11歳のお嬢さんのデザインで富士を駆け抜けました。

調子良かったグロックのリタイアは、もっと残念。
シートがずれると言う珍事でのリタイアだそうで、しばらくピットに留まり修復してたのはその為だったのね。
タンクが軽くなる前に居なくなっちゃったのは、ただただもったいない。

クルサードのクラッシュ、ファイナルへのカウントダウンが1周も出来ずに終わってしまったのは、超痛かったですが…
リアウイング側面のセブンイレブンは映りました、レッドブル翼を授ける?
「最近レースが荒れてる、良くない事だ」とのコメントは、色々な意味合いを含んでいる、ベテランのお言葉と受け取りたいです。

そのDCを避けられず、フロントウイングを飛ばしてしまった一貴君。
この時点で母国凱旋は、厳しい結果が決まってしまいました。
お父さんが凄く残念そうだったのが、印象に残りましたが。
父の言う通り、最後まで走りきり最下位15位ながら無事に完走。
今回はマシンが合わず辛かったでしょうが、本当にお疲れ様。

ホンダ勢は一貴君の上で2台ともフィニッシュ。
1コーナーの混乱で中団にまで上がってきていたのですが、そこからが…
画面に映るたび、抜かれていく姿が…って言うのはちょっと。
すでに来季優先で、今年はストップしてるらしいですが、母国GPなんだし、まだ2戦残ってるんだし、もう少し頑張ってよ、って感じです。


ドライレースの2年目の富士は、ファンタスティックなアロンソの勝利。
ペナルティの出るような混乱が起きたのはひとえに残念。
富士を良く知るスーティルが、10位まで上がりながらパンクリタイア、
4位に予想していたコバライネンがエンジンブローしたり、と、私的に残念な部分もありましたが、オーバーテイクもたくさん見られて、良いレースだったと感じました。

運営面もカイゼンされていた、との声が聞こえてきます。
一方で変わってなかった、との意見もあったりと、反省はこれからですが。
去年のような混乱無く、無事に終わって良かったのではないでしょうか。


そして…琢磨君のいない日本GPが過ぎていきました。
2002年からずっと走ってたから、信じられない気がしてましたが、現実は…
晴れの富士での走りを見たかった、と思うと寂しいです。
モナコで家族水入らずで見てたでしょうか?
来年は鈴鹿や、絶対に帰って来いよぉ〜
私も期間中どこかで、現地に応援に行くつもり、にしてます!
| yamaco | F1グランプリ | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
ハルイチ (2008/10/13 2:10 PM)
アロンソ、凄かったですよね〜。
鳥肌もんでした。

逆にハミルトンは・・・
酷すぎると思いました。
1コーナーでの暴挙はもちろんこと、マッサとの接触でもドア閉めてましたし。
まあ、マッサが2ポイント獲ってくれたので、とりあえずはヨシとしています。

ライコネンはちょっと可哀想だったかな。
yamaco (2008/10/18 2:31 AM)
ハルイチさん、コメントありがとうです。
返信遅れてすみませんm(__)m
ついでに、記事も刷新しました。

アロンソがピットで逆転した時は、うなりました。
マジ凄い、って。
その後も速かったですね。
完全復活しましたかね。

ハミルトン、完全にワルになっちゃいました。
積もり積もっちゃってるから、これからも大変でしょう。
マッサは、ポイントプラスがラッキーでした。
でも、ちょっと彼も強引な部分が、って気もします。

ライコネンはコバライネンに当たられてたのに、良く頑張ったと思います。
優勝出来た可能性は否定しません。


中国GP、始まりましたね。
ハミルトンの孤立が、緊張感を漂わせてます。
マッサに味方が多い(?)のが有利になるのでしょうか?
記事は明日に書くつもりです。









url: http://yamaco-bochi2.jugem.jp/trackback/557
F1 '08 日本GP 決勝 〜特記事項なし〜
下にはフォースインディアのみを従えて決勝に臨む事になったホンダ勢・・・。 1周当たりのラップタイムが短いだけに差が出にくいですが、レースになればかなり差が付いてくるかと思いますし、トップスピードが伸びないマシンでは長いストレートのある富士では抜けずに
| 流露 -poorbassistの独り言- | 2008/10/16 12:44 AM |