yamacoのぼちぼちなブログ

F1もインディも!のつもりですが、琢磨選手のガンバリに、最近はインディ寄りに傾きつつある私…
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

SAVE JAPAN
〜今、僕たちにできる事〜
モータースポーツ大好きな人!
そうでなくても、今回の地震で何かをしたいと思ってる人。
ご協力お願いします!!

SAVE JAPAN バナー

脇阪寿一選手が自ら発起人となり立ち上げた、地震被害に対する義援金募集サイトです。
小林可夢偉選手をはじめ、多くのモーターレーシングに関わる人々、ファンの方まで多数の方々が協力されています。

事の始まりから、ツイッターでつぶさに見てきました。
寿一選手の心意気、行動力、人脈のなせる業に、感動しました。
もちろん、サイトの意義が一番です。


LINKS
Blog People エリア
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
SEARCH
メールフォーム to yamaco
<< 08年 F1最終戦 ブラジルGP 決勝 その3 | main | 08年 F1最終戦 ブラジルGP 決勝 その1 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
08年 F1最終戦 ブラジルGP 決勝 その2
ブラジルGP、続いては…
F1史上で最年少チャンピオンになったハミルトンです。
まさに薄氷の王者決定、となりました。
「マッサ優勝の場合、5位以上」の一番下の条件に滑り込んだのですから。

ギリギリでもチャンピオンはチャンピオン。
なれる資質があったから、彼がタイトルを獲った、と思います。
だからきちんと、おめでとう!と言わなければ。
心理的には微妙な部分もありますが。
レース結果は、その1:マッサ編にてリンク貼ってますので省略で。

ブラジルGPに関しては、彼とマクラーレンにとっては厳しかったでしょう。
タイトル奪取にはマッサより余裕があったはずですが、それを感じられるのが少なかった気がします。

まず予選までも、押さえ気味だったのか時には真ん中辺に居たこともあり。
予選でも、もう少し前かと思ってましたが、意外にも5位。
トゥルーリが予想外に頑張った部分が大きいかもしれませんが。

スタートを切ってからも、上位陣には追いつける感じはなかったですしね。
雨が降って温度が下がって、マクラーレン有利に傾くか、と思ってたのに。
最悪だったのは、チームの戦略のミスなのか、ドライへのスイッチが遅れて大幅に順位を下げた事でしょう。

ここでもトゥルーリに阻まれそうになりましたが、ヤルノさんのミス(>_<)にも助けられて6番手。ところが、フィジケラを抜くのに手こずり前方との差が開く。
2度目のピット終了後に、ベッテルに後ろに着かれたのもまた不運。
この日のベッテル、2位を走ってた時トップのマッサに迫り来るほど速かった。
そして最後の雨の時に…ベッテルに交わされ6位と絶体絶命のピンチに!

これは去年と同様、1点差に泣くのかも?と思いました。
雨は激しさを増し、好調ベッテルを抜くのにかなり不利な条件。
何度か後ろには付くものの、前は伺えず息詰まる接戦は最終周にもつれ込む。
ルイス、どうしても抜けない…

2人の前にいたは、ドライタイヤで賭けに出たトヨタのグロック。
あの雨の量では、さすがにドライでは厳しかったと想像出来るけど…
最終ラップで大幅にペースダウン(20秒!)していた。

最後の最終コーナー、驚きの映像が飛び込んできた。
よろよろのグロックの横を、ベッテルとハミルトンがすり抜けていく!
うわぁ〜、5位になっちゃったよ〜
最後の最後、再び大どんでん返しでハミルトンのチャンピオンが決定したわ〜
残り10周位までは、布団で横になって観てましたが、雨が降ってきてハミルトンが抜かされた時から、座ってTVに正対して「どないなんねん!」パンチと、リキ入りまくりました。
今季一番ドキマギしましたね。


こうして、アロンソの持ってた最年少記録を塗り替えて、ハミルトンはF1史上最年少チャンピオンとなりました。
去年逃した分、今年の勝利は格別だと思います。

私、昨年の前半は彼を素晴らしい、と誉めてました。
ところが、最後プレッシャーに負けてミスをする姿で、まだ若いなぁ、と感じて。
今季開幕して、中程でそのドライビングに非難が集中し始めて「?」と思い、
ベルギー、日本と皆さんと同じく最悪のイメージを持ちました。
でも、すぐ後の中国で逆風の中完璧に勝ってしまった時、「やはりモノが違うんだ」と感じずにはいられませんでした。
才能があったから、F1の神様が彼に戴冠させたんでしょうね。

むしろ、タイトルを獲ったこれからが、彼の本当の勝負でしょう。
ドライビングスタイル、言葉や行動の全てにチャンピオンとしての品格が問われます。
同じ事を繰り返していたら、「ただの傲慢な人」に成り下がってしまうかも?
「セナやミハエルもそんな時があった」とよく言われますが、彼らと同じと言われる為には、追われる立場になる来季以降にかかってくると思います。
ルイスの来年に、注目ですね。


ちょっと余談ではありますが…
「チェッカーフラッグは、タイトル獲得者の家族が振る」予定だったはず。
両方の家族とも、ピットにいらっしゃいましたね。
もっとも、あの展開ではどちらかに決めるのは、無理だったでしょうが…
じゃあ、誰が振ったんやろ?
普通は、その国のレース主催者の一番お偉い方だと思うけど。
気になったyamacoでした(^^ゞ
| yamaco | F1グランプリ | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |









url: トラックバック機能は終了しました。