yamacoのぼちぼちなブログ

F1もインディも!のつもりですが、琢磨選手のガンバリに、最近はインディ寄りに傾きつつある私…
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

SAVE JAPAN
〜今、僕たちにできる事〜
モータースポーツ大好きな人!
そうでなくても、今回の地震で何かをしたいと思ってる人。
ご協力お願いします!!

SAVE JAPAN バナー

脇阪寿一選手が自ら発起人となり立ち上げた、地震被害に対する義援金募集サイトです。
小林可夢偉選手をはじめ、多くのモーターレーシングに関わる人々、ファンの方まで多数の方々が協力されています。

事の始まりから、ツイッターでつぶさに見てきました。
寿一選手の心意気、行動力、人脈のなせる業に、感動しました。
もちろん、サイトの意義が一番です。


LINKS
Blog People エリア
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
SEARCH
メールフォーム to yamaco
<< ホンダ F1チーム売却発表、ブラウンGPに | main | 09年F1開幕戦 オーストラリアGP フリー走行1〜3 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
WBC2連覇!やったね、侍JAPAN!!
日本の「野球」が、再び世界の頂点に立ちました\(~o~)/
今大会5度目となる、宿敵韓国との延長戦対決を制し、みごと優勝!桜
侍JAPAN、WBC2連覇、本当におめでとうございます!祝
選手はもちろん、原監督、コーチ陣の皆様、関係された方々には、「お疲れ様でした」と「感動をありがとう!」と感謝したいと思いますm(__)m

AFP BB Newsから引用可能記事「日本 延長で韓国を下し大会連覇、第2回WBC」には写真が40枚もあり、どれにしようか悩みましたが…
やっぱり、侍JAPAN全員の力で掴み取った優勝だと私は思うので、集合写真パターンの記事を引用しました\(^_^ )

上手く記事がまとまらず遅れてしまいましたが、感謝を込めて…
(タイミング悪くてすんまそんm(__)m F1も開幕したし、頑張らねば!)
先に点を取った方が追いかけるより絶対有利になる、と思ってたので、先取点が入った時は「よっしゃぁ」と思ったのですが…
9回裏、同点になった時は、ホント手に汗握りましたね〜
「ダルビッシュの立ち上がりが不安だけど…」と解説者の方が仰ったのが、そのまま当たっちゃったのがつらかったっすね。
おそらく日本中が、「胃がイタイ」状態になったと思います。

その裏に、イチローが「ごちそうさまでした」のセンター前ヒットで、再び逆転!
決勝戦の日本は「追いつかれても引き離す」事が出来ていたのがホント良かった。
10回にはダルビッシュも立ち直り、優勝が決まった瞬間、「良かった〜」と「疲れた〜」の2つが入り混じった気持ちになりました。
2連覇は難しい、と思っていたので、本当にすごい快挙だと思いました。
野球一家としては、マジ嬉しい結果となりましたね。
息子もこれから気合が入ることでしょう。

今回は本当に全員で勝ち取った優勝です。
 →第2回WBC(09年) 日本代表 個人投打成績(スポーツナビ)
 →第1回WBC(06年) 日本代表 個人成績 投手 打者(スポーツナビ)
1回目は藤川が「守護神」として安泰だったので、久保田と馬原は登板しませんでした。
馬原は今回、借りを返した感じになりましたね。
藤川の不調は致し方ないですが、決勝戦は出して欲しかったとも思います。

代わってダルビッシュが頑張りましたが…立ち上がりの不安が表になってしまった感が。
力のある投手ですから、コーナーを突いてくよりも思いっきり勝負していく方が、彼にはあっていると思いますね。
オリックスファンとしては、そうなるとコワイ相手ですけどね…

そうそうオリックスと言えば、唯一代表の小松聖を使ってもらえるか不安でしたが…
2次ラウンドの日韓順位決定戦で、2人目で5奪三振と良いピッチングをしてくれたので、この経験をチームに持ち帰っていい影響を期待します。

2次ラウンドで怪我をし、決勝には参加できなかった村田。
リタイアするまでは、彼は間違いなく日本打者人の牽引者でした。
北京五輪での悔しい思いを晴らす活躍だっただけに、悔しかったと思いますが、彼が居たからこそ、優勝に繋がったと思わずにはいられません。
同僚の内川が、優勝トロフィーに村田の25番のユニホームを着せていたシーン。
内川の気持ちはヒシヒシと伝わってきましたし、すごく感動的でした。

ウチの主人は今回のWBCを「イチローに始まり、イチローに終わったなぁ」と言いました。
イチローとて人間ですから、調子が出ない時もありましょう。
今大会中、不振時はものすごく険しい表情をしてました。
でも、やっぱり天才と呼ばれる人は違いますね。
決勝点の場面に自分の打席が回ってくる運。
そして、その場面でしっかり結果を出してくる底力。
「侍JAPANの名が重かった」と彼は言いましたが、最後に最高の笑顔で終われるのは、彼が野球の神様に選ばれた人なんだなぁ、と思いました。

MVPは松阪、しかも2大会連続。
チームの中で3勝のは一番の勝ち数だし、「DICE−K」が世界に認められたのには違いないです。でも、松阪曰く「岩隈くんに悪いなぁ…」

選んだ方にはケチをつけるようで申し訳ないが、私も岩隈だと思います。
防御率は松阪2.70、岩隈は1.35と、数字はもちろんですが、それ以上に制球力の良さと、落ち着いた投球が光っていた気がします。
ここ数日の色々な投票等を見ても「岩隈」の声は多いですね。
日本から見れば、キューバ戦&決勝戦での投球は賞賛に値しますよね。

城島、岩村、福留のメジャーリーガーも大事な所で機能しました。
青木、小笠原、内川、中島、稲葉をはじめとする日本勢も、「JAPANの野球」がいかに素晴らしいかを、証明してくれたと思っています。
そして、原監督、山田、緒方、高城氏を初めとするコーチ陣、関係者の方々も、「日本力」を発揮する為、本当に尽くして下さった。
原監督が「強い侍になった!」と仰ってましたが、関わった全ての方々が「強い侍」を作り上げ、結果が出たのは本当に良かったと思います。

韓国と5回も戦った事に関しては…
アジアの野球が凄い事を知らしめた、と言う点では良かったと思います。
システムが納得できない、と言う意見もありますが、それで助かった部分もお互いある訳で…本来はリーグ戦方式が正しいのでしょうが、試合数が多くなるので難しい?のかもしれません。

最後はどっちが勝ってもおかしくないな、と思いました。
韓国も間違いなく立派なチーム、北京五輪の王者ですし。
大砲があんなに居ますし、投手だって次から次へと日本の前に立ちはだかった。
北京の悔しさがあったからこそ、今回の結果が出たような気もします。

思った事をつらつらとまとまりなく書いてきましたが。
この優勝が、今度は日本のプロ野球を盛り上げてくれれば、そして野球界のすそ野を広げるきっかけになってくれれば、と野球少年をもつ親としては思いますね。
前回も同じことを書いてますね〜
 →「WBC:王JAPAN世界一に、やったぁ!」(2006/3/21)
あの時も嬉しかったけど、今回もとっても嬉しいですね!

WBC終わって3日後に、サッカーが「日本vsバーレーン」をやるので、この盛り上がりが吹き飛ばないかちょっと心配ではありますが。
いずれにせよ、スポーツを通じて日本がひとつになり、結果明るい話題になるなら…
不況下ではあるけれども、とても良い事だと私は思います!

P.S
あっ、F1が開幕してるんだった、フリー走行終わってるし(>_<)
野球の気分を保ちつつ、スイッチを切り替えないと(o゚▽゚)oポチッとな!
| yamaco | 野球 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://yamaco-bochi2.jugem.jp/trackback/591