yamacoのぼちぼちなブログ

F1もインディも!のつもりですが、琢磨選手のガンバリに、最近はインディ寄りに傾きつつある私…
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

SAVE JAPAN
〜今、僕たちにできる事〜
モータースポーツ大好きな人!
そうでなくても、今回の地震で何かをしたいと思ってる人。
ご協力お願いします!!

SAVE JAPAN バナー

脇阪寿一選手が自ら発起人となり立ち上げた、地震被害に対する義援金募集サイトです。
小林可夢偉選手をはじめ、多くのモーターレーシングに関わる人々、ファンの方まで多数の方々が協力されています。

事の始まりから、ツイッターでつぶさに見てきました。
寿一選手の心意気、行動力、人脈のなせる業に、感動しました。
もちろん、サイトの意義が一番です。


LINKS
Blog People エリア
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
SEARCH
メールフォーム to yamaco
<< 09年 F1第2戦 マレーシアGP 予選 | main | 09年 F1第3戦 中国GP >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
09年 F1第2戦 マレーシアGP 決勝
予想通りのスコール襲来+雷、天候回復の為50分待ちの末、日没終了…
野球だったら、「雨天コールドゲーム」って所でしょうか?
マレーシアGP初の夕方レースは、31周でレース中止となりました。
規定周回数の75%未満の為、各ポイントは半分に。
1991年の最終戦オーストラリアGP(中嶋悟氏のF1ラストレース)以来、F1以上5回目のハーフポイントレースとなりました。
 →決勝 結果&経過(Yahoo!Formula1)

ブラウンGP×バトンが、開幕2連勝!
2位には、混乱をすり抜けるのが上手い?ハイドフェルド。
3位は、インターミディタイヤの選択が当たった、グロック。
トゥルーリはその次、4番手…惜しいです。
直前のGP2アジアの決勝レースでは、雨が降ってたようですが、F1スタート時点では雨は降ってません。
どのタイミングで、スコールが来るのか不安はありますが、フォーメーションラップの後、一斉にスタート!

フロントローの2人、特に向かって左、イン側のヤルノさんが出遅れた、ヤバい(汗)
その横を4番手のウイリアムズ、ロズベルグがロケットスタートを決め、バトンをも抜き去り一気にトップに!
ヤルノさんは2位で踏ん張ったものの、3位にはなんとアロンソが!!
KERSパワーを最大に生かして、ぶっ飛んできたみたいだぞ〜

後方では、クビサがスタートできずに、その後エンジンから出火しリタイア。
コバライネンはハミルトンのスリップに入るも、両方のKERSの影響?なのか全く違う方向を向いてスピン→コースアウトし、リタイア。
彼、開幕戦も0周リタイアで、今季未だに決勝で1周も走れてない…大丈夫か?

前方に目をやると、高速2層ディフューザーのブラウンGPの2台が、ルノー×アロンソをさらりと交わして、バトン3位&バリチェロ4位。
スタートこそKERSでジャンプアップしたものの、ペースの上がらないアロンソの後ろに、ライコネンとウェーバーが続き、アロンソ・トレインはTOP4からどんどん離される…
アロンソの腕をもってしても防御が精一杯、健闘むなしく2台に抜かれる。
アロンソの上手さと、ルノーの遅さを感じました。

そうこうしている間に、1回目のピットインが始まる。
ここで、5位のライコネンがウェットタイヤに交換して出て行った!
おおっ、フェラーリ、賭けに出たなぁ〜期待通りに雨は降るのか?
と思ったけど、一向に雨は降らずキミはどんどん下がってく…
フェラーリ、大バクチは見事に外れてしまいました(爆)
予選のマッサといい、名門らしからぬミスを連発してしまうとは。
結局このまま2台ノーポイントに終わり、未だ得点無しなんて、どうなってるん?

ライコネンはタイミングを外しましたが、やがて雨は降り始めて。
大雨をにらみ、深溝ウエットに替えるマシンが多数だが、雨は酷くならずに。
そんな中、一人浅溝インターミディを履いていたトヨタのグロックが、ぐんぐんペースを上げてくる!
ヤルノさんは最初ウエットを履いてたのか〜残念だなぁ…

ところが雨が大きくなり始め、またまたピットイン→ウエットタイヤへ。
一体何回目のピットイン?もう何がなんだか分からへんのですが(大汗)
とりあえず落ち着くと、ハイドフェルドが2位ですと?
あんなに混乱してた間で、ピットイン1回だったらしい。
(良く走れてたよね、、危なかったのに、と解説陣が仰ってましたが)
ニック、時たま混乱を上手〜くすり抜けて走ってくる人だから。

やがて、雷がピカピカしだして「かなり危ない状況やん」と思い始めたら、完全に土砂降り状態になってしまいました。
あっちでスピン、こっちでコースアウトとマシンは滑りまくってるし、オンボードカメラでは前がさっぱり見えてない…これは、非情に危ないでしょ。
セーフティカーが入るも、走れるはずもなく、翌周(残り24周)で赤旗中断。
これ、再開できるのかな…

GPDA会長のウェーバーが、各ドライバーに声をかけている様子が映る。
再開を待ち望みコックピットから出てない人もいれば、危険と判断しマシンを離れてる人もいるけど、ドライバー達の意見をまとめて、申告する為なんでしょう。
だんだん暗くなってきている気もするんですが…

地上波のコマーシャルがあけると、50分近く中断後、レース中止の映像に。
SCカーが入りレースが止まった時点では、グロックが2位だったのですが…
SCカー前の31周目で確定になるそうなので、残念ながらトヨタは前回と同じ3位に。
山科代表、今回は悔しそうでしたね。
相性のいいマレーシアだし、てっぺん狙ってただけに。
ヤルノも4位だし、コンストラクターズではブラウンGPに次ぐ2位なんですけどね。
後一歩、何かが足りないんでしょうか?

ロズベルグが突っ走って1コーナー取った時は、「これは行っちゃうかも?」と思いましたが、終わってみると、バトンが優勝!
彼も雨には強いですもんね〜(初優勝06年ハンガリーがそうでした)、賭けとけばよかったです。
この2戦で、ブラウンGPの速さはホンモノだと、確信せざるを得なくなりました。

片やウイリアムズは、一発の速さはあるんだけど、レースペースが上手くコントロールできないというか、マネジメントがまずいというか。
フリー走行ではいいところが出てるので、こちらも後一歩(いや、もう2,3歩?)

トヨタ、ブラウンGP、ウイリアムズに関しては、速い2段式ディフューザーの審判次第ではここまでの可能性もあり、まだまだ安心は出来ません。
効果は確実なんですがね、どうなりますか?


最後に、夕刻レースについて。
ヨーロッパではF1の視聴率が上がったと聞いてますが…
私個人としては、止めて欲しいなぁと思います。
普通車でも、夕日の中の運転は眩しくてしにくいですし、私は苦手でキライです。
高速で走るレースカーなら尚更の事、危ないと思います。

実際、オーストラリアGPでのヤルノさんのSCカー走行中のミスは、それが原因ですし。
(その後、F1を揺るがしかねない事態に発展するとは思いませんでしたが)
マレーシアGPでは、「スコール来るで〜」と分かってる時間で、待った挙句に日没中止と言う、何ともだる〜い顛末を迎えたし。
真昼間と比べれば確かに涼しいでしょうが、それによってタイヤの管理や使い方にも気をつけなければならず、関係者の負担が増えるばっかりなんじゃないかな〜?と。
FIAのお偉方の皆さん、今一度考え直してください、お願いしますm(__)m
| yamaco | F1グランプリ | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://yamaco-bochi2.jugem.jp/trackback/598
F1 '09 マレーシアGP 3日目 〜一進一退〜
予選でも速さを見せたジェンソンとは違い、4位タイムに沈み、8番グリッドからのスタートとなってしまったルーベンス・・・。 しかし、燃料搭載量は重めなので、Q3進出のマシンの中では比較的フレキシブルな作戦を採る事ができると考えれば後半での追い上げもありそうな
| 流露 -poorbassistの独り言- | 2009/05/02 6:24 PM |