yamacoのぼちぼちなブログ

F1もインディも!のつもりですが、琢磨選手のガンバリに、最近はインディ寄りに傾きつつある私…
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

SAVE JAPAN
〜今、僕たちにできる事〜
モータースポーツ大好きな人!
そうでなくても、今回の地震で何かをしたいと思ってる人。
ご協力お願いします!!

SAVE JAPAN バナー

脇阪寿一選手が自ら発起人となり立ち上げた、地震被害に対する義援金募集サイトです。
小林可夢偉選手をはじめ、多くのモーターレーシングに関わる人々、ファンの方まで多数の方々が協力されています。

事の始まりから、ツイッターでつぶさに見てきました。
寿一選手の心意気、行動力、人脈のなせる業に、感動しました。
もちろん、サイトの意義が一番です。


LINKS
Blog People エリア
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
SEARCH
メールフォーム to yamaco
<< 久々に更新…中国GP&バーレーンGPの予想と共に | main | ここから本気?スペインGP順位予想  >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
偽証騒動、マクラーレンに執行猶予付き処分
GWに入り、やっとF1グランプリの記事が、バーレーンまで追いつけました(ホッ)
そしてもう1つ、「ライゲート」に決着がついたので遅ればせながら…

オーストラリアGP終盤、セーフティカー先導走行中での、トゥルーリのミスから端を発したこの騒動が、ここまで大きくなるとは、最初は思ってもいませんでした。
開幕戦の表彰台の一角争いだったはずが、「ライゲート」に発展、最終的に、
「マクラーレンに3戦の出場停止、但し1年間の執行猶予付き」の処分にまで行きついてしまいました。

マレーシアGPの予想記事で「別に記事を」と記した手前、記事は作っていたのですが、予想外の展開に「落ち着くまで書けそうにない…」とプチ挫折。
そして…今になりました(汗っ)
オーストラリアGP〜今回の処分までの流れは、
 →ハミルトン偽証スキャンダル関連リンク集(F1通信)
自分で書こうと思ったんですが、あまりに多すぎて無理、と諦めました。
F1通信さん、本当にありがたいですm(__)m

最大の「?」は、何でマクラーレンチームが嘘をついてしまったのか、でしょう。
ドライバーとチームの無線交信はオープンで、聞き直せば全てが明白だし。
ハミルトンのレース直後の「トゥルーリを先に行かせた」とのコメントも、すぐに公になってたのに、「俺、言っちゃったけど?」って思ったり、反論したりしなかったんでしょうか?
チームの指示に従ったと、彼は言いますが…

「マシンが不利」と言われた開幕戦での、表彰台に目がくらんだ?
その代償は「開幕戦での失格」だけに留まらず、チームにも「3戦の出場停止」と言う重た〜い処分となって、跳ね返ってきました。
「出場停止」と言えば、2005年のBARホンダの2戦出場停止、が思い出されます。
あの時は「車両重量規定違反」で、ルール解釈方法にペナルティが出ましたが。
今回は「偽証によって利益を得た」ので、1戦分重い処分になったようです。

さすがに3戦出場停止となれば、選手権にとって痛手。
マクラーレン側は、謝罪、反省の意をひたすらアピールしまくる状況に。
・30年以上チームに従事していた重要人物の停職(解雇)
・ハミルトンの謝罪会見 
・ロン・デニス氏のF1からの引退
を持ってして、「執行猶予」を得た結果となりました。
デニス氏は関係ない、とも言われてましたが、効果はあった気が…

長年チームに尽力してきた人物を「スケープゴード」にし、責任を負わせた事、
ハミルトンが「F1から引退したい」と吐露した事などで、マクラーレーンとハミルトンの間にすきま風が…、なんて話も流れてきました。
ドライバーとの関係がギクシャク、ドタバタしてしまう事をまた繰り返してしまってる…
最近から昔を思い出しながら、マクラーレンって懲りてないのかなぁ、と感じた私でありました。


「偽証」によって表彰台を取り戻した、トヨタ×トゥルーリ。
一応出した控訴が効いた形とはなりましたが、もし相手が正直に申告していたら…
25秒加算のペナルティ(元来は10秒のストップ&ゴー)は抗議不可の罰則なので、そのまま適応されていたら、選手権において今よりタイトな状況になってんですねぇ。
 ドライバーズだと、ヤルノとルイスの位置が入れ替わり、
 コンストラクターズだと、4位トヨタと5位マクラーレンは1.5点差

ヤルノのミス、結構ヤバかったんや…
初めての夕刻レースで難しかったとは言え、やっぱりレースは最後まで集中しとかないとアカンなぁ、と。
過去にルノーで最後の最後にミスをして、3位をフイにして更迭、なんてこともありましたっけ…
その時は今ほどお気に入りではなく、その後の鈴鹿現地観戦からファンの私ですが。
もらった得点は大事にして、ミスはなるべくしないように、チャンスを掴んで欲しいな、と思います。
| yamaco | F1ニュース&トピックス | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://yamaco-bochi2.jugem.jp/trackback/602