yamacoのぼちぼちなブログ

F1もインディも!のつもりですが、琢磨選手のガンバリに、最近はインディ寄りに傾きつつある私…
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

SAVE JAPAN
〜今、僕たちにできる事〜
モータースポーツ大好きな人!
そうでなくても、今回の地震で何かをしたいと思ってる人。
ご協力お願いします!!

SAVE JAPAN バナー

脇阪寿一選手が自ら発起人となり立ち上げた、地震被害に対する義援金募集サイトです。
小林可夢偉選手をはじめ、多くのモーターレーシングに関わる人々、ファンの方まで多数の方々が協力されています。

事の始まりから、ツイッターでつぶさに見てきました。
寿一選手の心意気、行動力、人脈のなせる業に、感動しました。
もちろん、サイトの意義が一番です。


LINKS
Blog People エリア
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
SEARCH
メールフォーム to yamaco
<< F1分裂?気になりつつ、イギリスGP予想 | main | 09年 F1第8戦 イギリスGP 決勝 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
09年 F1第8戦 イギリスGP 1・2日目
F1発祥の地、英国シルバーストーンでのラストGPの予選は、レッドブルのベッテルがPPを獲得!
2戦連続、今季3度目、ベッテル自身4回目、2-3-4並びのポールポジションです。

2位バリチェロ、3位はウェーバー、4位にトゥルーリと来て、5位になんと、中嶋一貴!
AFPBB Newsの引用記事「ベッテル 2戦連続でシーズン3度目のポール獲得、英国GP」は、元々は予選トップ3の写真(ベッテル・バリチェロ・ウェーバー)なのですが…
今回は、予選Q1をトップタイムで通過、Q3のラストアタックで自己ベストグリッドの5位を得た、一貴選手の写真を、お祝いとして使いました(^^ゞ
(だって、引用できる記事がなかったんやもんひやひや

母国初優勝を狙うバトンは、一貴君の後ろ、6位と出遅れ…
LT観戦は予選Q3のみで、深夜の予選放送は何とか見られたので、予選をメインに。

各セッションの経過と結果
 →フリー走行1回目 2回目 3回目  公式予選 (Yahoo!Formula1

各フリー走行のトップタイムは、1回目&2回目がベッテル、3回目はロズベルグ。
レッドブルの好調さが目立ち、初日は両方ともでウェーバーも2位と、のっけから1-2体制!
今回もマシンアップデートを施し、それがいい結果を生んでいるみたいです。

2日目のフリー3回目は、ウェット状態からスタート。
レッドブルに替わり、ウイリアムズが1-2、つまり、一貴君が2位のタイムをマーク。
フリー2でも4位、今度こそは、の意気込みが伝わってきます。

フリー1回目ではブラウンGPも3-4位につけていたのですが、回が進むごとに下がっていく…特にバトンが、今回は苦しんでる。
母国グランプリではあるけど、あまり相性が良くない部分が顔を出してる?
期待、してるんやけどなぁ…


と思ってたのに、「あっ、予選終わってしもてるやん」(大汗っ)
「ザ・クイズショウ」の最終回に見入ってしまってたんですわ。
横山裕さんファンだし(本間役はちょっと怖かったけど)、結構毎回楽しみに見てたんで。
「結果分かってまうけど、確認しよ」と、LT立ち上げると…あらっ?

これからQ3がスタートするタイミング、なんで〜?
大急ぎで横のコメント部分を前にスクロール、読んでみると…
Q1の終了24秒前に、スーティルが大クラッシュし赤旗が出たようです。
後で見た予選の映像では、かなりの速さでタイヤバリアに突っ込んでマシンが大破して、かなり危険なクラッシュでしたが、スーティル本人は無事だったようで、何より。

この終了間際の赤旗で、ほとんどのマシンがラストアタックを中断せねばならなかったようで。
昨年母国GPを初制覇したハミルトンが、16位でQ1落ちの憂き目に。
前戦トルコGP出に続き、2戦連続でのQ1敗退…マクラーレン、どうなってるん?
他に、トロ・ロッソの2台とフィジケラも脱落。
Q1のトップタイムは、ぬわんと、一貴選手!だったのですね。
LT時点では気付かず、深夜に「やるやん!」と言った私でした。

Q2では上からマッサ、クビサ、コバライネン、ピケJr、ハイドフェルドが脱落。
従ってQ3は、ブラウンGP、レッドブル、トヨタ、ウイリアムズ2台ずつと、ライコネン、アロンソの争いに。

バリチェロ、ベッテルとウェーバーがトップを競うも、バトンがここに絡んでこられない。。
マシンセッティングが決まらないのか、単純に燃料が重いのか?
トゥルーリが4番手に来て、その後ろ5番手にようやくバトン、これは意外な展開やん!?

タイムがゼロになったが、一貴君がセクター1・2とも緑色の表示で走ってるで!
予選の放送では「まだ一貴がいました〜」なんて言ってましたが。
ラストアタックでベストタイムを更新し、5番手に飛び込んできました!!
うゎー、自己最高グリッド獲った〜やったじゃん!!アッパレ、おめでとう!
ポイントリーダー、バトンの前に入っちゃったで!(ちょっと微妙な気も…)

一貴君の予選5位は、日本人予選最高位としては2番目タイの記録になるそうで。
佐藤琢磨選手(04年ヨーロッパGPで2位)の次、
片山右京選手(94年ドイツ&ハンガリーGPで5位)に並ぶ立派な結果です。
お父様の中嶋悟氏は、88年メキシコ&日本GPでの6位が予選最高位なので、お父さんの記録を超えた、と言うことになるんですね。

ベッテルが3度目のPP、2位がバリチェロで、ブラウン対レッドブル真っ向勝負、となりました。
ウェーバーが3位と、油断なりません。一貴君も彼らと同じ、奇数側と言う事で…
決勝が楽しみやな〜、と思いつつ、深夜の放送の後、寝ました。
21日は、野球の当番だったため、予選後のマシンの重さを知らなかった私…
決勝始まってから、「そ〜やったんやねぇ」と気付いたのでした(爆)


http://www.afpbb.com/article/tb/428690
| yamaco | F1グランプリ | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://yamaco-bochi2.jugem.jp/trackback/613
F1 '09 イギリスGP 2日目 〜低温の悪戯〜
初日のレッドブル2台の脅威のタイムが印象に残りすぎて、今まで主役を飾ってきたブロウンGPのタイムも霞んできてしまいました・・・。 レッドブルの大幅アップデートが成功したという事もありますが、BGP001がタイヤに熱が入りにくいという弱点もあって差が拡がってし
| 流露 -poorbassistの独り言- | 2009/06/30 7:48 AM |