yamacoのぼちぼちなブログ

F1もインディも!のつもりですが、琢磨選手のガンバリに、最近はインディ寄りに傾きつつある私…
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

SAVE JAPAN
〜今、僕たちにできる事〜
モータースポーツ大好きな人!
そうでなくても、今回の地震で何かをしたいと思ってる人。
ご協力お願いします!!

SAVE JAPAN バナー

脇阪寿一選手が自ら発起人となり立ち上げた、地震被害に対する義援金募集サイトです。
小林可夢偉選手をはじめ、多くのモーターレーシングに関わる人々、ファンの方まで多数の方々が協力されています。

事の始まりから、ツイッターでつぶさに見てきました。
寿一選手の心意気、行動力、人脈のなせる業に、感動しました。
もちろん、サイトの意義が一番です。


LINKS
Blog People エリア
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
SEARCH
メールフォーム to yamaco
<< 09年 F1第8戦 イギリスGP 1・2日目 | main | 09年 F1第9戦 ドイツGP 1・2日目 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
09年 F1第8戦 イギリスGP 決勝
ベッテルが鮮やかなポールtoウインでF1通算3勝目を飾った、イギリスGP決勝。
同僚ウェーバーも2位となり、レッドブルの圧勝となりました。
 →イギリスGP決勝 結果&経過(Yahoo!Formula1)

この引用記事の写真、予選の元記事とんど同じやん!(爆)
私は下の予選までの記事では、期待を込めて5番手の一貴君を使いましたが…
残念ながら、11位でした。
 →F1イギリスGP:予選後の全F1マシンの燃料搭載量(F1-Gate.com)
私、イギリスGPの土日はバタバタしていて、予選Q3のLTを見た後はPCを立ち上げる余裕がなかったので、予選後重量を全く知らないまま、決勝レースを見る羽目になりました…

決勝がスタートしてしばらく後、「そーやったんか!」と納得した事、それは。
一貴君の自己最高グリッドの本当の意味でした。
スタートは、4番手のトゥルーリが失敗し(T_T)、バトンを道連れにしてくれた事で4番手に。
前はウェーバー、後ろにはKERSで伸びてきたライコネンとの勝負となったのですが…
一貴君が最軽量、その次に軽かったのがライコネン。
つまり、1回目のピットイン1番目と2番目が前後になっちゃった。

ならば、軽さを生かしてどんどん前へ!とは行かず。
前後の差はたいして変わらず、15周目、誰より早くピットイン。
前回トルコのミスは起きないで〜、と願ったのですが…
右フロントタイヤが、若干遅れた、ヤバいって!

1周後にピットインしたライコネン、しっかりとプッシュしていたんですね。
フェラーリのクルーはきっちりミスなく送り出し、一貴君の前にキミを出した。
数周後、スタート時に後ろに従えていたヤルノ、バトン、ロズベルグにもピットで逆転されてしまい、この時点で入賞手前の9位にまで脱落…
更に、2回目のピットももちろん1番目で、全てが落ち着いた時にはフォースインディア、フィジケラの後ろの11位にまで下げてしまい、そのままゴールイン。
予選の結果を、上手く決勝に妻げることが出来ませんでした。

タイヤの選択がハード→ハード→ソフト。
第2スティントにソフトを選んでいれば、もっといい結果だったのでは、と思いますが。
ソフトタイヤの新品を残していなかったそうです。
ハードでの走りがトップのチームに迫る位に良く、自信があったんでしょうが…
予選でも、ラストの5番手タイムのアタックは予定外の1周だったそうで。
その分燃料が軽くなって、最軽量の1番目ピットインに繋がってしまったようですね。

今季、軽タンスタートで成功した例はあんまりないですし。
スペインGPでのバリチェロが記憶に新しいですが…
同様に軽かったライコネンも、スタートこそジャンプアップしたけど8位で終わったし、軽い方のブラウンの2台、ヤルノさん、アロンソも順位アップはなってないですもんね。

せっかく古田敦也氏とのキャッチボールも虚しく、結果が出ずに残念でした。
古田氏を座らせての投球なんて、野球小僧の母からすればものすご〜くうらやましいんですけどね!
一貴君、ナイスピッチングでしたから、「次こそはやってな!」と期待しましょう!
(ちなみに古田氏は、イギリスに来られる1週間程前に、わが片田舎の高校に講演にいらっしゃってました。知り合いがサインボールをもらって、そのボールの画像が私のケータイに送られて来てたんで、「TVの中の古田さんが、ウチの田舎に来とったんやなぁ〜」としみじみ思っておりました(^^ゞ)


一貴君からなぜか、古田氏への話がそれてしまいましたが(汗)、その他の事を。
レッドブル、マジ速〜い。
ポールtoウインのベッテルには文句のつけようがありません、お見事、アッパレのひと言です。
ミスもありませんし、ノリノリのまま疾走していきました。
そして、ウェーバー!
画面にあまり映らないけれど、しっかりバリチェロを逆転し、レッドブル1-2に貢献。
彼、一見地味な感じですが、きちんと仕事をこなしますね。
勝負どころをちゃんとわきまえてて、ピットで逆転のシーンを、今季は数回見ていると思うんです。
2人が超仲良し、という感じでは無さそうですが、マシンの良さを素直に引き出せている所が、今の強さなんやろうな、と思わされます。

バリチェロがかろうじて3位表彰台をキープも、ポイントリーダーのバトンが母国GPを飾れず6位。
今回は得意なはずの高速サーキットだったのですが、気温が低かったのがマイナスに作用した?
特にバトンは、掴みきれぬままに終わってしもた、と言う感じでしたね。
第3スティントになって、ようやく速さが戻ったけど…間に合わず、でした。

4位がマッサ、11位スタートからの大躍進。
ライコネン同様KERSスタートが決まり、その後も少し眺めの第1スティントを乗り切って、速いストップ組を退けてランクアップニ成功しました。
優勝ベッテルとほぼ同じピットストップ、タイヤ選択(ソフト→ソフト→ハード)だったんですね。
前戦、得意のトルコでは4連覇がかかりながら、無念の6位に終わっていたので、1戦遅れながら、ウサを晴らした?

その次5位には、一貴君のチームメイト・ロズベルグがきっちり走り入賞。
一貴君と対照的な結果、やはり安定感がニコの方が上なのかなぁ…
と思ってしまいました。


シルバーストーンでは、マシンの性能差がもろに出る、と言う事で。
今回マクラーレン、BMW、ルノーが中断以下争いをしていましたね。
アロンソはスタートミスもありましたが…マクラーレンが、キツ過ぎる。
去年の母国GP覇者、ハミルトンですら19位→16位が精一杯って。
コバライネンは、ブルデーと接触してリタイアだし。

そんな中、5番手の一貴君を最後に抑えて10フィニッシュしたフィジケラに、拍手。
さすがはベテラン、ですね。

記事を書いた今日の時点で、ドイツGPまでの3週間休みの2週目。
おかげで時系列がずれなくて助かりましたが。
その間に「FIA対FOTAの闘争が和解!」とのニュースに一度はホッとするも…
また雲行きが怪しげなのが気になります。
モズレーさん、辞めないのか〜?どうなっちゃうんでしょう。

来季に向けて、ドライバーや新参戦チームの動きもチラホラ聞こえて来て。
もう、ドイツGPで、09年F1は折り返し地点なんや、と気付かされた私です。
| yamaco | F1グランプリ | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://yamaco-bochi2.jugem.jp/trackback/614
F1 '09 イギリスGP 3日目 〜一勝一敗〜
予選では辛うじてセカンドローを獲得したルーベンスですが、どうもマシンが低温に弱い様子・・・。 優れすぎた空力からしてタイヤに優しいというのが特徴でしたが、逆に低温状況下ではタイヤに熱が入りにくく、タイヤの性能を十分に発揮させる事ができないとの事です。
| 流露 -poorbassistの独り言- | 2009/07/05 3:42 PM |