yamacoのぼちぼちなブログ

F1もインディも!のつもりですが、琢磨選手のガンバリに、最近はインディ寄りに傾きつつある私…
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

SAVE JAPAN
〜今、僕たちにできる事〜
モータースポーツ大好きな人!
そうでなくても、今回の地震で何かをしたいと思ってる人。
ご協力お願いします!!

SAVE JAPAN バナー

脇阪寿一選手が自ら発起人となり立ち上げた、地震被害に対する義援金募集サイトです。
小林可夢偉選手をはじめ、多くのモーターレーシングに関わる人々、ファンの方まで多数の方々が協力されています。

事の始まりから、ツイッターでつぶさに見てきました。
寿一選手の心意気、行動力、人脈のなせる業に、感動しました。
もちろん、サイトの意義が一番です。


LINKS
Blog People エリア
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
SEARCH
メールフォーム to yamaco
<< ベルギーGP予想と、ハンガリー&ヨーロッパGP予想復習 | main | 09年 F1第12戦 ベルギーGP 決勝 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
09年 F1第12戦 ベルギーGP 1・2日目
すっかり更新をサボっておりまして、久々のF1グランプリ記事です。
今年のベルギーGP予選は、ビックリの結果となりました。
フォースインディア、チーム史上初ポールポジションをフィジケラ(36)がゲット!!
フィジコも、06年マレーシアGP以来の、3年ぶり4度目のPPです。
これは驚きました!

2位には、フィジコに抜かれるまでトップタイムだったトゥルーリ(35)。
3位にハイドフェルド(32)、BMWが久々に上位に顔を出しました。

前戦ヨーロッパGPでの、バリチェロ(37)の5年ぶりブラウンGP初勝利から続くアラフォー組の頑張り、同じ世代として、とっても嬉しいです!
バリチェロが4位でなく、もうひとつ上なら完璧だったんですが(バドエル(38)でもOK?)、四捨五入して40代になる、上から数えて5本の指に入る人たちですもん(笑)

F1-Live.comがお使いの、こちらの画像を使おうか、かなり迷いました。
→フロントローの、イタリアンドラーバーズのツーショット(AFP BB Newsより)
ハイドフェルドは琢磨選手と同い年だし、久々なのでやっぱり一緒に。

好調だったマクラーレンが2台ともQ2で敗退。
ポイントリーダーのバトンは調子が上がらず、今季初めてQ3進出を逃しました。

これはもしかしたら「初もの」が見られそうな…
いつもと違う並びには、期待が膨らみますね。
フリー走行の結果は、(リンク先は、すべてYahoo!Formula1
■1回目
トゥルーリがトップ。
セッション途中で雨が降り出し、ドライコンディションの計測が上位10台、ウェットコンディションの計測は下位8台になり、ベッテルとハミルトンはタイムが出せなかったようです。
やっぱりスパは、雨が降る?

■2回目
今度はドライの中、トップはハミルトン。
2位にグロックがつけ、ヤルノも7位と今回はトヨタの好調さが伺える。
その前6位には、フィジケラがいたんですよね!
この時点で、ポールへの道は始まってたんでしょうか?
ライコネンとアルグエルスアリがマシンストップ。

■3回目
天気は晴れ、ドライコンディション。
トップタイムはBMWのハイドフェルドに。
クビサも6番手、ココへ来て急に、BMWが盛り返してきました。
ヤルノ、スーティル、グロージャン、グロック、クビサ、ロズベルグ、フィジケラ、ハミルトン、バトンのトップ10となり、トヨタ&BMW&フォース・インディアが各2台ずつの、いつもとは違う感じが漂ってます。

レッドブルはベッテル14番手、ウェーバーは序盤にエンジントラブル!で戦線離脱。
ベッテルに今季終了まで8基のエンジンが持たないかも?と話題になっていますが、相棒のウェーバーにもその不安が忍び寄ってる感じが…
予選前にエンジン交換するようです。
一貴君がバドエルに負けて、タイム最下位…今回は厳しそう?


■公式予選
夕方にフリー3を見られたら、とPCをつけたものの、夕食・後片付けと見られずに、すっかり忘れていて…「Q1終わってる〜」と慌ててPCの前に座ったら、Q2開始しばらく後でした。

●Q1
「一貴君Q1で落ちてる…」あんまり得意じゃないのかな?18位。
上にはブエミ、アルグエルスアリのトロ・ロッソ2台、下はクロージャン、バドエルの参戦2戦目組。
トップタイムはフィジケラ!のっけから速かったんですね。
トゥルーリ、バリチェロとアラフォーおっちゃん組がトップ3!

●Q2
途中から見始めましたが、最初にヤルノが1分44秒台をマークした時は、「来てるで〜」と思いました。
一瞬フィジケラに抜かれて暫定2位に、最後に0.15秒上回って辛くもトップキープ。
ヤルノが良さそうなのは嬉しいが、フィジコ、本気で速いなぁ〜
通過10台中9位までが1分44秒台の大接戦でした。

ココでの脱落の面々が、大変な事に。11〜15位は、
スーティル、ハミルトン、アロンソ、バトン、コバライネン!
スーティルには、フィジコも頑張ってるので一緒にQ3に行って欲しくて、ラストアタック応援したんですが、残念でした。
その後ろが、前戦でトップ10以内の方々ばかり。
私は今回のF速予想に、ハミルトン、バトン、アロンソで1-3-5位としてるんで(下の記事参照)、思わず、ひっくり返ってしまいました(泣)

●Q3
トヨタ、BMW、レッドブルが各2台、ライコネン、バリチェロ、ロズベルグ、フィジケラ。
顔ぶれがいつもと違って、フィジケラがどこに来るのかが、一番の興味。

6分過ぎても、ライコネン以外タイムアタックが無く、超短期決戦になりそうな予感。
バリチェロ→ハイドフェルドとトップが替わり、残り1分、ヤルノがトップに!
「これはキター」と思っていたら、その後フィジケラがタイム更新、一番上!
ヤルノがまだラストアタックをしてる、けど、フィジコに及ばず2番手。
3位には、これまた久々のハイドフェルドと来たもんだ!

メッチャ驚きましたよ!
フォース・インディア、しかも、これまでスーティルに遅れをとってたフィジコが。
もしかしたら、今季で引退かも?なんて言われてたのに、チーム史上初のPPをプレゼントです。
彼自身も、3年ぶり4回目のポールポジション。(前は06年マレーシアGP)
このPPで、バドエルと交代でフェラーリ?なんて噂も飛び出してるようですね。

カナダGP&雨が上手い、と思ってたんですがスパも結構得意な方だったようで。
マシンの戦闘力+己の力で、F1に歴史を刻みました。
フリー走行3回目で、ウサギをひいてしまったらしいのですが(コース上にいるんや〜07年カナダで、デビッドソンがマーモットをフロントウイングに挟んだのは記憶にある)、そのコが幸運をもたらしてくれたのかもしれませんね。
とにかくおめでとう!歴史の瞬間を見られて、良かった。

以下、暫定グリッドと予選後の各車の重さ&1回目ピット予想です。
 →F1ベルギーGP:予選後の全F1マシンの燃料搭載量(F1-Gate.com)

ライコネン6位、ハミルトン11位、コバライネン15位、バドエル20位と、KERS車がちょうど4等分区切りぐらいで入ってますので、スタートは彼らがどこまで飛んでくるか?になりそうです。

上位ライコネンまでに目を向けると…
最軽量はバリチェロで9周目、最重はヤルノの13周目。
記事中には、トゥルーリが最も競争力あり、と書かれてますねぇ(嬉)
前戦バレンシアは良くなかったのに、1週間でこれだけ躍進するとは!
ファンでありながら、予想だにしておらず…ゴメンなさいですm(__)m
今後の事もあるので、ぜひいい結果を、出来れば優勝を決めて欲しい!

フィジコの久々のPPスタートがどう影響するのか?
奇数側のBMWの2台と、ダスティながらKERSロケットを持つライコネンが、どこまで来るのかがカギになりそうです。
接触とかはイヤですよ〜フォースインディアorトヨタorハイドフェルドの初優勝が、もしかしたら見られるかも?ですから。
あと、レッドブルとバトンのチャンピオン争いも忘れずに。
| yamaco | F1グランプリ | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://yamaco-bochi2.jugem.jp/trackback/626
F1 '09 ベルギーGP 2日目 〜番狂わせ〜
初日はウェットになったり、気温が上がらなかったりと、満足にセッティングを進める事ができなかったブロウンGP・・・。 前評判通りにかなりの苦戦が予想されます。(汗) チャンピオンシップのライバルであるレッドブル勢とチームメイトのジェンソン・バトンもあまりタ
| 流露 -poorbassistの独り言- | 2009/08/31 12:00 AM |