yamacoのぼちぼちなブログ

F1もインディも!のつもりですが、琢磨選手のガンバリに、最近はインディ寄りに傾きつつある私…
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

SAVE JAPAN
〜今、僕たちにできる事〜
モータースポーツ大好きな人!
そうでなくても、今回の地震で何かをしたいと思ってる人。
ご協力お願いします!!

SAVE JAPAN バナー

脇阪寿一選手が自ら発起人となり立ち上げた、地震被害に対する義援金募集サイトです。
小林可夢偉選手をはじめ、多くのモーターレーシングに関わる人々、ファンの方まで多数の方々が協力されています。

事の始まりから、ツイッターでつぶさに見てきました。
寿一選手の心意気、行動力、人脈のなせる業に、感動しました。
もちろん、サイトの意義が一番です。


LINKS
Blog People エリア
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
SEARCH
メールフォーム to yamaco
<< 09年 F1第12戦 ベルギーGP 1・2日目 | main | ポルノグラフィティ、祝!デビュー10周年! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
09年 F1第12戦 ベルギーGP 決勝
下↓の記事で、「初ものが見られるかも?」と書きましたが、ベルギーGP決勝は、
ライコネン&フェラーリの「今季初優勝」となりました。

それ以上の大活躍、、予選でチーム初PPを獲ったフィジケラが、2位ゴール!
フォースインディアチーム初ポイント、そして初表彰台を一気に。
そしてフィジケラはこれを置き土産に、フェラーリへと移籍決定!!
ファンタスティック、ですよね。

オープニングラップの混乱&クラッシュで、ポイントリーダーのバトンが今季初リタイア。
私の予想は、ハミルトンと共に、その瞬間3分の2が消えました(涙)
ライコネンvsフィジケラは、見応えがありました。
フィジコは無難にスタートを決め、トップを維持。
バリチェロのスタートミスを避け、ハイドフェルドとトゥルーリの小競り合いを横目に、KERSパワーで大外狩りを決め、更にはクビサを抜いてオープニングラップで2位にジャンプアップしたライコネン。
後方のクラッシュでSCカーが入り、それが外れた5周目のりスタート。
これぞチャンス、とKERS炸裂であっという間に、順位が入れ替わった。

「やっぱココまでか」と思われたが、フィジコのペースは下がることなく、フェラーリと対等のペースを保って走り続ける。
2人のピットのタイミングは全く同じでガチの対決でしたが、フィジコが1秒を切ってキミに近づく場面が何度もあって、「すごい事になってるやん」と思いながら見てました。
順位は変わらずにゴールとなりましたが、「ええレースやったなぁ」と感じました。

KERSと言う武器を最大に使い、前を守りきったライコネンはもちろん立派。
昨年スペインGP以来の1年近くぶりの優勝は、フェラーリと自身の今季初勝利。
完勝、と言う言葉がピッタリですね。

一歩及ばず2位だったけど、今回のヒーローは、紛れもなくフィジケラです。
大化けしたフォースインディアVJM02と、その速さを引き出したフィジコの腕。
アッパレ、お見事ですね。
昨年フォースインディアになってから、念願の初得点は2位表彰台。
一挙8点ゲットで、SAF1の4点をあっさり抜き去ってくれました。

フィジコはベルギーGPの大活躍で、マッサの代役候補の本命へ一気に浮上。
(正確には、マッサの代走のシューマッハの、代走のバドエルの、代走?)
フェラーリの地元、モンツァで真紅のマシンのカーナンバー3をつける事に!
イタリア人ドライバーとして、最高の夢を手に入れました。
フィジコにとって、人生最高にハッピーな1週間だったんでしょうね。
がんばれ、フィジコ!
おっちゃんだって、まだまだやれるよね!


同じイタリア人ドライバーとして、フィジコとフロントローを分け合い、燃料等裁量などから、予選終了時点ではこのレース最強だろうと予想されたトゥルーリでしたが…
勝てたかも?のレースをスタートで落としてしまいました。
不利な偶数側からのスタートだったのを差し引いても、余りにも伸びなさ過ぎ…
集団に飲み込まれ、ライコネンがコースアウトしながらも2位に上がった時「あ〜、アカンわ」と思い、その後、フロントウイングが壊れた状態で走ってるのを見て、「もう無理やん…」と感じました。

それよりショックだったのが、修復後のペースの遅さ。
バドエルの後ろで、全く抜けなかったのがイタイ。
無線で「トップスピードが足りなくて、フェラーリに追いつけない」と言ってたのが…
フェラーリにはKERSがあるけど、高速サーキットでそれは致命的だったのでは?
仮に、ハイドフェルドと接触なく上位を走れてたとしても、ライコネン相手では優勝は厳しかったのでは、とも思いました。

ヤルノ後退後、グロックが4位を走行してましたが、1回目のピットで給油リグトラブルで入賞圏外へ、ヤルノにも同じ事がおき、最後はブレーキトラブルでリタイア。
レース後の山科氏のコメントは、悔しさがにじみ出てましたね。
トヨタ初優勝は、まだまだ遠い?


今季初リタイアを喫してしまった、ポイントトップのバトン。
最近調子を落としている所へ、痛い無得点となってしまいました。
ポイントリーダーと言えども、やはりいい位置からスタート出来ないと厳しいですね。

グロージャンが後ろから追突した、危険だ、とバトンは言ってますね。
これに関連して、アルグエルスアリもハミルトンと当たってクラッシュ、計4名が一気に消える結果となりました。
F1参戦間もない2人が絡んでいるのが、やはり気になります。
テスト禁止の影響って結構大きい気がするんですけど、この先注意は必要ですかね?

ハミルトン-バトン-アロンソと、1-3-5位を予想してましたが…
初っ端でアクシデントで2人が消え、アロンソも接触の影響から左フロントタイヤのカバーが出来ず、その後リタイアと、私の予想は散々でしたが…
レース自体はとても面白かったし、楽しめたと思ってます。

ファステストラップで3位、のベッテル、
スタート失敗、最後はオイル漏れ火災→自分で消火して7位、のバリチェロはそれぞれポイントを加算。
ピットアウトでハイドフェルドと接触しかけたウェーバーは、ペナルティでノーポイント。
優勝のライコネンが、選手権5位にアップするなど、ポイント争いが白熱しつつありますね。

ドイツGPのウェーバー初優勝以来、ハミルトン、バリチェロ、ライコネンと今季初優勝が続き、12戦終了して6人のウイナーが生まれるとは!
序盤のバトン独走から一転、予想しづらい状況になってるのは確かですね。
次のモンツァも高速ですが、さあ、どうなりましょうか…
| yamaco | F1グランプリ | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
ハルイチ (2009/09/09 10:08 PM)
お久しぶりです。
早速ベルギーGPについてですが、フィジコが大活躍しちゃいましたね。
ポール獲っちゃって、決勝でも速さは衰えず、2位!
フォースインディアの初ポイントが2位って、どんな夢物語なんでしょうって感じです。
しかも次戦はフェラーリに。
あまりに出来すぎてて彼の身が心配ですが(笑)、ここはもう一花咲かせてほしいところですよね。
バリケロさんといい、おっちゃんだってまだまだやれるんですよね〜。
yamaco (2009/09/10 9:59 PM)
ハルイチさん、コメントありがとうございます。
かなりご無沙汰しております。

ベルギーGPは、ライコネンの今季初優勝よりも、フィジコの活躍が目を引きましたね。
驚きのPP、フェラーリと堂々と渡り合っての2位、アッパレと言うしかありません。
速いドライバーなんだ、と再認識しました。

次はモンツァでフェラーリに。
あまりのタイミング良さに、一生分の運を使っちゃったかもしれませんが(^^ゞ、まだまだやる気もあるようですし、頑張って欲しいですね。

アラフォー組のバリチェロさんも久々に優勝しましたしね。
同じおっちゃんズのヤルノさんにも、ぜひ一花を!と願ってる私です。









url: http://yamaco-bochi2.jugem.jp/trackback/627