yamacoのぼちぼちなブログ

F1もインディも!のつもりですが、琢磨選手のガンバリに、最近はインディ寄りに傾きつつある私…
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

SAVE JAPAN
〜今、僕たちにできる事〜
モータースポーツ大好きな人!
そうでなくても、今回の地震で何かをしたいと思ってる人。
ご協力お願いします!!

SAVE JAPAN バナー

脇阪寿一選手が自ら発起人となり立ち上げた、地震被害に対する義援金募集サイトです。
小林可夢偉選手をはじめ、多くのモーターレーシングに関わる人々、ファンの方まで多数の方々が協力されています。

事の始まりから、ツイッターでつぶさに見てきました。
寿一選手の心意気、行動力、人脈のなせる業に、感動しました。
もちろん、サイトの意義が一番です。


LINKS
Blog People エリア
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
SEARCH
メールフォーム to yamaco
<< ポルノグラフィティ、祝!デビュー10周年! | main | 09年 F1第13戦 イタリアGP 決勝 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
09年 F1第13戦 イタリアGP 1・2日目
遅ればせながら、イタリアGP予選までを…
フィジケラがバドエルに代わりフェラーリへ電撃移籍。
フェラーリのお膝元モンツァ、ティフォシの前でイタリア人のフェラーリドライバーとして初お目見え。
フィジコのいたフォースインディアのシートには、リザーブだったビタントニオ・リウッツィ(これまたイタリアン)が、2年ぶりにF1レースに帰ってきました。

そして始まった、イタリアGP、予選結果は…
メルセデスエンジンが、上位7台中6台を占めると言う、えらいこっちゃ!な事態に。
フォースインディアのスーティルが2位、前戦フィジコのPPに続いてフロントロー獲得!

期待のフィジコは、フリー走行3回目でクラッシュ、予選は14位。
バドエルとはひと味違う所を発揮したものの、慣れないマシンに手こずってる?
代わったリウッツィが7位、フォースインディアはやはり上り調子。
何とも皮肉な結果になってしまいました。
フリー走行各セッションの結果は   →1回目  2回目  3回目Yahoo!Formula1
1回目では、マクラーレンが1-2!
単純かつストレートが多いモンツァでは、KERS勢が有利そう?と感じさせました。

2回目と3回目のトップタイムは、フォースインディアのスーティル!!
1回目だって、マクラーレンに続き3番タイムだったんですよね。
久々にF1復帰の色男、トニオ・リウッツイも回が進むごとに順位アップ、16→12→7位。
前戦からの好調が続いてる訳で、この速さは本物なんですね。

一方、そのフォースインディアにPPと表彰台をプレゼントし、フェラーリへと移籍したフィジコ。
マッサの代わりに、今季の残り5戦を戦うわけですが…
1回目は8位、ライコネンを上回って「これは!」と思わせたものの、2回目、3回目と最下位。
3回目にはクラッシュを喫してしまい、ちょっとしんどいのかな〜、とも。

ベッテルが残りエンジン数が少ないため、走行が制限されてるのは周知の通りですが、時間つぶしのため、クロスワードや数独をしていたそうです。
あくまでも、メディアへのサービスのようですが、辛い。


公式予選 →結果(同じくYahoo!Formula1
Q1では、ライコネンがトップ通過。
ノックアウトは、上から順に、グロック、一貴君、ロズベルグ、ブエミ、アルグエルスアリ。
トゥルーリが15位ギリギリ通過…と言う事は、
トロ・ロッソ→ウイリアムズ→トヨタと、ご丁寧に2台づつ並んでしまいました(汗)
ロズベルグでもダメだなんて、トヨタエンジン、モンツァによっぽど合わへんのかな?
前回のスパでも、ヤルノが「トップスピードが足りない」と、レース中に言ってましたが、今回もその傾向が続いてるんでしょうか?
大幅にアップデート、と聞いていたのですが。

Q2は、バトンがトップタイム。
バリチェロが1分22秒台に最初に入れましたが、バトンとハミルトンが上回りました。
Q3に行くには、1分23秒前半が必至、の激しい戦いに。

BMWの2台が、ほぼ時を同じくして、エンジントラブルで脱落。
まずハイドフェルドが壊れ、終了間際にクビサも…両方とも、新品エンジンだったそうです。
クビサはこれで、今季の8基を使い切ってしまったそうで、残りのレースを中古で戦うか、新しく9基目をおろすならば、10位降格を受けなければならないそうです。
レッドブル勢の影で、BMWも意外に壊れてたんだ…ニックも新品は、残り1基らしい。

ならば、13位は大丈夫やろ?と思われたフィジコでしたが、クビサを抜けずに14位。
12位グロージャン、11位にヤルノさん。
慣れないマシンはやはり苦しいか?それとも…F60って運転しにくいの?
序盤、マッサもライコネンも手こずってたし、バドエルも責められへん?

Q3に進んだのは、マクラーレン、レッドブル、ブラウンGP、フォースインティア各2台とライコネン、アロンソ。
タイムシートのカーナンバー、20、21,22、23と並ぶと「大きい番号ばっかやなぁ」
ところが彼ら、セッションの半分近く出てこなかった…
後半に、もしかしたら一発勝負か?

ライコネンorハミルトンで決まりそうや奈〜と思ってたら、スーティルがラストアタックで一番上に!
フォースインディア、2戦連続PPやん!と驚いてたら、最後の最後にハミルトンが上回る。
残念ながら2番手だけど、フロントロー獲得って、ホンマ速うなりやしたなぁ。

以下、ライコネン、コバライネン、バリチェロ、バトン、リウッツイ、アロンソ、ベッテル、ウェーバー。
横のコメンタリーに「上位7台中6台がメルセデスエンジンです!」
ホンマや〜、全然気付いてへんかったわ。
スーティルが、前後完璧にKERSに囲まれてるし…スタート、どないなるんやろ?

今回の燃料等裁量は…
→「F1イタリアGP:予選後の全F1マシンの燃料搭載量」(F1-Gate.com)
トップ3が軽タンで2ストップ、4位コバライネン以下は1ストップ可能ですね。
コバライネンがスーティルの前に出られたら、ハミルトンの援護に回れそう。
今回ルノーもKERS持ちなので、8位アロンソもブラウンGPに襲い掛かるかも?

ちなみにF1-Gete.comさん、今回この記事の一番下に「予選結果によるマシンのポテンシャルトップ10」の表を、最初載せてらっしゃったんですが(私が今まで気付かなかっただけ?現在は削除されてます)、見事当たってました。

イタリアGPのF速予想は、1-2-3位の表彰台予想でして、私の予想は…
「ハミルトン-ライコネン-バリチェロ」なんですね〜!
当たるといいなぁ、と願いつつ、決勝を観戦する事になりました。
P.S 予想の記事と言い訳は、別に書きまする〜
| yamaco | F1グランプリ | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://yamaco-bochi2.jugem.jp/trackback/629