yamacoのぼちぼちなブログ

F1もインディも!のつもりですが、琢磨選手のガンバリに、最近はインディ寄りに傾きつつある私…
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

SAVE JAPAN
〜今、僕たちにできる事〜
モータースポーツ大好きな人!
そうでなくても、今回の地震で何かをしたいと思ってる人。
ご協力お願いします!!

SAVE JAPAN バナー

脇阪寿一選手が自ら発起人となり立ち上げた、地震被害に対する義援金募集サイトです。
小林可夢偉選手をはじめ、多くのモーターレーシングに関わる人々、ファンの方まで多数の方々が協力されています。

事の始まりから、ツイッターでつぶさに見てきました。
寿一選手の心意気、行動力、人脈のなせる業に、感動しました。
もちろん、サイトの意義が一番です。


LINKS
Blog People エリア
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
SEARCH
メールフォーム to yamaco
<< 順位予想:イタリアGP復習&シンガポールGP | main | 09年 F1第14戦 シンガポールGP 決勝 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
09年 F1第14戦 シンガポールGP 1・2日目
早いもので今年のF1も14戦目、シンガポールGPを迎えました。
1年前「ナイトレースなんて大丈夫かいな〜」と心配してたのが、嘘のようです。

その時のピケJrのクラッシュが、故意だったとして大騒動となり「クラッシュゲート」に発展。
今年のGP前に「有罪」の判定が下りました。
ルノーチームには永久資格停止、但し2年間の執行猶予付き
ブリアトーレには永久の、シモンズには5年間のモータースポーツ界追放
の厳罰が科されました。
それを受けて、新代表にボブ・ベル氏が就任するも、メインスポンサーだったINGと、ムチュア・マドリレーニャが即時撤退を発表し、ルノーのマシンは寂しげな印象に。
1年経ってこの変わり様、身から出たサビなんでしょうが、なんともねぇ…
フリー1で、因縁めいたクラッシュも起こったりもして、泣きっ面にハチですね。

予選の結果、ハミルトン(24)がポールを獲得。
2位にベッテル(22)、3位にはロズベルグ(24)と、ヤングマンのトップ3です!
2戦前のベルギーGP(→その時の記事と写真:09/8/30分)、フィジケラ、トゥルーリ、ハイドフェルドの平均年齢34.3才とは、180度変わって、平均年齢23.3才の若々しい顔ぶれとなりました!
■フリー走行1回目 →結果&経過(Yahoo!Formula1、以下同じ)
バリチェロ&バトンのブラウンGPが1-2、モンツァの勢いそのまんま?
3位ウェーバーに5位ベッテルと、レッドブルもココ数戦よりは良さそう、アップデート成功か?
間の4位に挟まってるのが、昨年の覇者、アロンソ!なんかやってくれそうな気が。

そのアロンソのチームメイト、グロージャンが、去年ピケJrがわざとぶつかったあのターン17で、クラッシュ!!
会場騒然となったそうな…初めてのコースなんで、わざとではないでしょうが。
GP前の食中毒(回復したけど)、因縁の場所でクラッシュなんて…
まさか、ピケの呪い?

■フリー走行2回目 →結果&経過
ベッテルがトップタイム。
今回は、走行制限がかかっていないのか距離を走っていますね。
同僚ウェーバーが最終コーナーでクラッシュ、1回目同様赤旗中断に。

アロンソ、コバライネン、ハイドフェルド、そしてポイントリーダーのバトンが5番手。
前回、前々回と大活躍のフォースインディアは、スーティルが暫定トップを刻むも、10位がやっと。
高速コースから一転、市街地では特性が合わないようですね。

■フリー走行3回目 →結果&経過
今リンク貼るために結果を見て、予選と同じトップ3やったんや、と気付きました。
コース幅が狭いため、渋滞にかかるとクリアラップが取れないのは各車一緒ですが…
フリー走行を通して、マクラーレンの2台、ベッテル、ロズベルグとBMW勢が良いようです。
ブラウンGP、特にバトンの14番タイムはどうしたの?

■公式予選 →結果&経過
ライブタイミング見てましたので、その時思ったことなどを…
●第1ピリオド
16〜20位の順に、
スーティル、アルグエルスアリ、フィジケラ、グロージャン、リウッツイが脱落。
フォースインディアが戻ってきてしまいました…
あと、新人2名と、マシン乗り換えフィジコ&F1復帰リウッツイの4名が脱落。
フィジコ以外は初挑戦のコース、しかもナイトレースなので厳しいか?
F60って絶対運転しにくいんや…バドエルのように、ぶっちぎりの最下位にならぬだけ、フィジコの方が上なんでしょうね。

トップはハミルトン、Q1唯一1分46秒台でした。
ノックアウト、15位と16位の境目は、1分48秒を切れたか(1分47秒台だったか)の争いでした。
私のF速予想、8位のブエミがQ2へ進出、エエで!

●第2ピリオド
さすがに激しい争い!
トップ10と11位の境目が、今度は1分46秒台に入れられたか、になりました。
11〜15位は、一貴君、バトン、ライコネン、ブエミ、トゥルーリ。
一貴君は、1分46秒台まで0.014秒、10位コバライネンとは0.171秒差、惜しかった…
ヤルノさん、今回あんまり速くないなぁ、グロック上に行ったのに。

驚きは、ポイントトップで前回2位のバトンと、3位のライコネンが揃って敗退。
バトン、ちょっとしんどいですね。レッドブルが前になっちゃうと。

●最終ピリオド
残り30秒ぐらいで、そしてに!
誰なんや〜、と思うとバリチェロがクラッシュ!!
残り26秒で時計が止まってしまいました。
彼も含めて皆、ラストアタックを始めた所での赤旗、中断。
この時点で、予選グリッドは決定してしまいました…

バリチェロは怪我なく、無事に車から出たのは良かったです。
ですが、ベッテルはセクターのトップタイムを更新しておりましたし、ロズベルグ、ウェーバーも自己ベストを更新しながら走ってたから、彼らにとっては、残念な幕切れとなってしまいました。
もしかしたら、この3人の中からポールが出るんじゃないか、と期待して見てたんで…

結果、最初からトップタイムのハミルトンがPP、2戦連続となります。
2位ベッテル、3位にロズベルグ!
おおっ、F速予想的に、ニコガいい位置に来ましたね〜
前はKERSがあるけど関係ない、1年前より上に行っちゃえ!

4位ウェーバーで、5位がバリチェロ。
クラッシュしてもこの位置、かなり攻め込んでタイム削ってたんでしょうね。
だけど、ココ数戦不安だったギアボックスを遂に交換、5位降格処分で10番手に。

6位アロンソ、7位グロックと来て、8位クビサ、9位ハイドフェルドのBMW勢。
この辺りの人たちは、隙あらば上位に来そうですね。
特に、混乱すり抜け上手のハイドフェルドが、注目かも?
10位には、私の予想5位のコバライネン、頑張ってくださいな!
彼らは、バリチェロの降格で各々1位ずつ繰り上がり。


さてさて、毎度の予選後のマシン重量と1回目ピットイン予想を。
今回はF1-Gate.comさんと、F1速報-エフソク編集部だよりさんより引っ張ってみましょうか。
→F1シンガポールGP:予選後の全F1マシンの燃料搭載量(F1-Gate.com)
→【シンガポールGP】車両重量&決勝1回目ピット周回数予想(F1速報-エフソク編集部だより)

最軽量がハイドフェルド、最重量はスーティルですね。
トップ10を見てみると、マクラーレン、結構しっかり積んでいたんですね。
2位のベッテルはハイドフェルドに次ぐ軽さ、おおよそ4周分の差があるようです。
3位ロズベルグと4位ウェーバーはその間となっています。
これはKERSがある分、ハミルトンが有利かな〜?

後方は1ストップか可能ですが、おそらくSCカーがあると思うので(わざとはアカンで!)、昨年のアロンソのような結果が生まれるかもしれませんね。
今回は、F速予想でも1位に据えた、ニコに期待しようと思っています!
| yamaco | F1グランプリ | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://yamaco-bochi2.jugem.jp/trackback/634