yamacoのぼちぼちなブログ

F1もインディも!のつもりですが、琢磨選手のガンバリに、最近はインディ寄りに傾きつつある私…
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

SAVE JAPAN
〜今、僕たちにできる事〜
モータースポーツ大好きな人!
そうでなくても、今回の地震で何かをしたいと思ってる人。
ご協力お願いします!!

SAVE JAPAN バナー

脇阪寿一選手が自ら発起人となり立ち上げた、地震被害に対する義援金募集サイトです。
小林可夢偉選手をはじめ、多くのモーターレーシングに関わる人々、ファンの方まで多数の方々が協力されています。

事の始まりから、ツイッターでつぶさに見てきました。
寿一選手の心意気、行動力、人脈のなせる業に、感動しました。
もちろん、サイトの意義が一番です。


LINKS
Blog People エリア
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
SEARCH
メールフォーム to yamaco
<< 09年 F1第14戦 シンガポールGP 1・2日目 | main | 2009年F1タイトル争いのゆくえは?〜日本GP前版 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
09年 F1第14戦 シンガポールGP 決勝
2回目のナイトレース決勝は、ハミルトンのポールtoウイン!
危なげないレース運びで、今季2勝目をあげました。

予選上位陣、レッドブルの2台とロズベルグがペナルティやトラブルで自滅する中、
2位には、トヨタのグロック!
チームも彼も今季の最高位を獲得し、日本GPに向け上々の前哨戦となりました。
3位は、昨年の初代ナイトレースウイナー、アロンソ。
故意クラッシュなんて関係ねぇ、と言わんばかりの、意地のルノー今季初表彰台。

一貴君は入賞手前の、今季最高タイ9位。
ポイントまで後一歩届かず、ですが母国GPにつながる頑張りを見せました。

地上波も22時放送開始だったので、息子と一緒にTV観戦しました(^^)
あれ?バリチェロ9番、一貴10番、バトン11番?なんで?
予選8番手、バリチェロ5位降格で7番グリッドだったハイドフェルドが、ピットスタート。
ギアボックス及びエンジン交換!の為だそうです。
混乱に強いニックでも、さすがにピットからではちょっと厳しそうかな…

レッドシグナル、ブラックアウト!
3番手ロズベルグが2位ベッテルを交わした!
誇りっぽいコースでは、偶数側かなり不利でしたね…
エエで、ニコ!私の予想にとってはいい感じや。
アロンソも良いスタートだったけど、コースを外れてウェーバーを抜いたので、ペナルティを避けるため、ウェーバーを先行させてるようです。

しばらく後、そのウェーバーが、4位だったはずが6位に?
今度は彼が、コースの内側に外れてアロンソを抜いたため、グロックとアロンソに譲ったようです。

「あれ?イエローフラッグ出てるで!」息子が叫ぶ。
「誰か止まったのかな?」でもその映像は入ってこない。何なん?
コース上にパーツが落ちてるのが原因で、それはクロックのマシンから外れたモノ。
(リプレイで筒状のモノが外れて飛んで、偶然にキレイに立った?様に見えたが(^^ゞ)
レース中なので、断続的にマシンがやって来るから、取り除けないみたいで…
このままイエローが続くと、オーバーテイク出来なくないかい?
「そのうち、チームやドライバーから文句出そうやな」

数周後、コースマーシャルさんによって、そのパーツは拾われ…
マーシャルさんも命がけですよね、無事で良かった、ありがとう!
イエローフラッグ、ようやく消えました。

ベッテルが18周目に、ロズベルグが19周目にピットイン。
ロズベルグ焦ったか、ピット出口の縁石をまたいでしまい、ホワイトラインの外へ!
慌てて戻ったけど、これって、ホワイトラインカットの違反になるやんね?
ピット出口〜白線のある区間、普通のサーキットより狭い気がするんですが…
ロズベルグ動転してるのか、ピットアウト後のコーナーで壁ギリギリで当たりそうに。

次の周にハミルトンがピットイン。きちんとこなして1位キープ。
ロズベルグには、ピットスルーのペナルティが発令、やっぱりねぇ…
その刹那。

スーティルとハイドフェルドが接触、コースにパーツが散乱しSCカー出動。
スーティルがアルグエルスアリに仕掛けたものの失敗し、スピン。
動き出そうとした所へ、ハイドフェルドがやって来て、フロント部分が接触。
フォースインディアのノーズコーンが飛ばされる程の激しさ。
ハイドフェルドもレーシングスピードだし、スーティルが止まった位置も位置だし、防ぎようがなかったんじゃないのかな〜
スーティルは去年も、シンガポールでは壁にクラッシュしてリタイアしてたと思うんですが…あまり相性良くないですね。
この事故はレース後審議の対象に、スーティルに罰金が言い渡されたそうです。

SCカーランが始まり、ロズベルグは2番手、「ペナルティ済ませたんやろか?」
もしSCカーが入る前に済んでいたなら、被害は最小限やし、リスタートでチャンスも巡ってくるのに…タイミングが合わなかったようですね。
SCカーの間にピットスルーは、違反になる可能性もあり、そのまま走行。

その頃ピットでは続々と1回目を済ませようとマシンが入ってくる。
アルグエルスアリが焦ったか、給油ホースをつけたまま発進しかかる!
ロリポップより早く出たような…給油のクルーが、2人ほど倒れたみたい。
去年のマッサのように、引きちぎらなくて良かったが、危なかった。

SCカーが外れてレース再開、ロズベルグがまだピットに向かわない。
去年も同じ状況で、ピットインを遅らせて2位になったので、再現を狙ってるのか?
少しでも有利な状況を探ってるようですが、去年は批判を浴びたようで、数周後には、ピットスルーでペナをこなしました…14位に後退、私の1位予想は、残念ながらムリそうに。

これでトップ3は、ハミルトン、ベッテル、グロックに。
ところが2回目のピットインで、ベッテルがスピード違反で、ピットスルーペナルティ!
ロズベルグだけでなく、ベッテルまでも…ついてないですねぇ。
ハミルトン、メッチャ楽になった、そしてグロックが2位!
ベッテルはペナを受けて、3位アロンソの後ろ、4位になってしまいました。
ハミルトンに迫るペースで走ってたのに、縁石に当たりマシンフロアが壊れるわ、右ミラーが吹っ飛ぶわと、散々な目に遭ってしまうベッテル君…

同僚ウェーバーは、ブレーキのトラブルでタイやバリアにクラッシュ、リタイア。
この瞬間、彼のチャンピオン争い脱落が決定。

CM明け、ブエミがヘルメットを脱ぐ映像が。
アルグエルスアリと共に、リタイアしてしまったようです。
8位予想も消えたか…残るは5位、コバライネンのみ。

残り10周で、バトンがピットイン、バリチェロの前に出る。
バリチェロは燃料が余った状態で2回目ピットだったため、その間にバトンがプッシュして、ショートストップピットで逆転したようです。
ただ、バトンはブレーキが痛んでるようで、バリチェロにも知らされてるようです。
ポイント争いのチームメイト同士、遠慮は無し、なんでしょうか?

一貴君9番手、前のクビサを捕まえられれば、今季初ポイントなんですが…
後ろから、KERS搭載のライコネンが…彼の方がペースが良さそう。
クビサに追いつくより、防戦がやっとの感じ、踏ん張れ!

そしてトップのハミルトンがチェッカーを受け、今季2勝目。
直接のライバル達の自滅に助けられましたが、燃料セーブのためKERS使用を控える余裕があるほど、完璧にレースをコントロールしてましたね。

2位にはグロック、トヨタチーム&彼自身の今季最高位。
昨年のハンガリーGP、2位のタイ記録で、今季2度目の表彰台となりました。
私、市街地コースは今季のトヨタではダメだ、と思ってました…すみません。
ヤルノさんは全くその通りだったのですが(もっと速く〜、と言ってました)、
ティモはフリーから調子良かったし、パーツが外れるアクシデントがあったのに、良く頑張ったと思います。
日本GPに向け、士気が上がる事でしょうね!

3位アロンソ、さすが去年の覇者ですね。
昨年チームが犯した罪は忘れ去りたいでしょうし、俺は実力で勝ったんだ、と言う事を自分の走りで証明したような気がします。

4位ベッテル、スピード違反がなければ、表彰台は確実だったでしょう。
選手権にとっても、痛いミスとなってしましました。
中盤ではハミルトンに迫る場面もあっただけに、もったいなかった。

ベッテルの後塵を拝しましたが、バトンが5位、バリチェロ6位。
真ん中のスタートからきっちり入賞、コンスト争いのポイントを積み上げました。
ウェーバーのリタイアで、レッドブルとの差は42.5ポイント、かなり有利になりましたね。
同僚同士のタイトル争いは、鈴鹿でも続きます…
個人的にはバリチェロに頑張ってもらって、去年、一昨年のように最終戦までタイトル争いを演じて欲しいなぁ、なんて思ってます。。

コバライネン、予想5位にしてたので、7位はちょっと…頑張って欲しかった。
8位クビサまでがポイント、一貴君あと一歩の9位、惜しい。
ライコネンをしのぎきったのだから、次の鈴鹿、頑張るんやで!

ライコネンを持ってして10位、予選が悪ければフェラーリでもしんどい。
フィジコも13位、開発が止まってるのが影響してる?

1位に予想したロズベルグでしたが…ホワイトラインに泣きました。
あそこまでは、ものすごく良かっただけに、残念です。

やっとトゥルーリ、12位。
私の思い込みは、貴方のみにはまってしまいました…次、頑張って!


きらびやかで、危険なナイトレースが終わり、遂に日本GP。
3年ぶりの鈴鹿へ帰ってきます。
もしかしたら、タイトルが決まる可能性もあります。
現地に行けないのは残念ですが、楽しみに待ちたいと思います。
| yamaco | F1グランプリ | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
303 (2009/09/30 11:36 PM)
ご無沙汰いたしております。
シンガポール、もうウィリアムズにとっては最悪のGPでした。
スタートで2位に上がって1回目のピットストップまでは良かったんですけどね。
ホワイトライン跨ぎはニコには珍しいミスでしたね。
一貴君ももう一つ、何かが足りないままでしたね。
ピットのタイミングが悪かったようで…。
でも、マシンの感覚は良いとのことなにで、鈴鹿に期待ですね。

私は明日、現地に出発します。
随時記事にできればと思っていますので、もしよろしければ”あまり期待をせずに”覗いてみてください。
yamaco (2009/10/02 6:29 AM)
303さん、お久しぶりです。
コメントありがとうございますm(__)m

私もニコを1位に予想してたんで、予選〜1回目のピットインまでは、「このまま行けば初優勝かも?」と、超期待してました。
ピット出口で、縁石を超えた時は「アッ、ヤバい(汗)」と思いました…ホント、彼にしては珍しいですよね。
一貴君ももう少しでしたし、鈴鹿では一丁やってくれるんじゃないか、と。

3年ぶりの鈴鹿、気をつけて行ってらっしゃいませ!
雨が心配ですね。
対策を万全に、時期柄、体調を崩されない様に…

私、今年はそちらに行けないので、現地取材を「期待して」見させて頂きますね(o゚▽゚)o









url: http://yamaco-bochi2.jugem.jp/trackback/635