yamacoのぼちぼちなブログ

F1もインディも!のつもりですが、琢磨選手のガンバリに、最近はインディ寄りに傾きつつある私…
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

SAVE JAPAN
〜今、僕たちにできる事〜
モータースポーツ大好きな人!
そうでなくても、今回の地震で何かをしたいと思ってる人。
ご協力お願いします!!

SAVE JAPAN バナー

脇阪寿一選手が自ら発起人となり立ち上げた、地震被害に対する義援金募集サイトです。
小林可夢偉選手をはじめ、多くのモーターレーシングに関わる人々、ファンの方まで多数の方々が協力されています。

事の始まりから、ツイッターでつぶさに見てきました。
寿一選手の心意気、行動力、人脈のなせる業に、感動しました。
もちろん、サイトの意義が一番です。


LINKS
Blog People エリア
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
SEARCH
メールフォーム to yamaco
<< 日本GP 正式スターティンググリッド | main | 09年 F1第15戦 日本GP 決勝 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
F1日本GP終了!
ベッテル、ポールtoウイン!トゥルーリ2位!!
3年ぶり鈴鹿での日本GP、たった今、終わりました。
セバスチャン・ベッテルが、アッパレのポールtoウインで、今季3勝目を飾りました。

2位には、トヨタのトゥルーリが、チームの母国で初の表彰台ゲット!!
スタートはKERS持ちのマクラーレン、ハミルトンに抜かれてしまったけど。
2回目のピットで鮮やかに逆転!
セーフティカーの危機も乗り越えて、2位を守りきりました。

3位にはそのハミルトン。
表彰台には、鈴鹿初挑戦の若者が2人、F1の新時代を感じました。

私、TVの前で、ヤルノTシャツを着て応援しておりました(^^ゞ
ピットで逆転の瞬間、ガッツポーズ(o゚▽゚)o と、感動の涙でしたねヽ(〜〜。)
今日の記事は「いち・ヤルノ・ファン」として、思ったことを書きます!
レース全体については、また別に!
スタート前…
トヨタのピットでは、昨日の予選Q2で大クラッシュを喫し、決勝の出走を見送ったグロックが、笑顔でカメラに手を振るシーンが映りました。
足には、青いサポーター?(ギプスではないやんね?)が巻かれてて、チームの人が書いたのか、何か文字が映ってる…そのサポーターを指さす、ティモ。
金曜日から風邪と高熱で走れなかった所から、決勝も欠場と、本人はきっと辛いでしょう。
その分、ヤルノにメッチャ頑張って頂かへんと!

フォーメーションラップが終わり、シグナル、オールレッド、ブラックアウト!
出だしは悪くない!けど、やっぱり3位のハミルトンが外から伸びてくる。
頼む、そのまま耐えて〜汽魁璽福爾3いて通過。
ライコネンも心配だったが、ハイドフェルドが封じてくれた、助かった〜。
ベルギーGPの時は、スタートミス→接触で順位を落としたので、二の舞にならず良かった。

ハミルトンに抜かれるのは仕方ない、ここから離されぬように付いていかねば。
一瞬、ハイドフェルド、ライコネンが近づくシーンがあり「大丈夫なん?」
心配は不要でした、徐々に間が広がってく。
2位のルイスとの間も、2秒台を保ち、食い下がってる。
ベッテル、超速いっ!どんどん逃げてくよぉ〜

予選後の重量では(→F1-Gate.comの記事「F1日本GP:予選後の全F1マシンの燃料搭載量」 )ルイスよりヤルノの方が、ピットインが先だと思われていたんですが…トヨタとマクラーレン、同時にピットインの準備。
そして先に入ったのは、なんとハミルトン!

もしかしてコレは、トヨタのカモフラージュ作戦か?
いずれにせよ、ヤルノにはチャンス!軽タンで飛ばして、ピットで逆転を!
と願ったんですが…
ヤルノのタイムが縮まらず、ルイスがソフトタイヤを選択して、わずかの差で逆転ならず、残念。

その後のスティントは、再び2秒の差で走行を続ける。
マクラーレンからルイスに「トゥルーリとの差を3秒に広げよ!」とゲキが飛ぶ。
それは困るんですが…だんだん、そのとおりになっていく。
ちょっとヤバいかなぁ、と一瞬気になる。

ハミルトンが2回目のピットへ向かう前ぐらいから、1分34秒台だったタイムが33秒台に上がってきた、と解説の右京さんのコメント、さあ、ルイスがピットへ向かった!
マクラーレンピットは、短いストップでルイスを送り出したで!

ヤルノ、ココで頑張らないと!
自己ベストを更新しながら、ヤルノはピットへ。
トヨタチームも負けてない!同じ6秒台で、ヤルノをリリース!
1コーナーへ向かう、銀色のマシンより先に、紅白のマシンが1コーナーに飛び込んだ!
「よっしゃぁ、やったでぇ、ヤルノぉ!」思わずガッツポーズ(o゚▽゚)o
そして、スタンドのどよめき、チームクルーの喜びのシーンに、思わず感動してしもうて…
涙がどぉぉ〜っと、出て参りました。
今日一番の、そして日本GPだからこその、感動的な場面でした!

でも油断しちゃいけない、ルイス×マクラーレンには、KERSがある。
第2セクターでは、それが有利に働くから、詰められないように第汽札ターでタイムを削る。
必死の攻防になりそうやな、と思っていると。

黄旗の提示!アルグエルスアリが130Rで、結構なクラッシュ。
フロントウイングは吹っ飛び、左前タイヤはコロコロと転がってる…
リプレイを見ると、スピンして、発泡スチロールの看板を突き破って、タイヤバリアに。
スピンした時に空中に浮き上がってるので、300キロ超のままクラッシュ、と解説陣。
幸い本人はマシンから脱出、自力で歩けて、ホント無事で何よりです。
(後で、念のために救急車に乗ってましたが、手を振ってたので良かった)

タイヤバリアが変形するほどの激しさと、パーツの飛び散りでSCカーが…
残り8周(?か7周)で、タイヤバリアを修復しないといけないので、ちょっと長引くとこのまま終わる可能性も含みながら、SCカーランが続く。
ちょっと不安やなぁ〜、確かに、ベッテルとの差が詰まって近づくチャンスやけど。
後ろにはルイス、オマケにその後ろに、同じKERSのライコネンと並んでる。
SCカーが外れた時に、KERSでやられるのは、一番困るやん。

ところが、ルイスが無線で「KERSの調子が良くない」
これはラッキーかもしれませんよ〜
数周後タイヤバリアは直され(マーシャルさん、素早い作業をありがとう)、レース、リスタート。
一瞬ヤルノのスタートが、ベッテルより遅く「ヤバい、もう少し付いてかないと}
後ろのルイスは、言葉どおりにKERSが不発で、助かった…ライコネンも抑えてくれたし。

ベッテルとの間に、グロージャンが挟まってて「早く退いて〜、後ろが来る」
無事に交わし、また前を追い始める。
解説陣が「ベッテルのエンジンは不安ですから、まだ何かあるかも?」
その言葉、複雑ですぅ、なぜかと言うと…
私のF速予想の1位が、ベッテルだからなんですね。
あんまり、やんや言わないで欲しいわぁ、と思ってしまいました。
私も、ヤルノには優勝して欲しい、でも1ポイントも欲しい、と両方で揺れ動いてました。

レースはこのまま終了。
ベッテルはホンマに速かったです、文句なしの完勝ですわ!
無線で叫んでる姿は、まだ22才の若者らしくて、エエですねぇ。

ヤルノさんは、1台きりのレースを、2位表彰台で走りきりました。
本当にお疲れ様!
期待、不安、色々な心理状態が入り混じったと思います。
グロックの分も、良く頑張ってくれました。

マシンを降りたとき、一瞬せつない表情をしてましたね。
心底、チームの地元で勝ちたかった、と言う気持ちが伝わってきました。
軽タンで挑んだ、ポールを獲りに行った予選が決まっていれば、と言う残念な部分はありますが、一旦はKERSに奪われた2位を、力走で取り戻したのだから、充分だと思います。
表彰台で、優勝のベッテルより、歓声が大きかったのが、何よりの証拠。
胸を張って、日本を旅立ってください。
感動をありがとう(^^)

以下は、レース記事に譲ります。
トヨタ&ヤルノには、まだ今季、残り2戦のチャンスがあります。
この調子を維持して、この悔しさをバネにして、頑張って欲しいと思います。
| yamaco | F1グランプリ | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
ハルイチ (2009/10/05 9:59 PM)
ヤルノさん、頑張ってくれましたね〜。
サーキットもハミルトンを抜いた時、もの凄く盛り上がりましたよ。
やっぱり彼は人気がありますね。
そしてこの大舞台でこの活躍は、男を上げたと思います。
残り2戦で優勝を狙ってほしいです。
yamaco (2009/10/06 4:10 PM)
ハルイチさん、現地観戦お疲れ様でした(^_^)/~
ピット逆転の瞬間は、TVの前で私も大興奮でした。
サーキットの歓声の凄さ、TV越しでもヒシヒシと伝わって来ましたよ。
その後、トヨタピットの嬉しそうな場面が映されて、本当に感動してしまいました。

ヤルノは「何かの、誰かのために」良い結果をを捧げるレースが何度かあり、この日本GPもそんなレースのひとつになりました。
もう1つ上だったら最高でしたが、良く頑張ってくれたと思います。

2日過ぎて「やっぱり現地で見たかったな〜」と言う思いが。
トヨタ×ヤルノ、たぶん今年限り?なんで…
残りは2戦、ぜひ優勝を!
303 (2009/10/06 9:59 PM)
遅くなりました(汗)
ヤルノ、凄かったですよね。
スタートはKERSのハミルトンがやはり有利でしたね。
表彰台圏内を走っていたので3位は大丈夫だろうと思っていました。
でも2回目のピットではサーキット全体が盛り上がりました。
予選でもトヨタ、ヤルノはギリギリまでタイヤを温めて、残り時間3秒でコントロールラインを通過するなど、見せ場を作ってくれていました。
そういう意味では今回の鈴鹿はトヨタ、ヤルノが光っていたと思います。
ベッテルの独走は手がつけられない状態ではありましたが、価値のある母国2位でしたね。
残り2戦も期待しても良いと思います。
yamaco (2009/10/06 10:37 PM)
303さんも、現地観戦お疲れ様でした(^_^)/~
全然遅くないです〜
お疲れのところ、ありがとうございますm(__)m

予選はLTも見られず、地上波も赤旗の影響で最後まで見ていないので…ヤルノの2位は、そうだったんですか!
グロック負傷で大変なプレッシャーの中、集中して獲ったフロントローやったんですね。
さすがは現地情報、ありがとうです!

スタートで3位キープ出来たのが一番良かったです、ベルギーGPの時は失敗したから…
ピットでハミルトンを抜いた時は、本当に感動しました。
後ろがKERSのマクラーレン、フェラーリだったので、SCカーの後は超不安でしたが、守りきって2位ゴール。
チーム母国で上々の結果は、本当に良くやってくれたと思います。

ベッテルはホンマに速かった!
一人だけ別次元、悠々走ってた感じが。
22才やけど、貫禄のポールtoウインでした。
彼の優勝でタイトル争いも面白くなりましたし、残り2戦も楽しみです。

皆さんの記事を見ていると、来年は…
鈴鹿で現地観戦、したいなぁ〜、と今メッチャ思ってます。









url: http://yamaco-bochi2.jugem.jp/trackback/641