yamacoのぼちぼちなブログ

F1もインディも!のつもりですが、琢磨選手のガンバリに、最近はインディ寄りに傾きつつある私…
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

SAVE JAPAN
〜今、僕たちにできる事〜
モータースポーツ大好きな人!
そうでなくても、今回の地震で何かをしたいと思ってる人。
ご協力お願いします!!

SAVE JAPAN バナー

脇阪寿一選手が自ら発起人となり立ち上げた、地震被害に対する義援金募集サイトです。
小林可夢偉選手をはじめ、多くのモーターレーシングに関わる人々、ファンの方まで多数の方々が協力されています。

事の始まりから、ツイッターでつぶさに見てきました。
寿一選手の心意気、行動力、人脈のなせる業に、感動しました。
もちろん、サイトの意義が一番です。


LINKS
Blog People エリア
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
SEARCH
メールフォーム to yamaco
<< PCが復活しました〜 | main | 今年最初の順位予想報告 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
2010年 F1開幕戦 バーレーンGP
シューマッハの復帰、可夢偉のフル参戦、新しい3チーム。
給油がなくなり、新たなポイントシステムに移行。
大きな変化、予測が難しそうな、2010年のF1シーズンが開幕しました。

予選でPPを獲ったのは、レッドブルのベッテル、でしたが…
決勝はマシントラブルに泣き、優勝は、フェラーリのアロンソ!
移籍しょっぱなの初勝利、06年以来のチャンプにむけて、好スタートを切りました。
2位には、昨年の大事故から復帰のマッサ、フェラーリ1-2は久しぶり。
3位には手堅くハミルトン。

復活の皇帝シューマッハは6位。
唯一の日本人、小林可夢偉はリタイアしてしまいました。
アロンソはやはり速いんや。
改めて感じさせられた、移籍すぐの優勝。
1周目にマッサを抑えきった事、落ち着いた走りで勝ちをつかみました。
2007年のライコネンを思い出しました…
キミも移籍初戦で優勝、そして最後の最後に王者になりました。
アロンソの3度目の正直、ありえるかもしれませんよ。

マッサもスタートでこそ負けたが、見事に2位フィニッシュ。
あの大事故、リハビリから、復帰初戦でこの結果。
彼のタフさはすごい、と感じると同時に、今年のフェラーリはかなり速い、と思わされた1-2フィニッシュでありました。

3位ハミルトン×マクラーレン。
開幕直前テストでの好調さを、証明した形です。
ディフューザーがどうこう言われてますが…
やはり古豪マクラーレン、フェラーリと並び立つチームです。
バトンはまだマシンに慣れていないのかな?

4位ベッテル、失速するまで、開幕戦は間違いなく彼のものでした。
このまま彼が勝って、今年は彼のシーズンか?なんて思ったりもして。
でもまた、エンジンに足を引っ張られてしまいました。
点火プラグのトラブルだそうですが、昨年同様、エンジンで苦しめられるのか?
表彰台は逃したけど、その後のリカバリーは見事なり。

5−6位はメルセデスGP、ロズベルグ&シューマッハ。
注目のミハエル氏、このGP期間中はニコに負けっぱなしでした…
ニコとしては「してやったり」でしょうね。

このまま一気に世代交代?
ミハエルご本人の仰るとおり「感覚が錆びついている」のか?
寄る年波には、勝てないのか?(気持ちはものすごくわかるで〜)
もう数戦見ないとわかりませんが…
それでも、3年ぶりに乗って6位入賞は立派、さすが皇帝やと思います。
同じアラフォーとして、やはり頑張って欲しい気持ちですね。

7位バトン、8位ウェーバーは復帰戦のシューマッハに押さえ込まれました。
格の違いを、間近で感じたかもしれません。
でも、最強時とは違う事も、気づいたかも?
昨年のチャンピオン争いした人たちですから、意地を見せて欲しかったですね。

9位リウッツイ、10位バリチェロまでがポイント獲得。
11位クビサと12位スーティルは、スタート時のウェーバーの白煙の被害者。
そこが運命の分かれ目やったんやね…

可夢偉選手は残念ながら序盤リタイア。
事前のテストではトップタイムを出したりと、ザウバーは調子良さそうに見えてたんですけど…いざバーレーンに来て、マシンが暴れまくりで、ものすごく運転しづらそうでした。
それが響いたのか、油圧系トラブルで完走ならず。
早急に対策が必要な気が。


新チームに目を向けると、
ヤルノさん&コバライネンの、ロータスコンビは完走。
(ヤルノさんは最終周にストップしたけど、完走扱い)
ヴァージンと、カンポス改めヒスパニアは、Wリタイア。

一番走り込んでたロータスが、やはり安定していてこの中では1歩リードかな?
ヴァージンは風洞なしでテストでトラブルを抱えていたし、ヒスパニアはぶっつけ本番ですから、仕方ないのかもしれません。
ブルーノのヘルメット、叔父さまが帰ってきたようで、なつかしや〜

彼らを見てると、どうしても4年前のスーパーアグリを思い出してしまいます。
1年以内の短い期間で準備して、テストも十分できず、フリー走行がテストみたいな感じなのも…最初はとやかく周りから言われるでしょうが、暖かく見守りたいと思います。


最後に、今年最初のレースを見て感じた事を。
「クルマ、多っ」
2008年途中からの20台より4台増えたので、スタート時「長いっ」と思いました。
昔は30台ってのもあったけど、久々ににぎやかな感じが。

「ピット、速っ」
給油がなくなったから、当然なんですが(^^ゞ
クルーの面々は、緊張するでしょうね。

そして、「若干退屈かも?」
可夢偉君がリタイアして、ベッテルが飛ばし始めて「ちょっと順位変わらなそうやなぁ」って思ったら…私、寝てしまってました(-_-)zzz
目が覚めたのは、ベッテルにトラブルが出た直後、アロンソに抜かれた時。
F1の神様が起こしてくれたのかな〜?

もし、点火プラグに異常が出なければ、ベッテルのポールtoウインになってた気はします。
だとしたら、今以上に「つまらない」って不満がつのってたかも?
コース上バトルが全く無かった訳ではないけど、予選順位がそのまま決勝結果になるのなら、面白みは半減しそうです…


グダグダと書いてきましたが、今年はどんなシーズンになるんでしょうね?
琢磨君はいないけど、20年超見てきてるので、やっぱり急にやめられへん(>_<)
なので、今年も懲りずにF速予想に参加しています。
別の記事にて、結果報告を。
| yamaco | F1グランプリ | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |