yamacoのぼちぼちなブログ

F1もインディも!のつもりですが、琢磨選手のガンバリに、最近はインディ寄りに傾きつつある私…
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

SAVE JAPAN
〜今、僕たちにできる事〜
モータースポーツ大好きな人!
そうでなくても、今回の地震で何かをしたいと思ってる人。
ご協力お願いします!!

SAVE JAPAN バナー

脇阪寿一選手が自ら発起人となり立ち上げた、地震被害に対する義援金募集サイトです。
小林可夢偉選手をはじめ、多くのモーターレーシングに関わる人々、ファンの方まで多数の方々が協力されています。

事の始まりから、ツイッターでつぶさに見てきました。
寿一選手の心意気、行動力、人脈のなせる業に、感動しました。
もちろん、サイトの意義が一番です。


LINKS
Blog People エリア
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
SEARCH
メールフォーム to yamaco
<< ツイッター始めました | main | 富沢祥也選手、レース中の事故で死亡 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
2010年 F1第13戦 ベルギーGP
最近はインディの記事を書いていたので、F1は久々です。
私が第5戦以降サボってしまい、GPも3週間休みで、かなり時間が飛んでしまいました。
更にベルギー終了後1週間…遅くてすみませんm(__)m

スパのレースはいつも雨に翻弄されますが、今年は金曜日からその影響が色濃く出ました。
予選はウェーバーが制し、決勝はハミルトンが優勝。
予選Q1でのミスで17位スタートの小林可夢偉は、8位入賞と今回も健闘しました。
今回が出場300戦目を迎えたバリチェロ、ベッテル、アロンソがミスで自滅、バトンがもらい事故でリタイアなど、明暗が分かれるレースになりました。
☆「明」な人たち
まずは、表彰台の3人から。
ハミルトンの勝因、スタートでトップを取れた事が、確実に効きました。
ウェーバーがストールしかけて出遅れると言うチャンスを、きちんとモノにした。
高速が得意なマクラーレンやし、視界をウォータースクリーンにさえぎられないという特等席を生かし、ミスなくきっちり走りきりました。
今季3勝目、ポイントリーダーのトップに躍り出ました。

ウェーバーは、とにかく最初のスタートミスが悔やまれる…
そこで差がつき、決勝のマシンセッティングを雨寄りにしていたのも重なり、ハミルトンには追いつけなかったけど、選手権の上での点差の広がりを最小限に食い止めました。
雨セッティングでも十分に速かったです、レッドブルは。

3位クビサ、ルノーの伸びしろは、今回一番の驚きでしたね。
Fダクトの効果が明瞭に現れた感じで、安定していたと思います。
予選Q1クラッシュで最下位、最後列スタートのペトロフも9位ですから。
5位入賞のフォースインディア(雨が得意なスーティルですが)とともに、メルセデスGPを追い越さんとする勢いですね。

そのメルセデスGPは、6位ロズベルグ&7位シューマッハとW入賞。
シューマッハは前戦ハンガリーでのバリチェロへの幅寄せで、予選順位10番降格のペナルティを受け、21位からのスタートでした。
結果として、ペトロフと同じ14位アップと、上昇率は1番だったんですね。
ただ、ロズベルグの順位をキープさせようと、抜かなかったようです。
…チームオーダーにはならないのかな?

可夢偉君は、17位スタート→8位ゴールと、ミハエル&ペトロフには及びませんでしたが、9ランクアップでフィニッシュ。
ただ、メルセデスGPには敵わなかったようで、両名に抜かれてしまいましたが…
難しいコンディションで、ポイントを得る所は、さすがの安定感です。
2戦連続、今季4回目の入賞で、来期のシートも確定?なんて話もちらほら…
当然でしょう!


★「暗」な人たち
ベッテルに当てられたバトンが、今回「一番のかわいそう」さん。
ウェーバーの出遅れで、2位ははカタイ、と思ってたのに、先を急ぎ焦ってミスしたベッテルに激突されてリタイア。
バトン自身はなぁ〜んにも悪くなかったのに、レーシングアクシデントとはいえ、悔やみきれないでしょう。

そのベッテル、今回は「バットパフォーマー」
バトンへの激突は審議の結果、ドライブするーペナルティに、その後リウッツイと接触してパンクと、天才の呼び名からは程遠い、「どないなってるん?」と言う状態。
クビサの走りに焦りを感じてたんでしょうか?
「まだ青いぶぶんがあるんやな〜」と思わざるを得ませんでした。

このGPで300回目の決勝レース出場となった、鉄人バリチェロ。
記念カラーリングで臨んだ決勝レース、雨が降り始めた1周目。
オプションタイヤのバリチェロは止まりきれず、アロンソにぶつかってリタイア。
節目を良い結果で飾れませんでしたが、まだまだ現役で頑張って欲しいです。
私ら、アラフォーにとっては、励みになりますからね。

で、当たられたアロンソは38周目にスピン、前輪サスペンション破損で脱落。
バリチェロとの接触の影響があったのかはわかりませんが…
可夢偉がなかなか抜けず、焦った末だったのかな?

バトン、ベッテル、アロンソの3人は、今回得点なし。
レースで起こった事異常に、選手権の上で、このノーポイントはかなり痛いと思います。
ハミルトンとウェーバーは1-2位で、はるか先に行ってしまったんですから。


そして…
本来なら、地道に走って4番手のマッサを、ここで書かないんですが。
グリッドについた際、指定の位置より2メートルほど前に止まっていたことが、観客がYou Tubeに投稿したビデオによって発覚!

思いっきり出てますね。
これって、違反になるんやろか〜審議はされてるようですが。

レッドブルのフレキシブルウイングが新基準で合法の判定が出たとたん、今度は負けたホーナーがマクラーレンを疑ったりと、どこまでけなし合うん?とも思ってしまいます。
はっきりした基準を決めて欲しいですね。


さて次は、9/12決勝の、イタリアGP。
真紅に染まるであろうモンツァで、フェラーリは勝てるのか?
その前に、チームオーダーの公聴会が9日にあるんですね。
どうなるんかな〜
| yamaco | F1グランプリ | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |