yamacoのぼちぼちなブログ

F1もインディも!のつもりですが、琢磨選手のガンバリに、最近はインディ寄りに傾きつつある私…
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

SAVE JAPAN
〜今、僕たちにできる事〜
モータースポーツ大好きな人!
そうでなくても、今回の地震で何かをしたいと思ってる人。
ご協力お願いします!!

SAVE JAPAN バナー

脇阪寿一選手が自ら発起人となり立ち上げた、地震被害に対する義援金募集サイトです。
小林可夢偉選手をはじめ、多くのモーターレーシングに関わる人々、ファンの方まで多数の方々が協力されています。

事の始まりから、ツイッターでつぶさに見てきました。
寿一選手の心意気、行動力、人脈のなせる業に、感動しました。
もちろん、サイトの意義が一番です。


LINKS
Blog People エリア
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
SEARCH
メールフォーム to yamaco
<< 富沢祥也選手、レース中の事故で死亡 | main | 2010年 F1第14戦 イタリアGP >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
琢磨インディカー参戦
2010年IRL第15戦 ケンタッキー
インディジャパンがすでに開幕し、マシンが走り始めてますね(汗)
私の記事は、2週間もの超遅れですが…第15戦ケンタッキー。
第13戦ソノマから続く、真夏の3週連続の最終戦。
武藤英紀選手は、マシンが苦しい中17位完走しましたが、
佐藤琢磨選手は、スタート直後にスピン、クラッシュしてリタイア。
両日本人ドライバーの母国凱旋となるインディジャパンの前哨戦で、勢いをつけたかった所でしたが、結果が伴わなかったのは、残念です。

今回、現地ではナイトレースだったため、日本時間で5日(日)の9時半スタート。
第1日曜日は、CS放送が無料で見られるので、
(左画面下半分にお試しの案内が出ていて、少し見づらいですが)
トロント以来の生中継で、見られました。
あと、初めて携帯から、レース中にツイッターをやってみました。
そのつぶやきをもとに、書いていきます。
実は、このケンタッキーの予選から、ツイッターをスタート。
ライブストリーミングを見ながら、ツイートしてました。
武藤君が、中盤まではトップタイムを維持してたんですよね。
最終的に抜かれて5位でしたが、マシンバランスが悪い中で、良くやったと思います。

琢磨は真ん中の14番手。
エド・カーペンターが初ポール・ポジションを獲得。
インディーカーシリーズは今回が200戦目の記念レースだそうです。
カーペンターの初PPは、その記念に花を添えた感じですね〜

さて、決勝の生中継は朝9時から。
予選の事や、各選手へのインタビューの他に、インディ・ライツにの話も。
「昨日の最終プラクティスで、琢磨8番手。期待〜
インディ・ライツで大クラッシュ、赤旗のがあったようなので…無事に終わってほしい
9:49 AM Sep 5th Keitai Webから」
赤旗か〜怖いなぁ、こっちでも起こらないようにして欲しいな〜特に琢磨、と思った私。


エンジンスタートの声、そして隊列を整えて、ローリングスタート、が!
「あっ、琢磨クラッシュ…私もダニカ?って思った。
多重にならなくて良かったけど、何で?マシンぐちゃぐちゃやで。
9:54 AM Sep 5th Keitai Webから」
解説陣の第一声が「ダニカか?」だったので…
私にも最初の瞬間は、#7のダニカの黄緑のマシンにに見えました。
でもカーナンバー#5…なんで、一瞬で終わってしもた(爆)

「リプレイ見ると、単独スピン→ウォールクラッシュみたい。
解説の松浦選手は琢磨のせいではない、とは言って下さってる。
カーペンター、ウェルドンに交わされた!
10:02 AM Sep 5th Keitai Webから」
「琢磨のインタビュー、リヤのグリップが無くなったとの事です。
また、スロー…やないでしょうが。武藤君は厳しそう、5位スタートが21位か…
10:12 AM Sep 5th Keitai Webから」

琢磨クラッシュ〜インタビューまでの動画

ちなみに、サイドポンツーンの「SEPT 30 2010 16:45」の意味は?
 →ロータスのページへ
(前回、書こうと思って書き損じたので…)

1-2コーナーはちゃんと走れているんですが、3コーナーで、フランキッティの後ろについてて、アウトからカナーンが抜いて行った後ぐらいに、マシンの向きが変わってしまってます…
その一瞬、マシンのバランスが思いっきりフロントに偏って、リヤが滑ったようです。チームのデータにも出てるようですね。
ハンター・レイがあおりを受けてスピン、多重クラッシュにならなかったのは、不幸中の幸いでしたが。
もてぎに向けて良い結果を、とスタートした途端のリタイアで、大変残念です。
やはり、完走して弾みをつけて欲しかったですもんね。


普段のライブストリーミングなら、琢磨が消えた時点で見るのをやめるんですが、せっかくテレビ生中継だし、武藤君が走っているのでそのまま見続けました。
「49周目、ビソがピットイン。リヤの方見てますね、ブリスコーもリヤがヤバそう?
10:19 AM Sep 5th Keitai Webから」
「ビソ、ブレーキシステムのトラブルでリタイア…最初からだったみたい、琢磨も?
解説陣のKY(空気読めない)、GW(原因わからん)、は座布団一枚!
10:30 AM Sep 5th Keitai Webから」
琢磨のチームメイト、ビソも2番目にリタイア。
KVレーシング、前戦同様に序盤で3台中2台が消えると言う、残念な結果です…
オーバルレースではブレーキってそんなに必要ないのに、それが原因の戦線離脱って(汗)
それを受けての、松浦選手らのコメントが面白すぎ(爆)
インタビューでのビソの映像からも、意味不明の困惑ぶりが。


「シモーナ、ブリスコー、メイラ3台の大クラッシュ!
全員無事は何より、ブリスコーが座り込んでるが、大丈夫?
10:34 AM Sep 5th Keitai Webから」
80周目だったと思いますが…かなりのクラッシュでしたね。
誰が?というのは難しいですが、もらい事故のブリスコーが一番痛かったかも?

「コーション長そうだったので、米研いで炊きました。一応主婦なんで。
シモーナのコメントを松浦さんが「私が悪かったかな〜?」と訳されてたのが、良かった。
10:58 AM Sep 5th Keitai Webから」
お昼の準備はともかく(^^ゞ
シモーナ嬢のコメントを聞いての松浦選手のお話だったんですが。
第5戦カンザスで、5-6位走ってた武藤と琢磨のクラッシュの時も、彼女が周回遅れで内側を走ってたんですね…
彼女も今季初参戦のルーキーなので、厳しい部分がありますかね。

でも若干21歳の女の子が、過酷なレースの世界で頑張ってるのがすごいですよね。
ロードではシングルフィニッシュがあったりと、時に良い走りを見せるので、応援してしまう人の一人です。
琢磨いわく「彼女の走りは、男の走り方」と評する程。
コメントもしっかり言うし、男性たちと渡り合うにはふてぶてしくないと。


「グリーン下でのピット。ウェルドンが逆転。
パワー、ミスしかけたけどギリギリで当たらず、うまいっ!解説陣も唸るほど。
11:14 AM Sep 5th Keitai Webから」
中盤過ぎて、レースが落ち着いて来た頃に、パワーのマシンが一瞬外壁に当たりそうになりましたが…さすがそこはロードかつ現時点の総合チャンピオン、見事に立て直してクラッシュ回避。
その辺の上手さは、さすがですね〜

終盤、これまでのピット作業のタイミングを考えると、タイミングが違うカストロネベス以外は、最後まで燃料が持たないのでは?との懸念が。そして…
「残り8周、武藤君17位、カナーンが
11:29 AM Sep 5th Keitai Webから」
ちゃんと書ききれていないのに、ツイートボタン押してしまいました(爆)
「ピットへ、続々と入って来ている。どうなりますか?
11:30 AM Sep 5th Keitai Webから」
残り周回が少なくスプラッシュ&ゴーのピットなんですが、なんせ1周1.5マイル。
あっという間に、カストロネベスが先頭に立ちました。


「チェッカー!松浦さんの言った通り、カストロネベスの大逆転!
カーペンター、ウェルドンとパンサー勢が2-3位表彰台。
武藤君は1周遅れの17位完走。
11:41 AM Sep 5th Keitai Webから」
エリオのピットタイミングと、燃費セーブ走行作戦での見事な逆転勝ち!
エドモントンでは、トップチェッカーを受けたにもかかわらず、ペナルティを受けて優勝を逃してたので、今回は憂さ晴らし?ならぬ、会心の勝利。
彼の定番「スパイダーマン」パフォーマンス(観客席とコースを隔てるネットによじ登る)を、初めて見せてもらいました。

「最後のピット争いは、ワケわかんなくなるほどに、凄まじかった〜
琢磨は残念だったけど、レースには満腹です、
が、実際のお腹はペコペコ、お昼作ろうっと
11;45 AM Sep 5th Keitai Webから」
やはりレースを見ているとついついリキが入ってしまいますね。
で、おなかが減るので、こんなつぶやきに…(汗)

琢磨に関しては、色々な原因が重なって結果としては最悪でしたが、あれだけのクラッシュでケガが無かったことは、良かったと思います。
これまでの事を吹っ切る厄落としと捉える事にして。
インディ初挑戦の今年は、F1初挑戦の2002年と似ているなぁ、と私は思っているので、
(ジョーダンの時の方が、もう少しましだった、とも言えるけど)
あの年の日本GPの如くに、もてぎではきっと良い結果を出してくれる、と願っています。


インディ公式 決勝ハイライト動画



US-Racingさんの決勝レポート
ロジャー安川選手、もてぎ参戦に向けてのコメントつき〜がんばれ!
| yamaco | 佐藤琢磨 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |