yamacoのぼちぼちなブログ

F1もインディも!のつもりですが、琢磨選手のガンバリに、最近はインディ寄りに傾きつつある私…
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

SAVE JAPAN
〜今、僕たちにできる事〜
モータースポーツ大好きな人!
そうでなくても、今回の地震で何かをしたいと思ってる人。
ご協力お願いします!!

SAVE JAPAN バナー

脇阪寿一選手が自ら発起人となり立ち上げた、地震被害に対する義援金募集サイトです。
小林可夢偉選手をはじめ、多くのモーターレーシングに関わる人々、ファンの方まで多数の方々が協力されています。

事の始まりから、ツイッターでつぶさに見てきました。
寿一選手の心意気、行動力、人脈のなせる業に、感動しました。
もちろん、サイトの意義が一番です。


LINKS
Blog People エリア
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
SEARCH
メールフォーム to yamaco
<< 2010年 F1第14戦 イタリアGP | main | 琢磨インディカー参戦
2010年IRL第16戦 もてぎ 決勝 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
琢磨インディカー参戦
2010年IRL第16戦 もてぎ 予選日
待ちに待ったインディジャパンが開幕!
昨日は、フレンドシップディで大いに盛り上がったようですね。
そして今日は、マシンが走行し、2回のプラクティスと予選が行われました。

我らが佐藤琢磨選手は、プラクティス1で大クラッシュ。
マシンが大破し「どないなるねん…」とめちゃくちゃ心配しましたが。
KVレーシング、チームクルーの懸命な復旧作業が実り、プラクティス2の終盤で復帰が叶いました。
そして…ぶっつけ本番で望んだ予選で、奇跡的な10番手!
ホンマに良かったですわ〜

カストロネベス、ブリスコー、パワーのペンスキー勢が3位までを独占!
武藤英紀選手は17位、ロジャー安川選手は21位でした。

1日中、PCの前でライブストリーミング&ツイッターしてた私。
間で、IRLケンタッキー戦とF1イタリアGP記事のアップも、やっちまって…
主婦なのに「PCカブりつきの1日」を過ごしてしまいました(爆)

9/20追記
You Tubeで見つけた、琢磨の予選アタック動画を追加しました!
めっちゃエエです〜コレ。
★プラクティス1
9時半にセッションスタート。
日本なので武藤、琢磨、ロジャーの3名のインストレーションラップが映ります。
武藤がピットに戻ってパーツを外したりして確認しているので、それをつぶやこうか、と書きかけると琢磨が走行を開始。
オンボードカメラも映るので、眺めもってツイートの内容を考えてると。

ロータスのマシンがクルッとスピンしたかと思うと、後ろ向きでウォールにぶつかり、弾き飛ばされて今度は前側も壁にヒット!
解説の人が、前戦ケンタッキーの事を話してた?様な気がしたので、一瞬その時のリプレイかと思ったんですが…イヤ、待て!
前戦決勝はナイトレースやったから、こんなに空が青くない!
え〜っ、マジでぇ?いきなりクラッシュしてもたやんか〜〜!!(爆)

リプレイでみると、6周目の1コーナーでかなり高速でのクラッシュ。
前後のウイングがちぎれて、モノコックまでいってませんか?
琢磨、大丈夫やろか…
車からは自分で出て、メディカルカーには乗ったけど、心配。

当然イエローコーションとなり、マシンはトラックでガレージに戻される。
壊れ方からやと、スペアカーにエンジン塔載が必要で、修復には時間がかかりそうとか…
そっちも心配やが、メディカルセンターへ行った琢磨は無事なんか?

しばらくして、メディカルチェックの結果、琢磨は大丈夫、走行可能との一報。
ホッと一安心。
KVレーシングは、このセッションの間にもう一度琢磨を走行させるべく、作業に入った模様で…間に合うように頑張って、と願うしかありません。

琢磨のマシンからエンジンオイルが漏れた影響でコーションが長引いた為、再開時に15分延長されました、これはラッキー!
と思われたんですが、結局復旧は間に合わずに、チェッカーフラッグ。
琢磨は最下位でP1終了…残念。

「P1結果は、パワーが1番時計。ペンスキー3台+ガナッシ2台+アンドレッティ3台(マルコ以外)+ウェルドン、タグリアーニのトップ10。
武藤選手14位、ロジャー選手15位。
KV勢は日本勢両名を挟む、ビソ12位、モラエス16位。
約14時間前 webから」


★プラクティス2
P2は13時30分スタート。
ですが、琢磨のマシンはピットにはなく、まだガレージの中。
(私「7番ピット」とつぶやいてますが、ガレージの間違いです)
メディアや観客が、心配そうに中を覗き込むシーンが…
P1ではスペアカーにエンジンを、と言う話でしたが、琢磨のプライマリーカー(クラッシュしたの)に修復を施して、P2の中盤を目標に走らせようと、作業が続いてるようです。
何とか間に合わせて欲しいです…

修復&チェックが終わり、#5のロータスがピットに現れたのが、残り十数分前。
残り10分直前、琢磨がコースに復帰!間に合って良かったわ〜
運良くセッションも10分延長!と同時に、#2マトスのミス?で、イエローコーション。

思わず「貴重な時間が〜(汗)」とツイートしましたが、ピットに入る事でマシンの再チェックが出来て良かったみたいです。
3分後にグリーンフラッグ、そこからは順調に20周以上、走行を重ねてP2終了。

「P2終了。ブリスコーがトップ。カストロネベス、カナーン、ダニカと来て、ビソが5位。
武藤16位、琢磨22位、ロジャー23位となりました。
琢磨は十数分やったけど、走れて良かった〜(^・^)
予選は15時40分からだそうです!
約12時間前 webから 」


★予選
前々戦シカゴランドから出場台数が増えたため、オーバルコースでの予選アタックは1台2周と変更されてます。
つまり、しっかり集中して、少ないチャンスをモノにせねばならない!

P2から予選までの間に家事をし、夕飯の買い物にも行ったんやけど…スタートに間に合わず、8人目メイラから観戦。
ペンスキーが時速200マイルを超えて、圧倒的に速い!
琢磨の同僚、モラエスは10番目にアタックして8番手。
P2の後、「マシンにパラシュートがついてるみたい」とツイートしてた通り?不安やなぁ(汗)
16番目に武藤登場、暫定10番手となりました。

そして、18番目に琢磨登場!
「デュノの次に琢磨、ぶっつけだけどがんばれ!
約10時間前 webから」
アタック開始!
「1周目で9番手、2周目には7番手に!解説も「so far!」って!やったぁ〜!
約10時間前 webから」
その瞬間、もてぎは大歓声に包まれたとか。
そりゃそうですよね〜、私もPCの前で叫んでたもん!
すごいわ〜、やっぱやるなぁ、琢磨(^^♪

You Tubeで、琢磨の予選のナイスな動画を発見したので、貼り付け。

現地観戦の方のもので、ウォームアップランからアタック終了までバッチリ!
場内のアナウンスも日本語でわかりやすいです。
またその実況が、ファン心理を鋭く突いてて、Goodですわ。
アタック後の大歓声も、興奮と感動が伝わってきます。

で、最終的な結果は。
「予選終わり。前戦優勝のカストロネベがPP!
ブリスコー、パワーとペンスキーが1-2-3やで!
フランキッティ、アンドレッティ、カナーン、ハンター・レイ、ビソ、ウェルドン、
琢磨がトップ10!
約9時間前 webから 」
「武藤が17位、ロジャーが21位となりました。
琢磨、今日は大変だったやろうけど、よう頑張った〜!
約9時間前 webから」
ホント、いい結果になりました。
琢磨自身、結果10位と聞いてガッツポーズが出たんやそうです。

クラッシュで身体が痛い中、琢磨が頑張ったコトはもちろん。
#5ロータスカラーを、全力で復旧させたKVのクルーに、頭が下がります。
予選後琢磨コメントによると、3台分のクルーを1台に集中し、懸命に作業をして、P2に送り出したそうです。
まさにGood Job!いや、Great Job!
そして、現地でのファンの応援が、琢磨とクルーたちを後押しした事も間違いなく。
すべてに感謝、です。


US-Racingさんより、予選レポート


>琢磨選手
P1のアクシデントで、もうクラッシュ納め、これ以上はいりません!
ブリヂストンの浜島さんも、ツイッターでつぶやいてます。
「クラッシュはダメ、まずは完走を皆のぞんでる」
私も全く同感です。
結果につながる事を期待しながら、アグレッシブな走りを。

>武藤選手
スピードが足りず、予選はここが精一杯は辛いですが。
ケンタッキー戦のように、ミスなく走れば、可能性は十分にありそうです。
「納豆走法」(古い?)でどんどん前へ。

>ロジャー選手
スポット参戦ながら、3人の中では一番の経験者。
その強みを生かして、チェッカーを目指してください。
琢磨の走りで魂に火がついたようですし、意地を見せて欲しいです。

決勝後に、3人の笑顔が見られるといいなぁ〜。
ペンスキー勢が爆走してしまう可能性もありそうですが…
PCの前で楽しみます!& つぶやきます!
| yamaco | 佐藤琢磨 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |