yamacoのぼちぼちなブログ

F1もインディも!のつもりですが、琢磨選手のガンバリに、最近はインディ寄りに傾きつつある私…
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

SAVE JAPAN
〜今、僕たちにできる事〜
モータースポーツ大好きな人!
そうでなくても、今回の地震で何かをしたいと思ってる人。
ご協力お願いします!!

SAVE JAPAN バナー

脇阪寿一選手が自ら発起人となり立ち上げた、地震被害に対する義援金募集サイトです。
小林可夢偉選手をはじめ、多くのモーターレーシングに関わる人々、ファンの方まで多数の方々が協力されています。

事の始まりから、ツイッターでつぶさに見てきました。
寿一選手の心意気、行動力、人脈のなせる業に、感動しました。
もちろん、サイトの意義が一番です。


LINKS
Blog People エリア
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
SEARCH
メールフォーム to yamaco
<< 琢磨インディカー参戦
2010年IRL第16戦 もてぎ 決勝
| main | 琢磨インディカー参戦
2010年IRL最終戦 マイアミ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
2010年 F1第15戦 シンガポールGP
日本GPが遂に今週末、と言うこのタイミングでシンガポールGPの記事を(^^ゞ
とは言うものの、実は…思いっきり、見逃してしまいました(汗)
9月4週目から、週3日のパートを週4日に増やしたその初週で、予選日はガールのお月見会、決勝当日は急遽野球の当番とハードな1週間やったんです。
地上波放送までに仮眠を…が、爆睡してしまい、気づいた時には「すぽると!」の「ジョージア賞」の画面になってました(爆)

という訳で…どう書こうか、と悩みましたが。
翌日学校が休みで、終始しっかり見ていた息子から聞いた話と、後から仕入れた情報で何とかやってみようと思います。
今回シンガポールGPでは、ドライバー変更がありました。
ザウバー:デ・ラ・ロサ→ハイドフェルド、HRT:左近→クリエン。
ニックがこのタイミングで復帰するとは…
デ・ラ・ロサが、可夢偉にポイントで大きく差をあけられてた以上、仕方なかったのかもしれません。
可夢偉にとって、実力派のニックが同僚となると、真の力が量られる相手となりそうです。
10/5時点で、ザウバーは来季メキシコ人のセルジオ・ペレスを採用する、と発表したので、今季限り…少し残念ですが、両名ともがんばって欲しいと思います。

で、左近は食中毒で…って元気にパドックに居たらしい。
クリエンがスポンサーを持ち込んだ事による、1戦限りのスイッチだったようです。
鈴鹿では走るとの事、F1もやっぱり金がモノを言う世界です(汗)


予選、最初はLT見るだけのつもりやったんですが、マッサがいきなりクラッシュするもんやから、思わずツイートしてしまいました。
可夢偉がQ3へ、ニックは15位、ある意味安心したような、残念なような。
アロンソPPは期待大!
なにせ、F速予想=表彰台アロンソ、ウェーバー、ベッテルやから(^^ゞ
ウェーバーの5番手&スタートが心配…でも、予想は悪くないかも、もしやしたら、とニヤけた私でした。


で、寝てしまった決勝です。
凹み&ショックの目覚めの後、何気に居間へ行くと、息子が「荒れたレースやったなぁ〜」とひとこと。
「アンタ、見とったんかいな?」
「うん、最初から最後まで、バッチリ!」
 ↑この人、受験生やけど…勉強はしてなかったみたいです(汗)

私、結果メールを見たので、まず第1の質問!
「可夢偉、どないなったん?シューマッハ辺りと絡まったん?」
「ミハエルとバトルしてて、可夢偉の方が速かったから、ミハエル抜いたんは良かったんやけど…壁にガンッ、って行ってコン、コンって当たって、止まった所ににセナが突っ込んで来よってん!」
「ダブルで痛かったんや…可夢偉は無事やったん?」
「自分で降りたし、セナも大丈夫やったで」

後で動画で見ましたが、市街地やったので、まだまし?やったんか?
可夢偉のミスなんで、鈴鹿を前に結果は残念、としか言いようがない…
余分なツッコミはいらんかったけど、ペース自体は良かったので、走りきれてたら…って気もしないではないですね。

第2の質問「ハミルトンは?」
「セーフティーカー明けにウェーバーに仕掛けて、ぶつかって負けて、マシンが壊れてリタイアした」
コレはどっちにも責任は問えないような…レースアクシデント?
ランキング2位やったハミルトンとしては、痛すぎるノーポイント。
優勝したアロンソに抜かれる結果に。

続きざまに、「ロータスが燃えとった、トゥルーリかわからんけど」
ヤルノ好きの私に向けての情報でしたが、トゥルーリはそれよりずっと前にマシントラブルでリタイアしとって、火事になったのはコバライネン車でした。
コバライネン自身が消火器で火消しをしてる動画は、たくさんあがってましたね。
「消防士の報酬もらわないと」とは本人の弁ですが、大変だったと思います。

そして、息子が一番興奮していたのが。
「クビサが終盤、ピットに入って10位以下に落ちたのに、その後ごっつい抜きまくって、7位になったで!さすが、ストリートマスターは速いなぁ!」
7位を走ってたグビサがタイヤパンクでピットイン、13位に落ちたがオーバーテイクショーを見せ、7位に戻ってきたんですねぇ!

息子的に、その抜きまくり具合がすごく楽しかったみたいで。
数日後、F速を読みながら「ホンマ、クビサのあの追い上げはごっつかったわぁ〜」と申しておりました。
やっぱり見とくべきやったなぁ…後悔、先にたたず。
私的には、最下位から出て10位に入ったマッサも、久々にやるやん、と思ったんですけど…(レース後、8位スーティル&9位ヒュルケンベルグのペナルティで、8位にアップするし!)

で、本来ミハエル大好きの息子は、やはりミハエルのレースっぷりがお気に召さなかったようです。
「遅い、遅すぎるわ…接触も何回かあったし、アカンのかなぁ」
最強の皇帝様を知っているだけに、あの時と今とでは状況が違いすぎるとはわかっていれど、息子なりに悲しいんやと思います。


表彰台は、アロンソ、ベッテル、ウェーバー。
アロンソは序盤よく、ベッテルを引き離していたが、終盤はベッテルの方がペースが上がり、0.2秒差でのゴールやったんですね。
ウェーバーは一時順位を落としたものの、速さに勝るマシンを駆って3位入賞。

予想がねぇ〜、2−3位が逆ならパーフェクトやったのですが…
ツイッターでもつぶやきましたが、前戦の流れを考えれば〜レース運びのうまいベッテルと、スタートで躓くウェーバーと〜を見極められなかったのが敗因ですね。
多分、私の中でウェーバーにチャンピオンを獲って欲しい、と言う希望がそうさせたのかもしれないです。
アロンソ優勝で1ポイント、を素直に喜ばないとイカンのやけどね(^^ゞ


と言う事で、いよいよ日本GP!
「五つ巴」(いつつどもえ?いつどもえ?ごつどもえ?どう読むのが一番ええんやろ?)のチャンピオンシップ、どういう展開&結末になるんでしょうか?
もちろん、可夢偉&左近の活躍にも期待しています!

私、今年も地元の祭りがカブってしまってるんで、LTや地上波観戦になってしまうのは残念ですが…せっかく始めたツイッターがあるので、出来る限り、つぶやいてくつもりです。
| yamaco | F1グランプリ | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |