yamacoのぼちぼちなブログ

F1もインディも!のつもりですが、琢磨選手のガンバリに、最近はインディ寄りに傾きつつある私…
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

SAVE JAPAN
〜今、僕たちにできる事〜
モータースポーツ大好きな人!
そうでなくても、今回の地震で何かをしたいと思ってる人。
ご協力お願いします!!

SAVE JAPAN バナー

脇阪寿一選手が自ら発起人となり立ち上げた、地震被害に対する義援金募集サイトです。
小林可夢偉選手をはじめ、多くのモーターレーシングに関わる人々、ファンの方まで多数の方々が協力されています。

事の始まりから、ツイッターでつぶさに見てきました。
寿一選手の心意気、行動力、人脈のなせる業に、感動しました。
もちろん、サイトの意義が一番です。


LINKS
Blog People エリア
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
SEARCH
メールフォーム to yamaco
<< 2010年 F1第15戦 シンガポールGP | main | 2010年 F1第16戦 日本GP予選
…大雨により明日に順延 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
琢磨インディカー参戦
2010年IRL最終戦 マイアミ
F1日本GPが開幕し、予選が明日に順延と言う異常事態。
そんな中遅ればせではありますが、IRL最終戦の記事をようやく書き終えたんで…
間が悪いですがアップします。

インディジャパンから2週間。
2010年のインディカーシリーズは、17戦目にして最終戦。
舞台は、ホームステッド・マイアミ・スピードウェイ。

最後までもつれ込んだ、パワーvsフランキッティのタイトル争いの行方。
武藤英紀&佐藤琢磨、日本勢の最後の締めくくり。

リアルタイムで見届けたかったんですが…
息子の野球チームの試合とかち合い、生放送観戦はあきらめました。
野球の応援しながら、ツイッターでレース経過をチェックして…
めっちゃ忙しかったです(^^ゞ
このレースの最大の関心事は、チャンピオンシップの決着。
それは、あまりにもあっけない幕切れでした。
ポイントリーダーだったウィル・パワーが、134周目に壁に接触。
1度はチームがマシン修復に成功するも、フロントサスペンションにトラブルをきたして、リタイア…

ロード・ストリート部門のチャンピオン、圧倒的な強さでロードでは5勝もしたパワーでしたが、オーバルでは最後まで勝てませんでした。
最終戦予選前には、2位のダリオ・フランキッティとは12ポイントの差があったのですが…
ダリオが予選でポールを獲得して1ポイント、決勝では118周目に最多リードラップを決めて2ポイントと、じわじわとポイントを詰めていきました。
それが、パワーにはプレッシャーになったんでしょうか?

パワーのリタイアで、完走重視に切り替えたフランキッティは8位でゴール。
わずかに5ポイン、トパワーを上回って、逆転で総合チャンピオンの座につきました。
オーバル部門の王座はすでに決まってましたが…
両方で、ベテランらしく安定した結果を積み重ねての逆転戴冠となりました。
経験はモノをいいますね、やっぱり。


レースは、ダリオのチームメイト、スコット・ディクソンが優勝し、チップ・ガナッシがコンストラクターズ部門の優勝を獲得。
2位にダニカ・パトリック、3位にトニー・カナーンとアンドレッティ勢がW表彰台。
両者のチームメイトバトルは、なんと!
ファイナルラップにダニカがカナーンを抜き去り、決着がついたとか。
いやはやすごい、ダニカ。

公式ハイライト動画でござんす!
ファイナルラップの、ダニカvsカナーンは手に汗を握る接戦。


日本勢は武藤英紀20位、佐藤琢磨18位で完走。
武藤は予選では26位と振るわなかったものの、決勝に向けてマシンのセッティングを変更したのが功を奏し、順位を上げてゴール。
今季中盤まではチームとしても調子が良くなく、終盤にようやく向上してきかかってのシーズン終了は、ご本人にとって悔いの残る展開だったようです。

一方琢磨は、予選最後のアタッカーで渾身の9番手だったのですが…
マシンが安定しないまま決勝を迎えてしまい、スタート早々から大幅に順位を落としてしまいました。
ツイッターで追っていた間、一度もトップ10に名前が出てこなかった…
途中調整をして安定感は増したものの、基本的なトップスピードが遅かったみたいですね。

ピットインの度に順位を落とすという、今季何度となく見てきたお決まりの展開。
それでも辛抱強く走っていたのですが、最後は接触をしてしまい、18位で完走。
マシンの不調さを考えれば、「完走できて上々」だとか。

IRL初挑戦のシーズンは、正直期待していた結果とは遠かったですが…
レースをしている琢磨はやはりカッコエエ!
山あり谷ありで、良い時は喜び、悪い時は凹む、その気持ちを共有している時間が、とても楽しかったと思います。


US-Racingさん、ロジャー安川氏による決勝レポート



今季のインディカーシリーズ、終了してしまいました。
琢磨選手、武藤選手、ロジャー選手はもちろん、チームや関係者の皆さん本当にお疲れ様でしたm(__)m

琢磨を追って見始めたIRLは、最初は右も左も解らなかったたですが。
回を追うごとにその面白さ、楽しさに惹かれていきました。
ドライバーさんの顔と名前とゼッケンとチームも、今ではちゃんと一致するようになりました。
F1とはまた別の、面白さや迫力を発見できました。

来年も琢磨はインディで、と言っているので、この先もIRLを追い続けるんやろな〜、と今は思ってます。
ライブストリーミングの実況がわかる様に、英語を勉強しよっかな、とか、もてぎで現地観戦したいなぁ、とか、野望もフツフツと沸いてきてる私です。
| yamaco | 佐藤琢磨 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |